<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
謎のバンド、スティル・ライフ
またまたオルガン・ベースのプログレ・アルバムを紹介してしまいます。
しかも結構マニアックで、謎の多い一枚を。
という事で、今回はスティル・ライフというバンドが71年に唯一発表したアルバムなのだ。

●STILL LIFE / STILL LIFE
●スティル・ライフ / スティル・ライフ


b0054129_221018100.jpg
Tracks
1.People In Black
2.Don't Go
3.October Witches
4.Love Song No.6 (I'll Never Love You Girl)
5.Dreams
6.Time






スティル・ライフのサウンド自体はほとんどの人が知らないとは思うけど(という私も最近まで知らんかった)、このジャケットとスティル・ライフに流れる噂だけはロック好きな人ならチラッとは知ってるかと思います。
その噂ってのはスティル・ライフのこのアルバムにはミュージシャンのクレジットが一切なく、一体その正体は何者なのかという噂が昔から流れていたようです。
ジャケットの内側にはメンバーと思われる4人の写真があるので、多分、4人編成のバンドと思うんだが、クレジットがないので詳しいトコまでは分かりません。
作曲者のクレジットには3人の名前があるんだが、おそらく本名じゃないと思うので、やっぱり誰か分からん…。
昔からの一番の有力説は鬼才ピーター・ハミル率いるヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイターの変名説ってのが有力らしいが、これもどうやら違うみたいです。
確かにヴォーカルの雰囲気とか、全体の雰囲気は似てるような気もしますけど、結局は誰かってのはまだ分かってない。
とにかくスティル・ライフというバンドは未だに謎なのだ。

b0054129_2210425.jpgそれともう1つ有名なのが、このピンクの花ビラ・ジャケットでしょうかね。
一際目を引く強烈なピンクはなかなか綺麗なものがあるが、これだけではそこまで有名になってなかったように思います。
というのも、この裏ジャケットが綺麗な花ビラとは対照的にドクロがドバーンと描かれていて、まるでグレイトフル・デッドのドクロとバラのようなジャケットになっています。

←それがコレ

どういうコンセプトかは分からんけど、リアルな感じですな。
個人的にはこういうの結構好きですけど、人によっては引くでしょうね。

で、アルバムの中身の方ですが、最初にも書いたようにオルガン・ベースのプログレ・サウンドで、この時代のイギリス特有のドヨ~ンと沈み込んでいくようなものになっている。
それに複雑な構成もあって、演奏力も曲も全て平均以上のものはある感じなので、アルバムを通しても意外とすんなり聴ける出来かも知れないですね。
特にこの時代のイギリスの音楽が好きな人なら、結構ハマるかもです。
あと、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイター好きな人にも。
ヴォーカルだけじゃなく構成なんかもヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイターと似てる部分があるので、そういう人にはお薦め。
だてにヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイターの変名説が出るのも分かる気はするかな。

とにかく謎の多いスティル・ライフですけど、サウンドそのものは結構しっかりしたものがあるので、興味があれば聴いて下さいな。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-27 22:43 | 洋楽アルバム・70's
FFⅢを買ってしまいました。
今日、思わずDSの「FINAL FANTASY III」を買ってしまいました。
3はもともと好きやったしDS版のも興味はあったけど、別に買おうとまでは思ってなかったんですよねー。

にも関わらず、店頭でのデモを見たら無性にやってみたくなって即買いしてしまいましたよ。

これでまた、魔道師ハインとかガルーダとかを相手にせんといけなくなりましたよ。
と言いながら、結構楽しみにしてるんやけども。

とりえず10分ほどだけやってみたけど、やっぱ3はおもろいなー。
あと5と。

私の中のファイナルファンタジーはこの二つが群を抜く出来で、7を含む以降のFFとなると、それほど興味はない感じ。

と言いながら最近まで12をやってましたけど…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-26 22:15 | ゲーム
破壊王、誕生!
b0054129_233142.jpg今日は私の好きなザ・フーの爆裂ドラマー、キース・ムーンが生まれた日でございます。
ものによって1946年生まれと、1947年生まれの2つの説があるようですが、とにかく
8月23日にムーニーは生まれました。

