<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
繊細にして破壊的、ポーキュパイン・ツリー
ポーキュパイン・ツリーというプログレッシヴ・ヘヴィ・ロック・バンドをご存知でしょうか?
イギリスで91年にデビューして既にアルバムもライヴ盤なんかを含めて13枚も出してるというベテラン・バンドなんですけど、なぜか日本でのデビューは去年に出たその13作目にあたる「DEADWING」というアルバムでようやくって感じになってます。
何でかは分からんけど…。
まあ、最近はさすがにちょっとは名前も知られるようになってきたとは思うけど、とにかくそのポーキュパイン・ツリーが4月25日に新作を発表したので、早速ここで紹介します。
って事で「FEAR OF A BLANK PLANET」というアルバムです。

PORCUPINE TREE / FEAR OF A BLANK PLANET
●ポーキュパイン・ツリー / フィアー・オブ・ア・ブランク・プラネット


b0054129_2251164.jpg
Tracks
1.Fear Of A Blank Planet
2.My Ashes
3.Anesthetize
4.Sentimental
5.Way Out Of Here
6.Sleep Together






ロバート・フリップもお気に入りって事もあってキング・クリムゾンを引き合いに出されたり、あるいは叙情的な部分がピンク・フロイドに例えられたり、はたまたアメリカのプログレッシヴ・メタルの王者、ドリーム・シアターと比べれられたりする事もあるポーキュパイン・ツリーですけど、そんなん比べたところでなんの意味もないってのが本当のところでしょうか。
確かに~っぽいところがあったとしても(実際にあるけど)、結局はポーキュパイン・ツリーはポーキュパイン・ツリーなのですよね。

つまりポーキュパイン・ツリーには独自のカッコ良さがあると言いたいのです。
そのカッコ良さは正直、ヤバイものがありますよ。

という事でスティーヴン・ウィルソン(vo,g)を中心に、元ジャパンのリチャード・バルビエリ(key)、それにコリン・エドウィン(b)、ギャヴィン・ハリソン(ds)という4人組となってるポーキュパイン・ツリーですけど、ヘヴィな部分と叙情的な部分が絶妙に絡んだサウンドを見せております。
まあ、元々ヘヴィなサウンド一辺倒じゃなく、アコースティックを使って叙情的なものも見せるバンドではあったけど、今回のアルバムでは特に叙情的な部分が際立った感じで、ヘヴィな曲は実質オープニングの「Fear Of A Blank Planet」ぐらいです。
前回のアルバム「DEADWING」の帯に”知的にして大胆、繊細にして破壊的。”と書かれてたけど、まさにその言葉通りのサウンドが今回のアルバムでも表現されてる感じですね。

で、そのアルバムなんですけど、良いねー。
良いよー。
彼等のアルバム全部を聴いてきたわけじゃないけど、この詞を含めた独特な世界観がいかにもプログレッシヴって感じで物凄く私のツボなんですよね。
スティーヴン・ウィルソンのヴォーカルは音域も広くなく、そんなに上手い方ではないけども、2度、3度聴いていくと、これが不思議とサウンドに溶け込んでいったりする。
曲の方は「Anesthetize」の約18分を筆頭に、1,5,6の3曲が7分台に、2,4が5分台とどれも長めですけど、曲が良いので一気に聴けますね。
静かな中にも時折見せるヘヴィなギターや、叩きまくりのドラムが良いアクセントになってます。

そんな中でもやっぱり「Anesthetize」が一番の目玉ですよ。
初めてポーキュパイン・ツリーを聴くという人も、この1曲だけを聴くだけで、演奏のレベルの高さや曲そのもののレベルの高さが分かる、そんな曲だと思います。
11分を過ぎたあたりからの突然のドラミングの嵐がかなりカッコイイ。

とりあえず機会があれば聴いて見ましょう。
プログレ・ファン、メタル・ファン、両方にお薦めです。

参考までにオープニングの激烈にカッコイイ「Fear Of A Blank Planet」を貼っておきますけど、ちょっと短縮されてるバージョンなんで、こういう音楽なんかーって程度に聴いて下さい。
アルバムの方がはるかにカッコイイので。

って事で「Fear Of A Blank Planet」です。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-29 22:34 | 洋楽アルバム・00's
逆転裁判4、クリアしました。
ちょっと前の事になりますが、ようやく「逆転裁判4」をクリアしましたよ。

1,2,3、それに蘇る逆転に比べて世間の評価は結構低いようですけど、私的にはそれなりに遊べましたね。
まあ、確かに「あれっ?」って思うことも多いのは事実やったけど…。

