<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
トラヴィスの出世作、「THE MAN WHO」
前回に続いて90年代のUKロックものです。
でも今回はマンサンとは違うロックで、じっくり聴かせる系のロック・バンドであります。
という事で、トラヴィスの99年の2枚目のアルバム「THE MAN WHO」なのだ。

●TRAVIS / THE MAN WHO
●トラヴィス / ザ・マン・フー


b0054129_22285239.jpg
Tracks
 1.Writing To Reach You
 2.Fear
 3.As You Are
 4.Driftwood
 5.Last Laugh Of The Laughter
 6.Turn
 7.Why Does It Always Rain On Me?
 8.Luv
 9.She's So Strange
10.Slide Show


去年はサマーソニックで来日してて、今年はフジロックで来日してましたけど、相変わらず良いパフォーマンスをしてたんでしょうか?
私はフジロックには行ってないし、まわりの人にも行った人はいないんで、どんな感じやったのか分からんけど、去年のサマーソニックでの評判は相当に良かったので恐らく今回も良いステージやったんでしょうね。
そういえば、もうちょっとで6枚目のアルバムも出るし、そこからの曲も演奏してたんでしょうか?

とりあえず行けた人は羨ましいですな。

まあ、そんな事はともかく、今ではすっかりイギリスを代表するバンドになってるトラヴィスですけど、そのきっかけになったのがこのアルバム「THE MAN WHO」であります。
またデビュー・アルバムでのオアシス的なギター・ロック・バンドから、繊細で落ち着いた曲調の、内省的な方向にチェンジした事で、デビュー時からのファンは何かと賛否両論あった事で知られてるアルバムでもありますね。
感じではビートルズがデビュー時から持ってた躍動感というか疾走感というものが3枚目のアルバム「A HARD DAY'S NIGHT」で頂点に達して、続く4枚目のアルバム「BEATLES FOR SALE」ではそれまでと一転して、哀愁のあるというか良い意味で枯れた感じの大人のビートルズってものになってたけど、なんとなくトラヴィスの変化もそんな感じがしないでもないかな。

まあ、ビートルズは「BEATLES FOR SALE」の後も色んなスタイルの音楽をやって、常に変化してたけど、トラヴィスはこの「THE MAN WHO」以降、基本的なスタイルは変わってないですけど。

で、そんなデビュー時とは一転したアルバム「THE MAN WHO」ですけど、繊細で落ちついた強調が増えてるんで、どの曲も非常に聴きやすい。
でも反面、私の友達にはそんな曲調が多いので、暗いとか聴いてて眠くなるという人もいたりするんですけど、まあ、このあたりは好みの問題なのでしゃーないでしょう。
確かにその気持ちも分からんでもないけどね。
ヴォーカルのフラン・ヒーリィの声も線の細い繊細の声をしてるし。

でも、やっぱり曲はどれも良いし、アルバム通してクオリティは高いと思うんで、エレキをガンガンでバリバリのロックも好きやけど、落ち着いた曲も好きですよという人なら聴いても損はないアルバムだと思います。
むしろ、そういう曲が好きな人は間違いなくハマると思う。
4曲シングル・カットされた1,4,6,7と、どれもヒットしたし、それ以外の曲もホント、良いのが揃ってるので、かなり聴けるアルバムのハズですよ。

レディオヘッドとはまた違う、繊細で内省的なものになってるので、結構お薦めです。
機会があれば聴いてみましょう。

って事で、オープニングナンバーの「Writing To Reach You」でも貼っておきます。
基本的に私はこの曲を聴きたいが為にアルバムを買ったんですけど、今ではすっかり
オアシス公認のパクリ曲という事で有名になってますね。
そう、あの「Wonderwall」です。
歌詞にも「それにしてもワンダーウォールってなんだ?」ってのがあるし、フラン・ヒーリィも頂戴した事を言ってるけど、まあ、ノエル自身はこの事についてスルーしてるから良いんじゃないでしょうか。
それにノエルもかなり色んなトコから頂戴してるしね。

ただノエルがこの事についてスルーなのはトラヴィスのファンってのが一番の理由かも。
奴ならちょっとでも思わしくないバンドが自分の曲をパクッたって分かったら、何かしらの文句は言ってそうやもんね。

