<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
演歌バラードの名曲「She's Gone」
今回もハイトーンなヴォーカリストを紹介しようという事で、誰にするかアレコレ考えてた時に、フッと思い出したのがマイク・マティアビッチという人だったりします。
という事で、今回は超絶ハイトーン・ヴォーカリスト、マイク・マティアビッチ率いるアメリカのハード・ロック・バンド、スティールハートの90年のデビュー盤「STEELHEART」です。

●STEELHEART / STEELHEART
●スティールハート / スティールハート


b0054129_2056754.jpg
Tracks
 1.Love Ain't Easy
 2.Can't Stop Me Lovin' You
 3.Like Never Before
 4.I'll Never Let You Go
 5.Everybody Loves Eileen
 6.Sheila
 7.Gimme Gimme
 8.Rock 'N Roll (I Just Wanna)
 9.She's Gone
10.Down 'N' Dirty


スティールハートと聞いてすぐ頭に思い浮かぶ曲は「She's Gone」だと思います。
逆にいうとそれ以外はあんまり思い浮かびません。
スティールハートのファンならともかく、それ以外のロック・ファンは「She's Gone」のイメージしかないでしょう。

ええ、だって彼等は「She's Gone」だけの一発屋というイメージがありますもんね。

まあ、実際にそれに近いもんはあるんやけど、こんなに歌も上手くて演奏もしっかりしてるのに、なぜトップに立てなかったんでしょうねー。
見た目もバッチリやったと思うのに…。

やっぱりどんなに実力があっても”ツキ”ってものも必要なんやなと思わせる、最たるバンドがこのスティールハートやったのかも知れません。

そう考えるとこのバンドは色々とツイてない。
まずサウンド的には80年代風のハード・ロックやのに、デビュ-が90年とちょっと遅いのが何はなくともツイてない。
せめて、あと5年は早くにデビューしてたらボン・ジョヴィあたりのクラスまで行けた可能性があったと思うだけにチト残念な気がします。
それにハイトーンなヴォーカリストが他にもいたのもちょっと影響があるのかも?
そういえばノルウェーのバンド、TNTのトニー・ハーネルあたりと比べたりしてたような気もするけど、そのあたりの影響もあったのかも知れないですね。
他にはステージのライトがマイク・マティアビッチの頭に落下するという事故が元で、しばらく活動休止になってしまったりで、とにかく何かとツイてないような気がする。

とまあ、ここでツキのなさを嘆いてもしゃーないので、さっさとアルバムの事に話を移しますけど、確かに「She's Gone」はこのアルバムの中でも飛び抜けて良い曲なんで他は全く目立たんような気もするが、実はそれ以外の曲もかなり程よくまとまってたりします。
特に「Can't Stop Me Lovin' You」「I'll Never Let You Go」あたりはファンの間では結構な人気のある曲で、「She's Gone」とはまた違う良さがあると思います。
それにヴォーカルがあまりに凄すぎて、ついそっちにばっかり意識がいってしまいがちやけど、ギターも結構頑張ってて、なかなかにカッコイイ。
マイク・マティアビッチのヴォーカルだけでなく、このギターもスティールハートを聴く上で押さえておきたい部分でありますよ。

でも、やっぱりマイク・マティアビッチのヴォーカルに尽きるのは間違いないけどね。

とにかく歌がめちゃくちゃ上手い。
超絶的なまでにハイトーンやのに、キンキン声だけの高さじゃない、しっかりと抜ける滑らかさと、高いのに図太さのある独特なハイトーン・ヴォーカルが凄すぎます。
このへんが同じようなハイトーン・ヴォーカルでも、ちょっとキンキン声に近いトニー・ハーネルとは全く違う。
マイク・マティアビッチには独特な声の艶がありますよ。
同じような高音域が出ても、この艶っぽさはマイクにしかないですね。

まさに唯一無二のヴォーカリストです。

という事で、何だかんだでやっぱりスティールハートと言えば「She's Gone」なので、そのライヴ版でも聴いて見てください。
ライヴでもこんなに出るって凄いのに、これでもちょっと抑え気味っていうから、ホンマ凄いヴォーカリストですわ。
あと、マーティー・フリードマンが演歌とメタルを結びつけておりますけど、これを聴けばちょっと分かる気がしますね。

なんていうか、演歌風パワー・バラードって感じです。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-06-24 21:01 | 洋楽アルバム・90's
Happy Birthday
今日は6月18日ですね。
6月18日というとジミ・ヘンドリックスがモンタレーでギターに火をつけた日でもあるけど、やっぱり何はなくともポールの誕生日でしょう。

という事で、66歳の誕生日おめでとうございます!

