<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
心地良いヴァイオリン・ロック
去年、カーヴド・エアがまさかの再結成を果たしただけでなく、ニュー・アルバムも発売し、さらには今月の16、17日に初来日公演も行ったという事なんで、今回はそれにちなんでこのアルバムにしました。
という事で、カーヴド・エアのメンバー、ダリル・ウェイがバンド脱退後に自らの名前を冠して結成したダリル・ウェイズ・ウルフのデビュー盤「CANIS-LUPUS」(73年)です。

●DARRYL WAY'S WOLF / CANIS-LUPUS
●ダリル・ウェイズ・ウルフ / カニス・ループス


b0054129_22111732.jpg
Tracks
1.The Void
2.Isolation Waltz
3.Go Down
4.Wolf
5.Cadanza
6.Chanson Sans Paroles
7.McDonald's Lament





一般的にウルフというバンドの存在を知っている人は少ないと思いますけど、コアなロック・ファンには結構な人気のあるバンドだと思います。
やっぱり、あのカーヴド・エアのダリル・ウェイが新たに作ったバンドってのがあるのかも知れませんね。

という事で、そんなウルフのメンバーは、ジョン・エサリッジ(g)、イアン・モズレー(ds)、
デク・メセカー(b,vo)、そしてダリル・ウェイという4人組からなってます。
ダリル・ウェイはカーヴド・エア時代同様、ヴァイオリンを担当してますけど、それ以外にもヴィオラやキーボードなんかも弾いていてなかなかに気合が入ってる感じがします。
これもカーヴド・エアで出来なかったことを、このバンドでやってやろうという意気込みの表れかも知れませんね。

そして、そんな意気込みを表すかのように組んだ実力派のミュージシャン。

イアン・モズレーは後に私の大好きなマリリオンに加入し、デク・メセカーはキャラヴァンに加入、そしてジョン・エサリッジはソフト・マシーンに加入とみんな凄い実力を持ってます。
特にジョン・エサリッジはあのアラン・ホールズワース師匠の推薦で加入したというので、その腕前は間違いなく一級品と言えますね。
ジャズ・ギタリストのジャンゴ・ラインハルトのパートナーでジャズ・ヴァイオリニストのステファン・グラッペリにも認められたらしいし、とにかく凄いギタリストです。

で、さらにはプロデュースにキング・クリムゾンのイアン・マクドナルドを起用し、これでもかってぐらい万全の体制で作ったのがこの「CANIS-LUPUS」というデビュー・アルバム。

さぞや凄い内容なんじゃないかと思わせるが、聴けば意外と普通だったりする。
というか、かなり荒削りな内容って感じかな?
一応、アコースティックなサウンドからヘヴィーでブルーズのような幅広い曲を、それぞれヴァイオリンとギターで引き締めてますよ!って感じでまとめてはいるし、アルバム全体で見ても前半はギター、後半はヴァイオリンがリードするような構成になってはいる割りに、よくよく聴くと荒削りな印象があるかな。

でも、荒削りな中にもなんかグイグイ引き込まれる要素があるのも事実。

こういう部分はやっぱりイギリスのロックならではかなって感じがするけど、ギターの音とヴァイオリンの対比だったり、躍動感があるようで何となく陰りのある沈んだ空気感との対比といった感じで、何かと聴いていくとクセになっていく要素が詰まってます。
さすが腕利きミュージシャンの集まりって感じがしますよ。

そんな、なかなかに魅力ある曲が詰まってる中でも、一番のハイライトとなるのがやっぱりラストに収まってます「McDonald's Lament」でしょう。
もう、これしかないですよね。
曲名を見ても分かるように、プロデューサーのイアン・マクドナルドに捧げられた曲なんですが、ここでのダリル・ウェイの演奏が凄い。
ヴァイオリンなのかヴィオラなのか正直どっちの音か分からんけど、哀愁漂うサウンドはかなりグッと来るもんがあるし、相当にヤバイ。
あんまり知られてない曲かも知れんが、間違いなく70年代ブリティッシュ・ロックの中でも屈指の名曲に入ると思います。

あくまでも個人的にね。

まあ、とにかく他の曲も良くて、特に5曲目の「Cadanza」なんかで聴けるブッ飛んだヴァイオリンとギターの音はかなりカッコよく、ラスト・ナンバーとは違う良さがあると思うので、ブリティッシュ・ロックが好きならばこれらの曲は気に入ると思います。
聴いてみて損はないアルバムでしょう。