例えばシナリオに??な部分が多くて、言うなれば矛盾するトコが多いのがかなりマイナス・ポイントな感じがしましたね。
あと今作は主人公がナルホドからオドロキに代わってるけども、その橋渡し的な役目を果たす為のような内容になってるので、どうもオドロキの影が薄いのも微妙なトコ。
というかナルホドが目立ちすぎやし、おまけに性格変わりすぎ。
まあ、今作では”7年”ってのがちょっとしたキーワードになってるけども、その7年で性格が変わったと言えばそれまでやけど、なんかしっくり来んかな。

他には前作までに出ていた濃いサブ・キャラがほとんど出てこなかったのも、ちょっと期待してただけにやや残念。
オバチャンは出て欲しかったなー。
特に今作のキャラはどれもインパクトに欠けるので、余計にオバチャンのようなキャラが欲しかった。
でも、原灰ススムがまた出てきたのは、ちょっと嬉しかったけども。

ここまで見るとかなりおもんない感じに見えそうやけど、まあ、それでもトータルで見たらやっぱりそれなりにおもろかったと思うかな。
法廷パートは相変わらずおもろいし、今回からの”みぬく”ってシステムも個人的には良いと思ったし、やっぱり安定したおもろさがあると思います。
それに音楽が今回は一番の出来でしたよ。
特にラブラブ・ギルティーのカッコよさは異常。

話の途中で何度となく流れる曲やけど、とある証拠品ではこの曲がいつでも聴けるので、もう聴きまくりましたよ。
それぐらいカッコイイ曲でしたね。
ちょっと着メロに欲しい感じ。

まあ、何だかんだ言って、それなりに楽しかったよ。
次回作からが本当のオドロキ主体の逆転裁判が見れると思うので、次に期待です。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-27 22:28 | ゲーム
ハード・プログレッシヴ・ロック、クォーターマス
ギター・レスのキーボードを主体にしたトリオ・バンドという事で、エマーソン・レイク&パーマーのようなバンドかなーって感じもさせたりするけど、実はちょっと違うってのがこのクォーターマスってバンドであったりします。
確かにプログレッシヴなところもあるけど、基本はハード・ロックで、他にも色んな要素がてんこ盛りという、少しブリティッシュ・ロックの中でも異彩を放つ存在でしょうか。
という事で、今回はそんなクォーターマス唯一となる70年発表のアルバムです。

QUATERMASS / QUATERMASS
●クォーターマス / クォーターマス


b0054129_2174884.jpg
Tracks
1.Entropy
2.Black Sheep Of The Family
3.Post War Saturday Echo
4.Good Lord Knows
5.Up On The Ground
6.Gemini
7.Make Up Your Mind
8.Laughin' Tackle
9.Entropy



イアン・ギランとロジャー・グローヴァーの2人はディープ・パープル加入前にエピソード・シックスというバンドに在籍していたんですど、その2人がパープルに加入するという事で、代わるようにエピソード・シックスに加わったのがジョン・グスタフソンという人であります。
で、その時に知り合ったミック・アンダーウッドとピート・ロビンソンという2人を加えて、ジョン・グスタフソンが中心となって新たに結成したのが、このクォーターマスというバンドのようです。

って事でメンバーはもちろんジョン・グスタフソン(vo,b)、ミック・アンダーウッド(ds)、そしてピート・ロビンソン(key)というトリオ・バンド構成になっております。

サウンドの方ですけどエピソード・シックスから派生したってのと、リッチー・ブラックモアがお気に入りでレインボーのデビュー・アルバムで「Black Sheep Of The Family」をカバーしたというのもあって、ディープ・パープルみたいなハード・ロック・バンドかと思わせてしまいますが、実はそうではないのがクォーターマスというバンドですよ。
もちろんはじめに書いたようにエマーソン・レイク&パーマーとも違う。
確かに「Black Sheep Of The Family」は非常に小気味の良いハード・ロックで、ギターのないパープル・サウンドって感じがしますが、このクォーターマスは他にも色んな要素があったりするんですよね。
オープニングはクラシックっぽいし、かと思えば4曲目の「Good Lord Knows」はかなりプログレっぽいアプローチやったり、他にもブルーズ、ジャズと基本はハード・ロックですけど、結構やりたい放題。
それにストリングス奏者&アレンジャーとして有名なポール・バックマスターが参加していて、オーケストラなんかも使用してるので、なかなか他のバンドにはないぞ!というメンバーの意気込みが伝わってきそうな、ちょっと新鮮なアルバムになってますね。