そのポールは今月の1日にはリバプールでライヴをやったと思ったら、今度は14日にウクライナで初めてのライヴをやったりで、相変わらず元気にロックしていますな。
しかもウクライナでは雷雨の中、35万人も集めて33曲も演奏したという感じなんで、もうそのまま世界ツアーにでも出られそうなほど勢いのあるライヴやったようで…。

というか、マジで日本にツアーで来て欲しいんですけど。

しかもリバプールでもウクライナでも結構、オッと思わずセットリストになってるんで、是非ともそれを生でオイラも聴いてみたいですよ。

特に「A Day In The Life」から「Give Peace A Chance」のメドレーは聴いてみたい。

まあ、とにかく誕生日おめでとう。
日本に来てくれるのを心待ちにしておりますよ。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-06-18 21:48 | ザ・ビートルズ
ビリー・ジョエル、メモリアル・ライヴが決定!
やった!やったよ!
またビリー・ジョエルの来日公演が決まったよ。

前回の2006年の来日公演が最後かもという思いもちょっとあっただけに、まさかまた来るとは、しかもこんなにすぐ来るとは非常に嬉しい限りです。

と、テンション上がったのも一瞬だけで、なんと東京ドームで1公演だけというもの…。

なんやねーん!大阪でもやってくれたらええのに~。

一気にテンション下がっちまいました…。

という事で、多分オイラは行けませんが、行ける人は存分に楽しんで来てくらはい。
11月18日(火)ということなんで、まだちょっと先やけど、ビリー・ジョエルのファンの人は今から期待して待っていましょうね。

ああ、なけるぜ…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-06-17 00:32 | 洋楽あれこれ
神童、ケイト・ブッシュ
さっき久しぶりにケイト・ブッシュを聴いてたんですけど、天才少女として19歳でデビューした彼女も今年で50歳になるという事にちょっとビックリ。
時間が経つのは早いもんですな。
そんなところで今回はケイト・ブッシュの78年のデビュー盤「THE KICK INSIDE」だ。

●KATE BUSH / THE KICK INSIDE
●ケイト・ブッシュ / 天使と小悪魔


b0054129_21303620.jpg
Tracks
 1.Moving
 2.The Saxophone Song
 3.Strange Phenomena
 4.Kite
 5.The Man With The Child In His Eyes
 6.Wuthering Heights
 7.James and The Cold Gun
 8.Feel It
 9.Oh To Be In Love
10.L'Amour Looks Something Like You
                           11.Them Heavy People
                           12.Room For The Life
                           13.The Kick Inside


ケイト・ブッシュといえば、やっぱり「Wuthering Heights」かなと思う。
イギリスではアルバムに先駆けて出したこのデビュー曲が確かいまだに彼女のナンバー・ワン・セールスのシングルやったと思うけど、とにかくケイト・ブッシュといえば「Wuthering Heights」というイメージが強いですね。
でも、日本では80年に出した3枚目のアルバム「NEVER FOR EVER」の1曲目に収録されてた「Babooshka」の方が売り上げ的には上やったかな?
確かにこっちも良い曲やったし、人気絶頂の時やったからの結果かも知れんけど、それでもやっぱりケイト・ブッシュと言えば「Wuthering Heights」というイメージが強い。

同時に「恋のから騒ぎ」のイメージも強いですけど…。

まあ、とにかく鮮烈に「Wuthering Heights」でデビューしたケイト・ブッシュですけど、16歳の時にピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアに見出されてデビューのきっかけを掴んだというのは大変に有名な話ですね。
でも一番最初に彼女の才能を見抜いてたのは彼女の兄ちゃん、パディ・ブッシュで、何とかしてデビューのきっかけを作りたいと思って友達と協力し、ギルモアを自宅に招いて直接、彼女の声を聞かせたみたいですよ。

そこでギルモアが一発で彼女の声だけでなく、類稀なる音楽的才能に惚れ込み、そしてケイト・ブッシュという人そのものにも惚れこんでスカウトし、15曲のデモ・テープを作ってデビュー・アルバムのプロデューサーをする事になるアンドリュー・パウエルと協力してレコード会社に売り込んで、めでたくデビューとなった次第であります。

兄ちゃんもやけど、ギルモアを自宅に招くように協力したっていう、その友達もナイス・アシストって感じでありますな。
ちなみに兄ちゃんは彼女のアルバムにもシタールで参加してたり、あとバラライカでも参加してたりするけど、何か知らんが民族楽器にこだわりでもあるんやろうか?

