<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
短い期間に残した個性派ロック、マンサン
しばらく90年代のUKロックものから遠ざかってたような気がするので、今回は久しぶりにそこらあたりのアルバムでも。
という事で、すでに解散してしまっているけど、マンサンが97年に発表したデビュー・アルバム「ATTACK OF THE GREY LANTERN」でおます。

●MANSUN / ATTACK OF THE GREY LANTERN
●マンサン / アタック・オブ・ザ・グレイ・ランターン


b0054129_22515246.jpg
Tracks
 1.Chad Who Loved Me
 2.Mansun's Only Love Song
 3.Taxloss
 4.You, Who Do You Hate?
 5.Wide Open Space
 6.Stripper Vicar
 7.Disgusting
 8.She Makes My Nose Bleed
 9.Naked Twister
10.Egg Shaped Fred
                      11.Dark Mavis


90年代のイギリスというと、今から思うと結局は何だったのか良く分からんブリット・ポップ・ブームがあったり、そうかと思えばロック自体が落ち目のような感じで言われてたりしてましたけど、個人的には別にイギリスのロックは死んだとは思ってなかったです。
まあ、ブリット・ポップそのものは当時から良く分からんかったし、それにロックが終わったのはイギリスじゃなくアメリカやろ!なんて事なら思ってたりしてたけども、イギリスのロックが死んだなんて事は全然思ってなかったですよ。
確かに全体的には多少のパワー・ダウンはあったかも知れんけど、それでも良いバンドが出てきてましたとも。

で、このマンサンもそんな良いバンドの一つなんじゃないでしょうか。
2003年に解散してしまったので、活動期間はそんなに長くないけど、それでもなかなかにカッコイイ、そして個性的な曲を残した名バンドだとオイラ的には思っております。

メンバーはヴォーカル&ギターのポール・ドレイパーを中心に、ドミニク・チャド(g)、ストーヴ・キング(b)、アンディ・ラスボーン(ds)という4人組でして、アルバムはこれまでに4枚残しております。
でも4枚目のアルバムは解散後にひっそりと出たもので、中身もしばらくお蔵入り状態やった曲や、未発表ものだったりを詰め込んだ、ポール・ドレイパーが一人で編集したちょっと特殊なアルバムだったりします。
だからかどうか分からんけど4枚目は売り上げもイマイチで、ひょっとしたら4枚目のアルバムそのものが出てる事さえ知らんかった人もいるかもって感じもするぐらい、影の薄いラスト・アルバムでありました。

まあ、そうなったのも4枚目のレコーディング中に解散したからなんですけどね。
もうちょっとしっかりした形で出てたらって事を、いまさらながらに思ってしまいます。

とにかく最後はちょっとグダグダやったマンサンですけど、デビュー当時はかなり騒がれて、このデビュー・アルバムもイギリスで初登場1位なんていう、なかなかに派手なデビューを飾ってました。
私も結構すぐに食つくように聴きましたけど、しっかりしたギター・ロックのような雰囲気もあり、ブリット・ポップな雰囲気もあるかと思えば、ちょっとダークな感じもあったり、でもグラム・ロックのような雰囲気もあったりで、そんないろんな要素がチラチラ見えるところが気に入りましたよ。
もちろんポール・ドレイパーの全体的に醸し出す妖しい雰囲気や、ヴォーカルそのものも気に入ったのは間違いないんですけどね。

そんな雰囲気はこの1年ほど前にデビューしたマリオンにも感じて、そのマリオンのヴォーカル、ジェイミー・ハーディングを初めて見た時のような感じが、ポール・ドレイパーにもしたような気がしますね。
顔が似てるとかじゃなくて、何となく歌い方が似てるような気がするし、なにより2人とも指でちょこんと体を押しただけで壊れそうな弱さと繊細さ、それに妖しさがある感じがするかな。
なのでマリオンが好きやった私はすんなりとマンサンを聴けたし、なかなかに気に入った次第でありますよ。

で、本題のアルバムについてなんですけど、マリオン同様、マンサンもフロントマンの何とも言えん妖しさが曲にもそのまま出てるのが特徴かなと思うけど、そのあたりの雰囲気が一番出てるのがこのデビュー盤かなと思います。
なので私はデビュー盤が一番好きやったりするんだが、実は一般的に2枚目の「SIX」の方に人気が集まってたりするんですけどね。
確かに「SIX」の方が有名な曲が多いし、アルバムの完成度も良いとは思うけど、私的にはデビュー盤の粗さと妖しさがあるこっちも捨てがたい。
それに「SIX」ほどではないかも知れんけど、このデビュー盤にも3,5,6という、タイプの違うシングルがあるし、全体的に聴き応えはあると思うしね。