ハチャメチャでやりたい放題の人生で、結局は若くして死んでしまったけども、思いっきり濃い人生で、おそらく普通の人の5倍は濃い生き方をしたんじゃないでしょうかね。

やる事なす事、全てが伝説化してる数々のエピソードを見ても、その濃い人生が分かりますもんね。

泥酔状態でフーのライヴに行き、客席にいたにも関わらずいきなり飛び入りで参加し、ドラム・セットを破壊して、それが気に入られてメンバーに決定という、ハチャメチャな話に始まり(これで決定にした方も、かなりの大物)、とにかく話が大きくなりすぎて、嘘かホンマか分からんようになったものまであるぐらい、この人には色んな話がある。
あの有名なリンカーンでホテルのプールに突っ込んだ話もどうやら嘘のようですしね。
と言っても他でプールに突っ込んだ事はあるので、あながち嘘ではないが…。
ちなみにオアシスの3枚目のアルバム「BE HERE NOW」のジャケットは、このリンカーンの話を頂戴しております。

他にもアホなエピソードは山ほどあって、オランダのユダヤ人街をナチスの軍服を来て歩き、危うく袋叩きになりかけたというエピソードはアホすぎて大好きな話です。
ホンマ、ムーニーは最高ですよ!
でも、身近にはいて欲しくないかな?

そんで、そんなおもしろ奇行ばかりが好きなわけじゃないんですよね。
ドラマーとしても当然大好きです。
とにかく生き方をそのままのドラミングにしたような、ハチャメチャな叩き方なんですけど、そのクセ、不思議と良いリズム感を持ってるんですよね。
あんなアップダウンを無視した手首の使い方するドラマーはそうはおらん!
でも、カッコイイ!

もう一回言うけど、やっぱムーニーは最高やなー!

ちなみに私が一番最初に聴いたフーの曲は「So Sad About Us」です。
子供の頃に何のテレビか忘れたけどこの曲がかかって、初めてフーの音楽を聴いたと共に、野生的な動きのムーニーを見て、一発で好きになりました。
だから今でもフーのこの曲には思い入れがある。
何でその曲やねん!って思う人もいるかも知れんけど、誰だって好きになったアーティストの一番最初に聴いた曲ってのは、特別な思い入れってもんがあるでしょ。
私にとってはそれがこの「So Sad About Us」なのだ。

って事でいつも通り、その映像をペタリと。
そして誕生日おめでとう、ムーニー!

[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-23 23:26 | 洋楽あれこれ
プレミアム10 「ビートルズの103時間」
さっきまでNHKで放送していた番組「プレミアム10」を見ましたよ。
ビートルズ特集となれば、どんな些細な事でも見ないといけないので、当たり前のように見てましたが、なかなかおもしろかったです。

66年、来日時の様子をメンバーが泊まったホテルの従業員や彼らを取材したジャーナリスト、観客として彼らの公演を目の当たりにした有名人らの目撃談を通して検証するという内容でしたが、全部知ってる事とはいえ楽しめました。
やっぱ生で体験した人の話には重みがあるね。

でも、こういう番組を見るとつくづくオイラも生のビートルズを見たかったと思うよ。

もし、あの武道館ライヴを生で見てたら、私の人生も違ったものになってたやろなー。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-21 23:18 | ザ・ビートルズ
テレキャス命の鬼才、ロイ・ブキャナン
●ロイ・ブキャナン(Roy Buchanan)
●1939年9月23日生まれ~1988年8月14日死去 アメリカ出身


