<   2005年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧
紆余曲折のデフ・レパード
今年の6月からブライアン・アダムスとのダブル・ヘッドライン・ツアーを開始する
”レップス”ことデフ・レパード。
今回はそのデフ・レパード最大のヒットアルバム「HYSTERIA」の紹介です。

●DEF LEPPARD / HYSTERIA
●デフ・レパード / ヒステリア


b0054129_37586.jpg
Tracks
1.Women
2.Rocket
3.Animal
4.Love Bites
5.Pour Some Sugar On Me
6.Armageddon It
7.Gods Of War
8.Dont Shoot Shotgun
9.Run Riot
10.Hysteria
11.Excitable
12.Love And Affection



実は私がデフ・レパードを本格的に好きになったのは1~2年ほど前と、おそろしく最近になってからの事である。
それまではあんまり好きな方じゃなかった。
というのも彼らがデビューした80年当時のイギリスは”NWOBHM”(ニュー・ウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)なる一つのムーヴメントがあり、色々なメタル・バンドが台頭していた。
そんなせいかデフ・レパードも”NWOBHM”の流れをくむバンドのように紹介されてはいたが、実際のサウンドは全然メタル寄りではない。
私はもともとメタルは聴かない人間ではあるが、まずその点が最初に気に食わなかった。
メタルと言いながら実際のサウンドはさわやかハード・ロックやん!という思いがあり、どうもアカンかったね。
その思いは彼らの出世作である3作目「PYROMANIA」(邦題「炎のターゲット」)がアメリカを中心に世界中で大ヒットした時には更に強くなっていたよ。
この時、私は小学生だったが「なんやねん!売れ線の音楽ばっかり作りやがって!」と、小学生のクセに生意気な考えをしてた。
そう言いながら「Photograph」はちょっとカッコイイなー、という思いもあったが…。
とにかく「PYROMANIA」で初めて本格的にデフ・レパードのサウンドを聴いたが、あまりピンと来なかった。
正確に言うとサウンドそのものは悪くないけど”認めたくない”という思いが一番かな。
当然、「メタルのクセに…」という流れから来るものだった。

と、そんな思いを持っていたデフ・レパードが「PYROMANIA」に続いて発表したのが今回紹介する、87年発表の「HYSTERIA」だ。
結果からいうと強烈に売れたこのアルバムは間違いなくデフ・レパードの最高傑作であり、80年代を代表する1枚でもある。
発売当初は思うようなチャート・アクションとはならなかったが、地道なライヴ活動などが実を結び、発売から約1年後にチャートのトップに輝いた。
この遅ればせながらのチャート・トップには当時、中学3年の私もかなり驚いた記憶がある。
さらに4曲目の「Love Bites」にいたっては、シングル・チャートでも1位に輝くなど、またまた私を驚かせた。
ほかにも「Pour Some Suger On Me」(2位)「Armageddon It」(3位)「Hysteria」(10位)のヒットシングルを含め、合計7曲もシングルカットされた。
しかも、最後のシングルが発売された時はアルバムの発表から約3年後で、もうこの時には私は高校生になっていたのだ。
「まだ”HYSTERIA”で引っ張るんかよ!」と思ったもんです。
私的には名実共にナンバー・ワン・バンドとなり、サウンドも良いとは思いながらも、
まだ”認めたくない”というのがあったのだ。
と言いながら「PYROMANIA」の時に「Photograph」はカッコイイ!っていう思いが、このアルバムでも同様にあったけどね。
「Love Bites」は掛け値なしで良い曲やなー、とは当時から思っていた。

ここで話は一番最初に書いた、私がデフ・レパードを好きになった1~2年前の話に戻る。
何気にスカパーを見てると、その”認めたくない”という思いがあった時期の私でさえ名曲だと思っていた「Love Bites」のビデオがたまたま流れた。
「うおっ、懐かしいなー!」と思いながら見てたが、次第に「めちゃ渋いがな!」と、当時以上に強く感じてしまう。
良い曲やとはあの時から思ってたけど、こんなに良かったっけ?と。
あ~、何かアルバムごと聴いてみたいかも?
音楽に対してそういう衝動が出ると、もう私は止まらない。
いや、止まるつもりもない!
たまたま友達がアルバムを持っていたので、すぐに借りた。
そして聴いた。