なかでも私のお気に入りは5曲目の「Wide Open Space」だったりするんだが、この曲こそまさにマリオンの時に感じた繊細で妖しい雰囲気に満ちたもので、マンサンを好きになった最初の曲だったりします。
曲としてはクドイぐらいの繰り返し三昧な曲なんですど、なんか好きなんですよね。
ポール・ドレイパーのファルセットも良い感じですし。

って事で、惜しくも解散してしまったマンサンですけど、聴いた事がない人は機会があれば「へー、こんなバンドもあったんや」という程度に聴いて見て下され。
とりあえず1枚目と2枚目は聴いてみて欲しい感じ。
あとマンサンほど知名度のないマリオンも良いバンドだったんで、機会があれば聴いて欲しいけど、こっちはもう廃盤になっとるからなー。

まあ、たまにはマリオンの事も思い出してあげて下さい。
一応、マリオンは再結成してるようだが…。

MANSUN - Wide Open Space
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-07-29 23:22 | 洋楽アルバム・90's
ちょこっとマンガを読んでみた。
すっかり読む事が少なくなったマンガですけど、「20世紀少年」を読んで以降、たまにはマンガも良いもんやな!って感じで、最近はちょこちょこ読むようになってます。
今、個人的にちょっとしたマンガ・ブームが訪れようとしていますよ。

という事で最近読んだマンガはこんなんです。

まずはやっぱり浦沢作品から

「パイナップルARMY」
「YAWARA!」
「PLUTO」

の3つを読んでみた。

「マスターキートン」は前に借りて読んだ事があるんで、これで「Happy!」以外の主な作品は読んだことになるのかな?

「パイナップルARMY」は正直、あんまりピンと来んかったけど、「YAWARA!」はさすがにヒットしただけあって面白かったと思う。
そんで「PLUTO」はまだ完結してないけど、一番おもろかった。
やっぱりこういうタッチの浦沢作品がオイラの肌に合います。
早く6巻が読みたいゼ!

いつも通り途中からグダグダになったとしても間違いなく、これは読み続けると思う。

そいで次に読んでたのが山本英夫のマンガで

「新・のぞき屋」
「殺し屋1」
「ホムンクルス」

の3つ。

最初に「殺し屋1」を読んだけど、いきなり「うえ~ん」って鼻水を垂らしながら泣いてる顔のドアップで始まるのに「何じゃコレ?」と最初は思った。
でも、これも結構おもろかったです。
その勢いで「新・のぞき屋」「ホムンクルス」も読んでみたけど、この人のマンガは何か分からん魅力がある感じ。
万人受けはしそうにないないけど、個人的にはちょっと気に入ったかな。

あと変な性癖を持った奴ばっかり出てくるのも何か分からんけど凄い。
「殺し屋1」なんか、そんな奴等しかおらんし。

とにかくどれもアクの強いマンガでした。

他には異様なまでに熱いテンションの雁屋哲 原作、由起賢二 画の劇画「野望の王国」とか、岩明均の「寄生獣」とかも読んだ。
「野望の王国」はとにかく濃かった。
いろんな意味で…。

そんで最後に北条司の「エンジェル・ハート」も読んだけど、これが一番よかった。
まあ、もともと「シティーハンター」は好きで全巻持ってるし、「F.COMPO」なんかもおもろかったんで、この人のマンガに抵抗なくすんなり入れるってのが大きいとは思うけど、今、結構ハマリ中。

でも実は4巻ぐらいまで買って持ってたんやけど、その時は「シティーハンター」の完全な続編と、思いっきり勘違いして読んでたので、何かイマイチしっくり来んなーと思って、
結局売ってしまった経緯があったりする。
それが完全な続編じゃなくて、実はパラレルワールドってのを最近知って、また読んでみる事にした。
どおりで「シティーハンター」と話が違うトコがあるなーと思ったよ。

でも、それを分かった上で読んでいったら、なかなかに面白い。
特に10巻以降から、香瑩が最初とは別人のような明るさになって、ノリが「シティーハンター」に近い感じになるけど、そこらへんの雰囲気は個人的には良い。
これも早く次の27巻を読んでみたいゼ!