まあ、でもパクッたとかは良くある話なんで別に気にせんけど、とにかくカッコよく自分流に取り入れてたら良いと思うね。
この「Writing To Reach You」がまさにそれかな。
カッコよくトラヴィス流に取り入れられて、完全に自分達のオリジナルと言えるようになってると思いますよ。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-08-24 22:33 | 洋楽アルバム・90's
ヌーノ最高!エクストリーム最高ー!!
「ハロー!イングヴェイ・マルムスティーンです!」

と、今月号の「BURRN!」のインタビュー冒頭からおどけてて、なかなかにテンションの高い感じやったヌーノ・ベッテンコートですけど、それだけ今回、久しぶりとなったエクストリームのニュー・アルバムに手ごたえがあったって事だったんでしょうか?

b0054129_2210512.jpgとにかく発売してから1週間、その復活したエクストリームの13年ぶりとなるニュー・アルバム「SAUDADES DE ROCK」を聴きこみまくりました。

それこそこの1週間は他の曲もほとんど聴かずにエクストリームだけと言っても良いぐらいに聴きまくりましたよ。

で、聴きまくった結論。

やっぱヌーノ、スゲー!
相変わらず良いセンスしてますわ!!


もう、かっこよすぎます。

まあ、オイラ的にヌーノに対する”思い入れ補正”が相当に影響してるからの感想やとは思うけど、それでも良い感じであります。
どのヌーノも良いけど、やっぱりエクストリームとしてのヌーノが一番カッコイイね。
もちろんそこにはゲイリー・シェローンというヴォーカリストがいてこそなんですけど、とにかくほとんどの曲のクレジットにこの2人の名前があるってだけで、昔からエクストリーム、それにヌーノ&ゲイリーが好きなオイラはそれだけで感動ものであったりします。

そりゃあ、オープニングの「Star」はクイーンのような曲で、途中のフレーズなんかまんま「Tie Your Mother Down」そっくりな所があったり、ZEPっぽい雰囲気もあったりって言われてるし、アルバムでも前半と後半でちょっとバランスが悪いような気もしないでもない。
ゲイリーも昔に比べたら声が落ちてるしね。

でもね、やっぱりエクストリームはエクストリーム。

そんなん突っ込みだしたらキリがないし、せっかく再結成してくれて、おまけにアルバムまで出してくれたんやから、ここは素直に聴いておくべきです。

と、オイラは思った。

ゲイリーだって、あくまでも昔に比べたらってだけで、十分声は出てるし、ヌーノのギターも相変わらず炸裂してるし、曲もエクストリームらしいノリの良さってもんも存分に楽しめるし、久しぶりやけどやっぱりエクストリームらしいアルバムが出来上がったと思います。

カントリー風の「Take Us Alive」や、パワー・バラード風でゲイリーの力強いヴォーカルがカッコイイ「Last Hour」なんてこれまでのエクストリームとは少し違う雰囲気もあるけど、基本的には3枚目、4枚目あたりの頃のサウンドをすっきりまとめたって感じかな。
ちなみに「Last Hour」のギター・ソロはかなりカッコイイ。

とにかく久しぶりにエクストリームの新曲を聴けてオイラは満足です。
こりゃますます12月8日の大阪厚生年金が楽しみですぜ。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-08-20 22:47 | 洋楽あれこれ
いよいよ明日に発売なのだ
オグシオ負けてもたーー!!

ってか、相手の選手は男?
と思うぐらい強かったし、何もさせてもらえんかったね…。

という感じで、スポーツは大好きなんで、毎日オリンピックを見まくってテンションが上がってる私ではあるんですけど、オリンピックとは別にやっぱり私らしく音楽でテンションが上がることが明日にありますよ。

それはなんと言ってもエクストリームの再結成第一弾となるニュー・アルバムが発売されることなのだ。
ヌーノ・ベッテンコートのギターをこよなく愛する私にとって、テンション上げるなと言っても無理な話でありますよ。

エクストリーム解散後、色んなプロジェクトをやってきて、どれも変わらずカッコよかったヌーノではあるけど、やっぱりエクストリームとしてのヌーノが一番良かっただけに、今回の再結成と13年ぶりとなるアルバム発売は非常に嬉しい。