それにメンバーの演奏は相当高いもんがあるし、作曲やアレンジ面なんかも、なかなか光るものがあるのも良いです。
ヒプノシスがデザインしたジャケットは何となく無機質な感じですけど、実際の中身は色んな表情が見えるサウンドって感じがしますね。
やっぱこのアルバムもハード・ロック・ファンならお薦めであります。

約10分ある「Post War Saturday Echo」なんかは間違いなく名曲。

ちなみに「Gemini」という曲が私は好きで、オーディンというバンドがこの曲を取り上げてるという事で、この前そのオーディンのレコードを見つけたので思わず手に入れました。

b0054129_2181676.jpgそれが←なんですけど、クォーターマスに比べてヴォーカルがかなり弱い感じがして、そういう意味で曲だけじゃなくヴォーカルもなかなか良いもんがあるなーと、改めてクォーターマスのレベルの高さを思い知った感じでございます。

でもオーディンの方も基本インスト・メインって事もあって、全体的にはそれなりに聴ける感じでよかったかな。
だからと言って別にオーディンは薦めるつもりはないけども…。

まあ、物好きな人は両方のアルバムを手に入れて聴き比べてみましょう。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-26 21:11 | 洋楽アルバム・70's
mixiロック検定
一応、去年の7月からmixiもやってたりするんですが…と言いたいけど、肝心の日記の方はたった一回だけ書いたという全くの放置プレイ状態の私であったりします。

まあ、そんな事はどうでも良いんやけど、mixiに「mixiロック検定」ってのがあったので、何となくやってみた次第であります。
全部で30問なんでそんなに面倒じゃないしね。

って事でオイラの結果
b0054129_23452445.jpg
なんか分からんけど免許皆伝らしい。
でも、2問間違えてしまいました。

まあ、だから何やねんと言えばそれまでやけどね。
ちょっとした暇つぶしにやってみたい人はどうぞ。

■mixiロック検定
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-23 23:53 | なんでも日記
グラス・オニオンから覗いてごらん
パロディ大好きなビートルズの中でも究極とも言える一品がこの「Glass Onion」だ。
まあ、ジョンに言わすと「何となく書いた」らしいけど、基本的にジョンは適当なトコが多々あるので、ジョンがそう言うならホンマにササッと書いたんでしょう。

でもこの曲、歌詞は適当かも知れんけど、音そのものは相当に凄いと思う。
とにかくリンゴのドラムとポールのベースが、おっそろしくカッコイイ。
特にドラムは最高。

この曲はホワイト・アルバムの3曲目で、その前の2曲はリンゴが一時脱退してたのでポールがドラムを叩いてたけども、やっぱビートルズというのを表現するにはリンゴのドラムが必要不可欠ってのが聴き比べて分かる感じ。
そういう意味でこの曲こそホワイト・アルバムの真のオープニング・ナンバーと言えるかな。

いや、もちろんポールのドラムも良いのは間違いないけどね。

と言いながらジョン・レノン命の私としては、やっぱり何が一番凄いかって言うとこのジョンのヴォーカルに尽きるんですよね。
色んなアーティストがビートルズのサウンドをコピーしてオリジナルに近いものや、なかにはオリジナル以上のものを聴かせるのがあったりするけど、このヴォーカルだけはコピー不可能。

やっぱジョンのヴォーカルは最強やわ。
特にこの曲でのヘヴィーで力強いヴォーカルのカッコ良さは異常。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-22 00:41 | ザ・ビートルズ
超サイコー!
b0054129_225355.jpg今日はアヴリルの3年ぶりとなるニュー・アルバムの発売日という事なので、早速買いに行ってきてしまいました。

やっぱまだまだアヴリルの事が好きなんやなーと、ちょっと自分自身で呆れつつ、この”超サイコー”ってな意味になるらしい「BEST DAMN THING」を買って、それを聴きながらコレを書いてます。

で、アルバムを聴いてちょっと気になった事が一つ。

すでにシングル・カットされてるオープニングの「Girlfriend」の一部の歌詞がスッ飛んでるんですけど、これはアカンやろ。
確かにそのスッ飛んでる歌詞ってのが”mother f___ing”なんで分からんでもないし、PVの方でも歌詞がスッ飛んでたから、何となく嫌な予感はしてたけど、アルバムぐらいはちゃんと歌詞をそのまま言ってるので良いんじゃないかと思ったけど…。