まあ、ともかくそんな感じで「Wuthering Heights」でビューし、発表したのがこの「THE KICK INSIDE」というアルバムです。
シングル「Wuthering Heights」は1位になったけど、アルバムの方は1位とはいかずイギリスで3位という事でしたけど、そんなチャートが何位とかどうでも良いぐらい、インパクトのあるアルバムやったと思います。
当時はもちろんやけど、今でもかなりのものがあるでしょうね。

なんと言ってもあの声。
とにかく凄いハイトーン・ヴォイスですよね。
それにパントマイムを応用したという、ちょっとイッちゃった人っぽい怖さのある不思議なダンスだけでも他にはない個性が感じられますよ。
私も何の番組か忘れたけど、子供の頃に映像と一緒に「Wuthering Heights」を初めて聴いたけど、あれはちょっとした衝撃やったなー。
とにかく凄いインパクトやったよ。

もちろんアルバムそのものも良くて、トラッド・フォークっぽさのあるものからロックまで、ほどよくまとめまっております。
それに彼女にある独特の個性に、あの声。
まさに唯一無二のアルバムってものになってますよ。

という事で彼女の個性を存分に味わうにはこのデビュー盤がまずは最適でしょう。

って事で、「Wuthering Heights」です。
私は読んだ事ないけどエミリー・ブロンテの小説「嵐が丘」のドラマを見て、この曲のアイデアを思い付いたようですけど、やっぱりいつ聴いても名曲やし、いつ見ても不思議なダンスですな。
これとは別に赤いドレスで平原みたいなトコで踊ってるバージョンの映像もあるけど、踊りそのものは相変わらず不思議である。

あと関係ないけどブラジルのメタル・バンド、アングラが「Wuthering Heights」をカバーしてるのは結構有名やけど、かなりオリジナルに近いクオリティに驚きます。
男でこのハイトーン・ヴォイスをカバー出来るのは凄いので、気になった人はアングラ・バージョンも聴いてみる事を薦めます。
アンドレ・マトスの声もスゲーよ!
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-06-10 21:32 | 洋楽アルバム・70's
震撼のラスト15分、映画「ミスト」を鑑賞
昨日の事ではあるけども、映画「ミスト」を観て来ました。

なかなかに評判が良いようなんで興味はあったけども、色々とドタバタとしてるうちに延び延びになってましたよ。
そんで、いつの間にやら良く行く難波の映画館では昨日が最終日という事になってたので急いで観に行きました。
まあ、梅田ならまだ来週まで公開してるけども、やっぱ慣れた場所でゆっくり観たいもんね。

という事で、最終日という事もあって人も少なく、存分に「ミスト」を堪能してきましたよ。

そんで簡単なストーリーは、とある田舎町が突然に濃い霧につつまれ、その霧の中に潜む謎の化け物に恐怖する。
そこで取り残された人々はどう対処するのかってのを描写した映画。

以降は一応、ネタバレもあるので、ヤバそうなところだけ文字を隠してます。
見ても問題ない人だけ見て下され。


公開前から興味があって観に行く気もあったので、あんまり予備知識も入れずにいたけども、もっとミステリー要素があるもんかと思ってましたよ。
それが何てことない、ただのパニック・ムービー?って感じの序盤から中盤にかけての観た感想だったりします。

はっきり言ってこの時点で評判の高さに騙されたかな?と思ったけど、中盤からは結構、おもしろくなってきたかな。
極限にまで陥った人間の描写ってものは、なかなか考えさせるもんがあって良かったと思う。
最初は鼻つまみ者状態やった宗教狂いのカーモディという女の人が、絶望の中に立たされて、だんだん人を魅了(洗脳?)していく感じと、それに対峙する主人公グループの姿勢という感じは見どころあったかな。

ただ、カーモディを演じてたマーシャ・ゲイ・ハーデンの演技が上手い事もあって、その宗教狂いっぷりがウザすぎて観ててちょっと不快になったけども…。

それだけに[オリーがキレてカーモディを銃で撃った時はスッキリ]しました。
さすが[州チャンピオンの腕前、的確に額を打ち抜くなんて、仕事が丁寧すぎるだろ!]と思ってしまったね。