ただ唯一、ヴォーカルが弱いという難点がありますけどね。
昔からこの点は言われてたようですが、聴いてみて確かに私もそう感じた。
だからと言ってカーヴド・エアのソーニャ姉さんも、声量は少なく凄まじいまでの素人臭いヴォーカルで上手くはなかったけど、こっちは何かまた違う種類の弱さがある。
ソーニャ姉さんのヘタウマさと比べると、ウルフの方はただヘタなだけに聴こえるかな?
なんか「ちゃんと御飯食べてるか?」と問い詰めたい感じ。

まあ結局、次のアルバムではそのヴォーカル面の弱さを自分たちでも分かってたのか、ほぼインストゥルメンタル・アルバムとなるんですけどね。
そして、実は2ndの方が私は好きだったりもする。

まあ、機会があれば1st、2nd、両方を聴いてみましょう。
[PR]
by sy_rock1009 | 2009-01-22 22:31 | 洋楽アルバム・70's
史上最高のトリプル・ギター、「Free Bird」
”レーナード””レイナード”なのか?
個人的には”レイナード”となってる方に慣れてるんですけど、多分、”レーナード”と書く場合の方が多いしと思うし、CDなんかにもそう表記されてるので、ここでは慣れた方を捨て、”レーナード”と書くことにしましょう。
まあ、そんな事はどっちでも良いんやろうけど、とにかく今回はレーナード・スキナードの
73年のデビュー盤「PRONOUNCED LEH-NERD SKIN-NERD」です。

●LYNYRD SKYNYRD / PRONOUNCED LEH-NERD SKIN-NERD
●レーナード・スキナード / レーナード・スキナード


b0054129_20131034.jpg
Tracks
1.I Ain't The One
2.Tuesday's Gone
3.Gimme Three Steps
4.Simple Man
5.Things Goin' On
6.Mississippi Kid
7.Poison Whiskey
8.Free Bird




このアルバムを語るにあたって…というよりも、レーナード・スキナードを語るにあたってなくてはならない曲に「Free Bird」というものがあります。
ロック・ファンなら超名曲&名演奏という事で、誰もが知ってる曲やとは思うけど、私もこの曲がもうとにかく大好物なんですよね。

あまりに好きすぎて、正直、今回は余計な事も書かずに「Free Bird」のライヴ映像あたりを貼るだけでも良いかとさえ思えるけども、まあ、それだけも何なんで一応いつも通りにウダウダと書いていきます。

レーナード・スキナードはヴォーカルのロニー・ヴァン・ザント、ギターのアレン・コリンズ、ドラムのボブ・バーンズの3人が学生時代に結成したバンドが母体となっていますが、最終的にはゲイリー・ロッシントン(g)、エド・キング(g)、ビリー・パウエル(key)、レオン・ウィルクソン(b)らが加入して7人組のトリプル・ギター編成という形でデビューしました。
デビューのきっかけはアル・クーパーが南部の音楽に魅せられて、自身のレーベル設立を構想中にレーナード・スキナードのライヴを見て気に入った事に始まるんですけど、結局、そのままアル・クーパーのレーベルに契約して、アルバムもアル・クーパー自身がプロデュースしたというので、相当気に入ったって事なんでしょうね。

そんなわけでサザン・ロック・バンドのレーナード・スキナードのデビュー盤を、サザン・ロック・ブームを作った一人と言っても良いアル・クーパーが世に送り出したという事は、それはもうコテコテの南部特有の泥臭いロックが占めてるかというとそうでもないように個人的に感じるかな。
まあ、確かに泥臭さがないと言えばウソになるけど、意外とイギリスのロックっぽさがあって、なんとなくクリームのような雰囲気もあるような感じがするけど、そう思うのは私だけでしょうか?

まあ、とにかくそんな感じのデビュー盤は、どの曲もレベルが高くカッコイイ。
ヴォーカルも演奏も良い!
シングル・ヒットはなかったけども、新人がこれだけのパフォーマンスを持ってデビューしたという事に、なかなか驚かされますね。

で、そんなどれもカッコイイ曲の中でもやっぱり最もカッコイイ曲が「Free Bird」
もう、これしかないでしょう!