b0054129_23401533.jpg日本ではそんなに知名度がある方じゃなく、ちょっと過小評価されがちな感じもあるが、一度聴いたら忘れられない程の強烈な印象を与えるのが、このロイ・ブキャナンという人なのだ。
1939年9月23日、アーカンソー州のオザークという所で牧師の家庭にて誕生。
(他にも生年月日に色んな説があるようだが、とりあえず私はこの生年月日にしました。)
9歳の時からギターを弾き始め、15歳になる頃にはすでにフル・タイムのプロとして活動を始め出す。
その後、いくつかのバンドを経て、カナダではロニー・ホーキンスのホークスにも在籍する。
ちなみにホークスってのはボブ・ディランがフォークからエレクトリック化になった際に、そのツアーやレコーディングを支えたバンドで、それが後のザ・バンドとなったバンドである。って、何かややこしい…。
そのザ・バンドのギタリスト、ロビー・ロバートソンに大きく影響を与えたロイ・ブキャナンは、ついに72年、メジャー・デビューを果たすことになる。
名曲「The Messiah Will Come Again」を筆頭に、伝説的な名演を残し、80年代には音楽ビジネスに嫌気がさし、少し業界から身を引いていたが、85年に復活。
その後も充実した活動を送っていたと思った88年に、泥酔しているところを保護され、収容された……う~ん、続きは各々、調べて下さい…。
オイラには書けない!

とにかく最期は残念というか「何でやねん?」というか複雑ではあるけど、それでもロイ・ブキャナンという人のギターは凄いもんがある。
特にロイの代名詞であるピッキング・ハーモニクスやトーンを駆使したワウ奏法は、この人が編み出した奏法で、他にも色んな奏法が出来るほどギターが上手い人である。
ジャンルも基本的にはブルーズ系ですけど、カントリーからジャズ、ハード・ロックっぽいものまでなんでもやってしまう。
こだわりがないと言えばそれまでやけど、この人のプレイはそれだけ多才だという証拠でもありますね。
ハッキリ言ってギターの常識をこの人は変えました。

メイン・ギターはもちろんフェンダー・テレキャスターで、このギターで色んなフレーズを叩き込んできました。
というか変態的なまでのフレーズを。
聴いた事がある人なら分かるが、普通はテレキャスターであんな音なんて出せませんよ。
強烈に咽び泣くギターから、アーミング・プレイのようなグワーンとした変わった音までとにかく凄くて、ひょっとしたら初めて聴く人ならビックリする以上に笑ってしまうかも?
それぐらい色々と弾きこなせるんですよね。
やっぱこの人のギターはスゲーわ。
それと他にもギブソンのレス・ポール・カスタムやスタンダードも使用してた事もある。

ジェフ・ベックが名曲「Cause We've Ended As Lovers」をロイに捧げて、ロイはそのお返しに「My Friend Jeff」という曲を捧げたというエピソードは有名やし、ブライアン・ジョーンズの後任としてストーンズに誘われたが「ガラじゃないから」(確かにガラじゃない!)と言って断ったのも有名やし、他にもクラプトンやロビー・ロバートソン、ジェリー・ガルシアなど色んなミュージシャンに影響を与えまくったロイ・ブキャナン。
プレイは器用に何でも弾きこなしたけども、生き方は不器用だったロイ・ブキャナン。
それでも偉大なギタリストに違いないロイ・ブキャナン。

「The Messiah Will Come Again」の咽び泣くギターで泣きましょう!

[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-20 23:53 | ギタリスト列伝
兄貴アンソロジー!
今やイギリスの兄貴的存在でもある”モッドファーザー”ポール・ウェラーの…と、思わず以前にスタイル・カウンシルの時に書いたのと同じ文句を使ってしまったが、とにかくそのポール兄貴の4枚組アンソロジーボックス・セットが出るみたいッスよ。

その名も「HIT PARADE」というらしくて、今までの全キャリアを網羅した内容で、シングル曲を中心に60曲以上を収録しているようです。
全キャリアというからには当然ジャムやスタイル・カウンシルも入ってるわけで、こりゃ兄貴ファンにはたまらんコレクターズ・アイテムになりそうだな。

今のトコ、まだ日本での発売は未定っぽいけど、イギリスでは10月9日に発売予定です。
つまりジョンの66回目の誕生日に兄貴アンソロジーが発売です。
なんか知らんけど、めでたいな!