ただ、[そんなにカッコよかったオリーも結局は怪物にぶっ殺されてしまうのは、よくあるオチではあるけど残念やった…]です。

それとなんと言っても”映画史上かつてない、震撼のラスト15分”と宣伝してるように、ラストに尽きる映画やと思うけど、これがまた賛否両論あります。

とりあえずこの映画を絶賛する人も、なにコレ?ツマンネー!と思う人も、多分共通する感覚は[激烈に後味が悪い]ってところでしょうね。
それでいて良いと感じるか、悪いと感じるかは、もちろん観る人によって違うのでどうこう言わないが、私的にはちょっとしっくり来ないかったかな。

確かに[少しの希望を持ってスーパーを脱出したものの、結局は妻も化け物に殺されて、おまけに車のガソリンも尽きて、完全なる絶望というものに直面したのは分かるけど、だからと言って一緒に逃げた仲間を殺すって]ってのは…。
しかも、あんだけ[大事に思ってた子供まで殺すってのは]いくらなんでも[後味悪すぎ]。

このあたりは私的にしっくり来なかったかな。

それに序盤でも、霧の中にはどんな謎があるんやと思ってるところに、意外とあっさり早くから巨大な触手が現れて、すんなり霧の中には得体の知れん化け物がおるってのが分かるのは、ちょっと拍子抜け。
もうちょっと個人的にはタメて欲しかったかなと思った。

でも極限に立たされた人間の心理描写ってものは良く出来てるし、特に最後も含め、全体的にはかなり深いものがあるので、そのあたりではなかなか良い映画かと思う。
問題のラストも原作とは全く違う内容になってるので、原作を読んだ人でも、全く別物の作品として楽しめそうですし。
おまけに結構、考えさせられるしね。

まあ、私的には絶賛とまではいかないけど、まあまあ良かったかなって感じの映画かな。
う~ん、ちょっと観る前から期待しすぎたかな?
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-06-07 22:16 | 映画
アラニス・モリセット「FLAVORS OF ENTANGLEMENT」
アラニスのニュー・アルバムが今日に発売されたので早速買ってきました。

b0054129_2056832.jpg「SO-CALLED CHAOS」以来、4年ぶりとなるオリジナル・アルバムで5枚目の「FLAVORS OF ENTANGLEMENT」でございます。

アルバムは全部持ってるし、ライヴにも何度か行った事があるぐらいアラニスの事は好きなんですけど、やっぱりオイラ的にはデビューの時の衝撃が強すぎるんですよねー。
あの「You Oughta Know」のイメージがどうしてもいまだに色濃く残ってたりします。

それぐらい強烈やったし、カッコよかった。

でも、そんなに強烈やったんはデビューの時だけで、それ以降は結構、ガツーンと来るような強烈なインパクトはない、聴きやすいロックが多い。
おとなしめの曲も多いしね。

しかも、全部のアルバムを聴いてみると「You Oughta Know」だけが異様なまでの爆発力があって、あの曲だけが異質やったような気がしないでもない。
同じデビュー・アルバムの中でも「You Oughta Know」みたいなテンションの曲はないしね。

でも、そうと分かっててもやっぱり「You Oughta Know」のときのようなアラニスをいまだに求めてしまうんですよねー。
ファンとして、いつまでも「You Oughta Know」の幻影を追ってたらアカンと思うんやけど、思い出がある曲なだけにどうしてもあの時と比べてしまいます。

う~ん、デビューが強烈すぎると、どうしてもそれ以降も同じイメージで見てしまいますね。

あっ、だからといってデビュー以降のアルバムを惰性で買ってるって訳でもないですけどね。
アラニスが好きって事には変わりないです。
ただ、ちょっと「You Oughta Know」のような雰囲気をもう一度と願ってるだけ…。

まあ、そんな事はどうでも良いけど、とにかくアラニスのニュー・アルバムですけど、今回は結構ロックしてる感じですよ。
特に前半の4曲はなかなか良い感じ。
久しぶりにカッコイイと思えるアラニスかも。

中盤からはおとなしくなるけど、良い感じに仕上がってると思います。
とりあえずしばらくはこれを聴きこんでみるとしましょうかね。

そいでこれは2曲目に収録されてる「Underneath」です。
結構良い感じやと思う。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-06-03 22:08 | 洋楽あれこれ