という事で、次はどんなマンガを読んでみようか、今、物色中である。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-07-18 21:51 | マンガ・アニメ
バンド名とは裏腹に軽快なロックが良い感じのブラム・ストーカー
今回は久しぶりにマニアックなアルバムでも紹介してしまいます。
という事で、「吸血鬼ドラキュラ」で有名な小説家の名前をそのままバンド名にしたブラム・ストーカーが、72年に出した唯一のアルバム「HEAVY ROCK SPECTACULAR」です。

●BRAM STOKER / HEAVY ROCK SPECTACULAR
●ブラム・ストーカー / ヘヴィー・ロック・スペクタクラー


b0054129_20503614.jpg
Tracks
1.Born to Be Free
2.Ants
3.Fast Decay
4.Blitz
5.Idiot
6.Fingals Cave
7.Extensive Corrosion
8.Poltergeist




70年代前半のイギリスはプログレッシヴ・ロック全盛というような事を何度か書いてきたけども、それと同時にオルガン・ロックの全盛でもあったりします。
そんなオルガンを中心にキーボードを主体としたプログレ・バンドはいくつかうちのブログでも紹介してきたけど、このブラム・ストーカーというバンドもその内の一つに入るバンドでありますよ。

という事で、そんなブラム・ストーカーですけど、アルバムにメンバーのクレジットが一切ないという、以前に取り上げたスティル・ライフのような謎のバンドとされておりました。
さらにオリジナルはウインドミルとかいうマイナーなレーベルからたった一枚だけ出ただけあって結構なプレミアがついてたりするみたいで、希少価値のある謎のバンドと言う事でかどうかは分からんけど、とにかくコアなロック・ファンには昔からその存在だけは知られてたみたいですよ。

まあ、でも今はメンバーの名前もすっかり分かっているらしく

Tony Bronsdon (key)
Pete Ballam (g)
Rob Haines (ds)
John Bavin (b)

という4人組と分かってるようですが、それでも他の部分はまだ分からんところがあるので、やっぱり謎のバンドという事になると思います。

で、そんな謎の多いブラム・ストーカーですけど、怪奇小説家の名前をバンドにして、ジャケットも何か分からん雰囲気の顔のアップの印象があるので、ついホラーチックな要素でもあるんかと思ってしまいそうですけど、実はそうでもない。
聴いてみるとこの時代のイギリスで良くあったプログレとハード・ロックの中間のようなサウンドで、なかなかカッコイイ感じに仕上がってると個人的には思ったね。
ちょっとサイケっぽいところもあるんかも知れんけど、基本的にはプログレ寄りなハード・ロックってところで、演奏もそれなりにしっかりしていると思う。
キーボードの音がクラシカルでちょっと様式美がかったところがあるので、ナイスっぽいという感じで言われたりするようですけど、オイラはあんまりナイスは知らんので、そこらの詳しいところは分からんけど、とにかくキース・エマーソンっぽい、しっかりとしたキーボードの響きがこのバンドのサウンドの中心になってるのは間違いないでしょう。

そこに荒々しいギターやドタバタと手数の多いドラム、そんでブインブインと唸るベースが絡んで、結構、前のめり気味なサウンドが多く、ハードな感じでアルバムを構成していますね。
もう、オープニングから前のめりでカッコイイです。
ヴォーカルはあんまり上手くないけど、演奏的には超絶的なテクニックとかないかわりに、程よくまとまってる感じで、なかなか聴けるアルバムだと思います。
7曲目「Extensive Corrosion」での荒いギターのあとに続くピアノと、終始バックでドタバタと叩きまくってるドラムのコンビネーションはちょっとクセになりそうなぐらいカッコイイもんがある。
オイラはこの曲が一番気に入ったね。

まあ、他の曲もそれなりにオリジナリティがあるので、この時代のブリティッシュ・ロックが好きなら結構気に入るアルバムだと思います。
アルバム・タイトル通り、なかなかにヘヴィーですよ。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-07-15 21:04 | 洋楽アルバム・70's
68歳、おめでとう!
七夕である7月7日といえば、もちろんリンゴの誕生日でもありますね。
という事で、お誕生日おめでとうございます。

リンゴも68歳になりました。

もう少しで70歳の古希を迎えてしまうわけですが、いつまでもオール・スター・バンドを率いて頑張って欲しいもんであります。

そのリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドが前回に来日したのは、確か12,3年ぐらい前やったと思うけど、その時は行けなかっただけに今度来日する事があれば何としてでも行きたい。

なので、是非とも来て欲しいと思う今日この頃…。

まあ、とにかく誕生日おめでとうです。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-07-07 22:42 | ザ・ビートルズ