とにかく今から明日が楽しみである。

そんでこんな感じのファンク・メタルを久しぶりに堪能したいね。
目がチカチカするこのビデオはどうかと思うけど、曲は最高やし、こういうノリがエクストリームの大好きなところでありますよ。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-08-11 23:47 | 洋楽あれこれ
ハマリつつある今日この頃…。
前からちょっと気になってたので、アルバムの方を聴いてみました。

b0054129_21462370.jpgという事で、ケイティ・ペリーのデビュー・アルバム「ONE OF THE BOYS」を聴いてみました。

今、アメリカでかなり話題になってるんで、知ってる人も多いと思いますけど、可愛いお顔とは裏腹にハスキーっぽい声から歌われる過激な歌詞、それでいて覚えやすい曲なんかがアメリカのお子様たちのハートをイーグル・キャッチしているようです。

マドンナが今一番に注目しているって事を言ったりもしてるし、とにかく今、アメリカでは社会現象のような感じでバカ受けしてるようですよ。

そこまで話題とあってはオイラも聴いてみんとアカンでしょうという事で聴いてみたけど、
ああ、何か結構良いかも?

ってか、ちょっとハマリそう。

まあ、オイラがこういうのにハマリそうになる時は百発百中でビジュアル先行なんですけど、相変わらずこういうパッチリした目が好きなんやなー、しかし…。
アヴリルやその他でも例外はあるけど、基本的に黒髪が好きなオイラにとっては、そのあたりもポイントが高かったりするし、とにかく今ちょっとハマリつつありますよ。

でも、曲も結構聴いてます。
ふとした時に何となく口ずさんでる時があるぐらい覚えやすい、非常に分かりやすいポップが多くて、そこらへんがなかなかに良いかも。

特に今、アメリカで6週1位となってて、アルバムの2曲目にある「I Kissed A Girl」はまさにそんな感じですな。
何か分からんけど、気が付いたら口ずさんでますよ。

ちなみにこの曲が過激な歌詞で話題となってる曲で、内容は興味本位で酔っ払った勢いで女の子にキスしたら、ちょっと気持ちよかったってな感じの、プチ・レズビアン体験のような曲。

でも、個人的にこれぐらいどうって事ないと思うんやけどね。
もっとエグイ内容の曲なんてあるし、これぐらいでPTAが騒ぎ立てるってのも、アメリカってよう分からんなーって感じもしたりする。

まあ、とにかく今一番話題である23歳のケイティ・ペリーに目が話せません。
アメリカ版のリリ-・アレンってな感じに見られたりもするようですけど、私的にはリリー・アレンよりも断然良い!(もちろん特に見た目が)

国内盤の発売は来月ですけど、興味のある人は聴いてみるのも良いかも?
という事で「I Kissed A Girl」もついでに貼っておきます。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-08-03 23:05 | 洋楽あれこれ
ドラゴンクエストV 天空の花嫁
しばらくDS版の「ドラクエ5」をやっておりましたが、ようやく少し前にクリアをしましたよ。

まあ、感想からすると”安易なリメイクもの”という、スクエニのダメダメっぷりを良く表してるところではあるけど、それでも結構楽しめたよ。

個人的にもストーリーを忘れてるところがあったんで、何だかんだ言って楽しんだかな。
もともとドラクエが好きってのもあるとは思うけどね。

という事で、意外と楽しめました。

しかし、それはそうと結婚相手は何回やってもビアンカにしてしまうよ。
DS版では第3の結婚相手にデボラとかいう、取って付けたようなキャラが出てくるけど、それでもやっぱりビアンカを選びそうになった。
さすがにいつもビアンカも何なんで、今回ばかりはその取って付けたキャラのデボラを選んだけど、別にコイツを選んだからと言って、新たなストーリーが追加されるなんて事もなかったし、やっぱりビアンカにしたら良かったと思ったけど…。

唯一、ビアンカとフローラの2人と差別化してるのは、打撃系が強いって事ぐらいで、なかなかに良い武器が装備できる事ぐらいかな。
でも打撃は他の強い仲間モンスターを使うので、結局デボラは馬車の中でボケーっとしてるだけやったけど…。

ちなみに今まで一度もフローラを選んだ事はない。

ああ、それと最後のすごろく場がちょっと難しすぎてイライラした。
ゴール手前の落とし穴がウザすぎる。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-08-02 22:46 | ゲーム