で、収録曲はこんな感じだ。

■ディスク1
01 In The City
02 All Around The World
03 The Modern World
04 News Of The World
05 David Watts
06 "A" Bomb On Wardour Street
07 Down In The Tubestation At Midnight
08 Strange Town
09 When You're Young
10 The Eton Rifles
11 Going Underground
12 Dreams Of Children
13 Start!
14 That's Entertainment
15 Funeral Pyre
16 Absolute Beginners
17 Town Called Malice
18 Precious
19 Just Who Is The 5 O'Clock Hero
20 The Bitterest Pill (I Ever Had To Swallow)
21 Beat Surrender
 
■ディスク2
01 Speak Like A Child
02 Money Go Round - Pts 1 & 2
03 Long Hot Summer
04 Solid Bond To Your Heart
05 My Ever Changing Moods
06 You're The Best Thing
07 Big Boss Groove
08 Shout To The Top
09 Walls Come Tumbling Down
10 Come To Milton Keynes
11 The Lodgers
12 Have You Ever Had It Blue
13 It Didn't Matter
14 Waiting
15 Wanted
16 Life At A Top People's Health Farm
17 How She Threw It All Away
18 Promised Land
 
■ディスク3
01 Into Tomorrow
02 Uh Huh Oh Yeh
03 Above The Clouds
04 Sunflower
05 Wild Wood
06 The Weaver
07 Hung Up
08 Out Of The Sinking
09 The Changingman
10 You Do Something To Me
11 Broken Stones
12 Peacock Suit
13 Brushed
14 Friday Street
15 Mermaids
 
■ディスク4
01 Brand New Start
02 He's The Keeper
03 Sweet Pea, My Sweet Pea
04 It's Written In The Stars
05 Leafy Mysteries
06 The Bottle
07 Wishing On A Star
08 Thinking Of You
09 Early Morning Rain
10 From The Floorboards Up
11 Come On/Let's Go
12 Here's The Good News
13 Blink And You'll Miss It


ラストが「Blink And You'll Miss It」なんて素晴らしいじゃあないか。
この曲は最近の兄貴の曲の中でもかなりの高位置につけるロック・ナンバーですぜ!
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-14 21:02 | 洋楽あれこれ
プロコル・ハルムの気品漂うアルバム
プロコル・ハルムと言うと一般的に「A Whiter Shade Of Pale」(邦題「青い影」)という曲のイメージだけがズンズンと先行していってるが、アルバムの方も良いのが結構揃ってたりするんですよね。
中でもこの73年のアルバム「GRAND HOTEL」はサイコー。
間違いなくプロコル・ハルムの最高傑作でしょう。

●PROCOL HARUM / GRAND HOTEL
●プロコル・ハルム / グランド・ホテル


b0054129_233933100.jpg
Tracks
1.Grand Hotel
2.Toujours L'Amour
3.A Rum Tale
4.T.V. Ceasar
5.A Souvenir Of London
6.Bringing Home The Bacon
7.For Liquorice John
8.Fires (Which Burnt Brightly)
9.Robert's Box



67年にデビューして、この「GRAND HOTEL」が7作目という事なんで、一年に一枚のハイペースでアルバムを出してるプロコル・ハルム。
今の時代じゃまず有り得へん事やけど、まあ、それは別としてプロコル・ハルムのアルバムは基本的にはどれもクラシカル路線のロック、あるいはプログレッシヴ・ロックってものになっております。
途中でちょっとハードなギターで骨太ロックをやったりした時期もあったけど、基本的にはクラシック・ロックって感じですね。
バンドの初期はゲイリー・ブルッカーのピアノと、マシュー・フィッシャーのオルガンという2つのキーボードを主体に、そういうクラシカルなロックをやってたけど、マシュー・フィッシャーが脱退したり、他にもチョコッとメンバー交代があったりで、一時はクラシカル要素が弱まった時期もある。
でもオーケストラや合唱団とコラボした72年のライヴ盤で、やっぱワシらの進む方向性はこっちやで!ってな感じに、クラシカルなアプローチを極めて、プロコル・ハルムの実力が一番発揮されたのが、この「GRAND HOTEL」ってアルバムだと思いますよ。