9分を超えるこの曲こそ、アルバム最大の見せ所であり、レーナード・スキナードというバンドそのものにとっても最大の見せ所と言っても良い曲でありますよ。
ライヴでも最後に演奏しますしね。
「Free Bird」は同じサザン・ロックの先輩、オールマン・ブラザーズ・バンドのギタリストで、バイク事故で亡くなってしまったデュアン・オールマンに捧げた曲と言われてますが、この曲の前半はゆったりで、後半は怒涛のギター・バトルという構成の緩急の対比がめちゃくちゃカッコイイ。

前半はゲイリー・ロッシントンのスライド・ギターを中心にロニーもじっくり歌い上げてる感じになってますが、そのスライドの浮遊感が心地良いんですよね。
まさに”スカイ・ドッグ”という愛称のあったスライドの名手、デュアン・オールマンばりに空を舞うようなサウンドが聴けます。
そして、ロニーの「Won't you fly high, oh free bird, yeah」という言葉をきっかけに今度は怒涛のギター・バトルに展開していくんですけど、3人のギタリストによる熱演がなんとも凄まじくカッコイイこと。

このパートだけでご飯3杯はいけますよ。

特に私はアレン・コリンズが大好きで、彼のトレードマークともいえるコリーナ材のギブソン・エクスプローラーから奏でるノリの良い音が最高にカッコイイ。
アレンといえばもう一つギブソン・ファイアーバードも初期の頃にはメインで使ってましたけど、個人的にはエクスプローラー時代のアレンが好きです。
一人だけ異様に背の高いデカイ体とエクスプローラー独特の形との取り合わせが、何か妙にカッコイイ感じに見える。

って事で、そんな熱い演奏が見れる伝説のライヴ映像でも貼っておきますが、これを見るたびに例の飛行機事故がなかったら…と思ってしまうのは私だけではないハズ…。

[PR]
by sy_rock1009 | 2009-01-12 22:18 | 洋楽アルバム・70's
奇跡のジョイントだな、こりゃ!
■エリック・クラプトン&ジェフ・ベック、奇跡の競演が日本でのみ実現

ヤッベ、クラプトンとベックが2月21日、22日にジョイント・ライヴをやるみたいですぜ!
こればマジでヤッベ!

しかも、世界で初めて2人の本格的な共演が、ここ日本で実現するなんて、こりゃもう興奮するなと言っても無理な話です。

これは何が何でも行かないといけませんな。


……

でも、場所が埼玉なんだよなー。
多分、行けねーよ。

あー、大阪でもやってほしかった…。

これが大好評となって近いうちにジャパン・ツアーをしてくれる事を今は祈っておくしかないのかも。

なけるぜ
[PR]
by sy_rock1009 | 2009-01-05 22:46 | 洋楽あれこれ
世界で一番有名な牛かも?
丑年だからといって、単純に牛ジャケの「ATOM HEART MOTHER」で今年のスタートを切ってしまってスンマヘン…。
b0054129_22565436.jpg
という事で、新年1発目からフロイドの「ATOM HEART MOTHER」を聴いてたりします。
やっぱり牛といえばコレしか思い浮かばんかったからね。

って事で、御馴染みのジャケットであります、フロイド5枚目のアルバムですけど、いつみてもインパクトのあるジャケットですなー。

まあ、ジャケットだけじゃなく中身もインパクトあるけど。

でも大好きなんだなー、これ。

サイケ時代のフロイドってものがまだ残ってる雰囲気だけでなく、クラシックっぽいのや、ジャズのような雰囲気、さらにサンプリングを多用する曲もあったりで実にバラエティに富んだ構成。

それでいて、人工心臓を付けた女性が無事に子供を出産したというニュース記事に触発された事が由来になったとされる訳の分からんアルバム・タイトルに、さらに訳の分からん難解な歌詞。

そんなサウンドと言葉のアンバランスさが、良い意味での実験的アルバムとなって、非常にカッコイイものになっててとにかく大好きであります。
フロイドのアルバムはどれも良いけど、やっぱりこのアルバムも最高で、サイケ時代最後の傑作アルバムと言えるかも知れないですね。

すでに何度も何度も聴いたアルバムやけど、今年はもうちょっとこのアルバムを聴いて、2009年を本格的にスタートしていこうと思ったオイラであった。

ルルベル3世かわいいよルルベル3世
[PR]
by sy_rock1009 | 2009-01-04 23:36 | ピンク・フロイド
あけおめ、コトヨロ
あけましておめでとうございます!

ブログを始めて5回目の1月1日を迎えました。

始めた当初はこんなに続くとは全く思ってなかったけども、気がつけばウチのブログも5年目に突入してるという事実に、自分自身でかなりビックリしております。
よくこんなに続いたなーと思うけど、せっかくこんなにやってきたんやから、まあ、これからもボチボチのペースでも良いから続けていけたら良いなと思っております。

という事で、今年もこれまで同様、よろしくお願いしますね。
b0054129_20433366.jpg
みなさま、良い一年にして下さいね。
[PR]
by sy_rock1009 | 2009-01-01 20:44 | なんでも日記