やっぱシングル盤の方でも歌詞がスッ飛んでるんかな?
だとしたらちょっと嫌な感じで、何となくそのあたりが気になった。

まあ、こんな事もあろうかとちゃんと歌詞が入ってるバージョンの「Girlfriend」も、既に持ってるから別に良いと言えば良いんやけどね。

で、アルバム全体の印象はと言うと、う~ん、まだピンと来る感じはないかな。
まあ、それはもうちょっと聴いてみんと分からんし、例え全部がアホみたいな曲やったとしても、アヴリルさえ可愛ければそれはそれで良いので、アルバムの中身がどうとかはある意味どうでも良い。

ってホンマ、アヴリル・バカやなー…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-17 22:53 | 洋楽あれこれ
ナルホドからオドロキへ
ここ最近はDSのゲームばっかりやってる状況で、ちょっとしたDS祭り状態の私でありますけど、今はこれ一本にハマッてます。

b0054129_201246100.jpg待ちに待った「逆転裁判4」です。

昨日からやり始めて、さっきやっと1話目が終わったトコですけど、やっぱこのシリーズおもろい。

相変わらず濃いキャラは出てくるし、裁判長は適当やし、突拍子もない展開になったりするけども、ついついゲームに引き込まれてしまいます。

今のところ新しい主人公のオドロキは目立ってなく、どっちかと言うと前作までの主人公のナルホドの方がやたらに存在感がある感じやけど、まあ、新しい主人公に代わっての1話目って事でこんなもんやと思うかな。
今回の4から初めてやった人にはナルホドがどんな人やったか興味を持ってもらう意味でも、これで良いんじゃないかと。

でも、やっぱり4をやる前に今までの1,2,3をやってた方が、より楽しめるけどね。
特に1はDSでリメイクされた「逆転裁判 蘇る逆転」をやって欲しいね。

やった事ない人は是非やってみましょう。
探偵パートは人を選ぶけど、法廷パートはかなりおもろいですよ。

今の私のイチオシ・ゲームでした。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-13 20:53 | ゲーム
ある意味、さすがガンズ
■ガンズ・アンド・ローゼズ、メンバーの捻挫のため日本公演が延期に

てっきりチケットの売り上げが(大阪では)イマイチなんで、それにキレて来るのを止めたかと思ったけど、延期となってるところを見ると、ホンマにケガが原因なんかも?

いや、でもガンズの事やから分からんなー。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-11 22:16 | 洋楽あれこれ
ポンプ・ロックの最高峰
80年代初期のイギリスでひっそりとプログレッシヴ・ロック・ムーヴメントが起きたりしたわけで、70年代のプログレ・バンドに影響された新しいバンドが出てきました。
そのムーヴメントの事を最初はネオ・プログレッシヴなんて言ってたが、そのうちにポンプ・ロックという呼び方になったんですけど、とにかく80年代初期に新しいプログレ・バンドが出てきたのだ。
という事で今回はそのポンプ・ロックの頂点に立つバンド、マリリオンの85年に発表した
3枚目のアルバム「MISPLACED CHILDHOOD」です。

MARILLION / MISPLACED CHILDHOOD
●マリリオン / 過ちの色の記憶


b0054129_2129364.jpg
Tracks
 1.Pseudo Silk Kimono
 2.Kayleigh
 3.Lavender
 4.Bitter Suite
 5.Heart Of Lothian
 6.Waterhole (Expresso Bongo)
 7.Lords Of The Backstage
 8.Blind Curve
 9.Childhoods End?
10.White Feather


3枚目のアルバムとは言ったものの、実はライヴ盤をこのアルバムの前に出していたので、正確にいうと4枚目となります。
通算で4枚目、スタジオ盤としては3枚目ってトコですね。
マリリオンのデビューは82年でこのアルバム時点でのメンバーはフィッシュ(vo)、スティーヴ・ロザリー(g)、ピート・トレワヴァス(b)、マーク・ケリー(key)、イアン・モズレー(ds)という5人組。
もともとポンプ・ロックというのはこの少し前にNWOBHM(ニュー・ウェーブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)ってムーヴメントがあって、そこからチョロッと派生したような感じなんですけど、この時期、生粋のプログレ野郎の集まりだったエイジアがポップ寄りなスタイルになっていったのに、マリリオンは70年代のプログレを表現してたってのは、ちょっとおもろい感じではあるかな。