この時のメンバーはゲイリー・ブルッカー(vo,p)、ミック・グラハム(g)、B.J.ウィルソン(ds)、アラン・カートライト(b)、クリス・コッピング(b,org)、そしてデビュー時からバンドに詞をしているキース・リードという感じになってるが、このアルバムのレコーディングでギターを弾いてるのはミック・グラハムjななく、前任のデイヴ・ボールとなってます。
まあ、そんな細かい事はどうでもええな。

で、このアルバムなんですけど、中世の貴族的ムードと高貴で何となくノスタルジックな
世界観を再現したトータル・コンセプトになってます。
しかもイギリスのバンドらしくちょっと謎めいた空気も漂わせながら、独特の気品や色気を感じさせる音でアルバム全体を表現してますよ。
簡単かつ臭いセリフで例えると、サウンドが優雅にダンスしております。
って思わすぐらい心地がよろしおまっせ。

69年のアルバム「A SALTY DOG」こそが最高傑作とも言われたりしてるが、やっぱ私的には「GRAND HOTEL」が一番だと思う。
まあ、どれが最高傑作とかは聴く人の好みによるから、あんまどうでも良い感じではあるけど、とにかく聴いた事のない人にはお薦めの一枚ですね。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-12 23:40 | 洋楽アルバム・70's
もう、さすがにアカンわ。
中日3-2阪神

まーた、ナゴヤドームで負けてるし。
これでゲーム差6.5。
というか負け数で10の差があるから、10ゲーム差ぐらいあるな。

こりゃ、さすがにアカン。

何せ明日、中日が勝ったらもうマジック40が出るらしいし。

この雰囲気的やとマジック出る気配プンプン。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-11 22:35 | 阪神タイガース
ロックとバラードの間を揺れ動く、ブライアン・アダムス
意外と思われるかも知れんが、ブライアン・アダムスが結構好きな私。
こういう暑苦しいタイプは苦手なはずなのに、なぜかこの人は昔から大好きなのだ。
そんな事で今回はブライアン・アダムスが96年に発表した「18 TIL I DIE」です。

●BRYAN ADAMS / 18 TIL I DIE
●ブライアン・アダムス / 18 TIL I DIE


b0054129_23331587.jpg
Tracks
 1.Only Thing That Looks Good On Me Is You
 2.Do to You
 3.Let's Make A Night To Remember
 4.18 Til I Die
 5.Star
 6.(I Wanna Be) Your Underwear
 7.We're Gonna Win
 8.I Think About You
 9.I'll Always Be Right There
10.It Ain't A Party...If You Can't Come Round
                           11.Black Pearl
                           12.You're Still Beautiful To Me
                           13.Have You Ever Really Loved A Woman?
                           14.Hey Elvis


カナダが生んだ最高のロック・スターがこのブライアン・アダムスですね。
でもヒット曲はバラードが多く、NO.1を獲得した4曲もすべてバラードで、おまけにいずれも映画に使われた曲から”サントラの帝王”とか”サントラ職人”ってな呼ばれ方もしたりで、ロックン・ローラーのブライアン・アダムスというイメージよりもバラード・シンガーとしてのブライアン・アダムスのイメージがどうしても強いです。
思えばブライアンの出世作となった83年のアルバム「CUTS LIKE A KNIFE」からの第一弾シングル「Straight From The Heart」もバラードで、彼にとって初めてのヒット・シングルとなったって事でも、やっぱそういうバラード・シンガーというイメージになるのもしゃーないように思う。

ちなみにその4曲のNO.1と使われた映画はそれぞれこんな感じ。

「Heaven」…映画「ナイト・イン・ヘブン」
「(Everything I Do)I Do It For You」…映画「ロビン・フッド」
「All For Love」…映画「三銃士」
「Have You Ever Really Loved A Woman?」…映画「ドンファン」

となってるが、どれも珠玉のバラードになっている。
特に「(Everything I Do)I Do It For You」はバカ売れで、イギリスでは16週連続1位というギネスにも載ったほど大ヒットしたってのは有名ですね。
今でもイギリスでは結婚式でかけられる定番の曲らしいし。
「All For Love」もロッド・スチュワート、スティング、そしてブライアンという濃すぎる3人のデュエットが話題になりました。
とにかくどれも良い曲なんだが、ただ1つ言えるのは「ドンファン」以外の3つの映画は
クソおもんないって点でしょうかね。

で、唯一良かったジョニー・デップ主演の映画「ドンファン」の主題歌に使われた曲「Have You Ever Really Loved A Woman?」が収録されてるのが、このアルバム「18 TIL I DIE」なんですよ。
”死ぬまで18歳”っていう、何かストーンズの「IT'S ONLY ROCK'N ROLL」に通じるような、ダサかっこいいタイトルが実に良いですね。
永遠のロック小僧を宣言し、やっぱりオレはロックが好きなんだ!という事を恥ずかしげもなく言ってのけるブライアンは、ある意味カッコイイと思うよ。
そのタイトル曲「18 Til I Die」や、このアルバムの第一弾シングルであるオープニング・ナンバーの「Only Thing That Looks Good On Me Is You」なんかの軽快で明るいロックが良い感じでアルバムに収まってます。
やっぱバラードも良いけど、こういうロックの方がブライアンらしい気がします。
そういう意味でもこのアルバムはブライアン・アダムスという人が、やっぱりロックン・ローラーなんだという事を感じさせてくれるものでありますよ。

アルバム・セールス的にアメリカではこれ以降イマイチな状況になってしまうが、それはアメリカの音楽状況が終わってるだけで、それとは対照的にイギリスでは今もそれなりの人気がある。
これからもイギリスを拠点にこのアルバムのようなロック・アルバムを出して頑張ってもらいたいですね。

と言いながら、やっぱり人気があるのは「Let's Make A Night To Remember」「Star」のようなバラードなんですけどね。
う~ん、このへんはブライアンにとって辛い感じでしょうねー。
でも、やっぱりしゃーない感じもあるし、どうも微妙やなー。
そういう私もあのハスキー・ヴォイスから繰り出す極上のバラードを、またお願いしますという気持ちがありますからね。

何だかんだ言ってブライアンにはバラードが合うって事になるんやろなー。

って事で、最後に「Have You Ever Really Loved A Woman?」をどうぞ。
このスパニッシュ・ギターは私も大好きな天才パコ・デ・ルシアが弾いてます。
やっぱこの人のフラメンコ・ギターはかっちょええなー。



何か映画の方もまた観たくなってきた。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-09 00:17 | 洋楽アルバム・90's
ゲーム&ウォッチコレクション届きました
b0054129_2172098.jpg先月末に「クラブニンテンドー」で頼んだ”ゲーム&ウォッチコレクション”が、思ったより早く今日届きました。

で、早速やってみた。

うん、やっぱりおもしろくはないね。
3つとも1~2回やって終了ー!

まあ、最初からコレクターズ・アイテムのつもりで、別にゲームがめっちゃやりたかった訳じゃないから良いねんけどね。
ただちょっと”ドンキーコング”はやって懐かしかったな。

唯一、当時持っててプレイ経験のあるゲームやっただけに、何となく懐かしかったよ。

あのオレンジ色した本体、いつのまにやらなくなってたけど、どこ行ったんかな~?
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-08 21:20 | ゲーム