そんな70年代のプログレを継承するバンドはマリリオン以外にもペンドラゴンやパラスといったバンドがあったけど、それぞれに影響されてるバンドが音楽を聴いていって分かる感じです。
例えばペンドラゴンはキャメルの影響が、パラスはイエスからの影響が出てました。
キング・クリムゾンからの影響があったレッドってバンドもあったかな。
で、マリリオンはどのバンドからの影響かと言えば、間違いなくジェネシスだったりする。
もちろんピーター・ガブリエル時代のジェネシスです。
シンフォニックなサウンドはかなりの影響を受けてそうな気配がプンプン漂いますけど、それだけじゃなくヴォーカルのフィッシュの歌詞を含めた曲の世界観や、ピーター・ガブリエルのような三文ミュージカルみたいな芝居がかった歌い方まで、かなりジェネシス的です。

それだけ似てるのでジェネシスのコピー・バンドってな感じでちょっと冷たい目で見られたりする事もあるけども、だからと言ってマリリオンにはマリリオンなりの個性もあるし、実力もアルバムを出して行くごとにつけていったりもしたので、単なるコピーじゃないのがこのバンドの良さやと思うし、私の好きなところでもある。

で、この「MISPLACED CHILDHOOD」というアルバムなんですけど、何だかんだ言われながらも着実に力をつけていった成果が出た、マリリオンの最高傑作なんです。
すでにデュラン・デュランとかカルチャー・クラブとかのニュー・ロマンティック全盛やったイギリスで、時代遅れ的なプログレ・バンドのこのアルバムがヒットしたってのは偉業というか、かなり異質やったかも知れません。
シングル・カットされた2曲目の「Kayleigh」なんかイギリスのチャートで2位になったぐらいやしね。
でも、それだけ良いアルバムって事なんですよ。

プログレと言えばコンセプト・アルバムって事で、このアルバムもやっぱりコンセプト・アルバムになっていて、ヘルマン・ヘッセ著の「デミアン」の主人公とフィッシュ自身の幼年期にあった出来事を重ね合わせたものをベースにしたっていう、なんだか良く分からんコンセプトのもと、全体的に内情的な雰囲気を出しつつ、ときにモダンに、ときにドラマティックにアルバムをきっちりまとめてます。
曲と曲もほぼ途切れる事なく進んで行くので、収録曲全部で1曲って感じの、なかなか壮大な構成になってるし、それだけのものを一気に聴かせるだけ、各パートできっちりしたものを見せてる感じですね。
だからどの曲がお薦めってのはなく、まあ、全部お薦めとなってしまいますな。
それでもあえて一曲だけ選ぶと「Blind Curve」かな。
ピンク・フロイド的な泣き泣きのギターが劇的にカッコイイです。

やっぱこのアルバム最高ですよ。

最近になってジェネシスに興味を持ったという人は、このアルバムも是非とも聴いて欲しいですね。

ちなみにフィッシュは88年に脱退してしまったので、強烈な個性だったフロントマンを失ったマリリオンも終わったかと思わせといて、94年にもこのアルバムに匹敵するぐらいの傑作、「BRAVE」というアルバムもあるので、機会があったらコッチも聴いて欲しい。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-10 21:34 | 洋楽アルバム・80's
奇妙なダンジョン ディアボロの大冒険
これ、結構おもろいです。

b0054129_2219267.jpg


「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラや世界観で、あの不思議のダンジョン・シリーズをやってしまいましたよー!ってゲームですけど、これがなかなかおもろい。
それにかなり良く出来てる。

主人公は5部のラスボスであるディアボロで、詳しい内容はサイトの方を見てもらえれば分かるが、とにかくジョジョ好きにとってはニヤリとしてしまう出来ですね。
それに音楽も凝っていて、タイトル画面ではディアボロが主人公ってだけあってキング・クリムゾンの曲「In The Court Of The Crimson King」が流れてるし、アイテムであるDISCを装備したらそのDISCにちなんだ曲が流れたりする。
ホルス神のDISCを装備したらペット・ショップ・ボーイズの「West End girls」が流れるといった感じに。

しかもきっちり左下に表示されるのも細かい。

おもわず入ったモンスター・ハウスがハイウェイスター・ルームやったりしたら、とりあえずプレイを中断してパープルの「Highway Star」を一通り聴いてからゲームを再開してしまうぐらい、音楽が凝っていてイイですよ。

難易度はちょい高いけども不思議のダンジョンが大好きで、ジョジョラーでもあるなら一度はやってみても良いかと思われます。

興味のある人はこちらのサイトからダウンロードして遊んで下さい。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-04-07 22:49 | ゲーム