「Love Bites」以外も良いがな!!
確かに売れ線の曲ばっかりかも知らんけど、それの何がアカンって言うのさ。
こんだけ練り上げたサウンドは、そうそう他にあるもんじゃないよ。
デフ・レパードのメンバーはかなりの完璧主義者なのか、相当サウンドを作りこむ。
何重にもギターなどの音をオーバー・ダビングし音に厚みを持たせ、コーラスもアメリカのバンドには見られないぐらい、必要以上に重ねる。
ここらはイギリスのバンドらしいところでもあるが、その仰々しいまでのサウンドの練り上げが良いんじゃなかろうか。
そのサウンドにヴォーカル、ジョー・エリオットの声が上手く乗っていて、すべてが一体となった見事なサウンドだと言える。

しかし、急にベタ褒めだな…。
で、借りたCDはすぐに返して、自分で買った。
コピーをしようと思ったが、これは原盤で持っておかないとと思い速攻で買いに行った。
あの当時の私とは180度違う態度だが、まあこんなんもアリでしょう。

ドラムス、リックの交通事故による左腕の切断、ギタリストのスティーヴがドラッグの原因による死亡と、大きな挫折を乗り越えてトップに輝いたバンド、デフ・レパード。
今年中にはカバー・アルバムも発売予定(デフ・レパードの事やから恐らく延びると思う)の彼らだが、このアルバムは非常に聴きやすいと思うので、洋楽初心者にお薦めです。
あと私と同じように長年、敬遠気味やった人も一度聴いてみてはどうでしょう?
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-30 03:06 | 洋楽アルバム・80's
なんじゃ、今日の試合!
まだ、試合は終わってないけど何ですか、今日の阪神!
7点差で勝ってたら、アッというまに逆転されて、現在8-9で中日のリード。
井川はあんだけ点差あったのにピリッとせんし、エラーはするし、あげくに久保田はホームラン打たれるし…。
おまけに試合時間は長いし最悪やな、今日の試合。

こんなんじゃ100%優勝なんか夢のまた夢や!
頑張ってるとは思うけど、もっと頑張って!

あと、桧山はいつになったら、ここぞっていう場面で打つんやろ?
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-28 22:11 | 阪神タイガース
今度こそロマンシングサガ、購入!
ようやく「ロマンシングサガ ミンストレルソング」買いました。
まだゲームの方はやってないけど、これからボチボチやっていこうと思う。

しかしこれって一応、初代ロマサガのリメイクになるって事を今はじめて知った。
まあ、初代ロマサガの事は全く覚えてないんで、完全な新作として出来ると思うけど。

あと、キャラ・デザインが最悪という声も聞くが、私はゲームさえおもろければ、あまりそんな事は気にならない。
って事でまたプレイ日記のようなものを、ここで書くかも?
バイオ4の時のように。

さて、まずはどの主人公で始めようかな?
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-28 20:44 | ゲーム
レノンとマッカートニー
昨日の夜中にディスカバリーチャンネル「ザ・ライバル-レノンとマッカートニー」という
番組が放送されていた(再放送で)。
文字通り、二人のライバル関係を紹介する内容で、番組説明ではこうなっている。
ザ・ビートルズ解散の原因となったジョン・レノンとポール・マッカートニーの関係を追う。ふたりの才能が結びついたことでザ・ビートルズは当時のポピュラー音楽界を席巻した。しかしあまりにも優れたふたつの才能は長く共存しえなかった。ふたりはやがてバンドのイメージ、金、すべてにおいて対立するようになり、バンドを解散へと導いてしまうのだった。
と、ちょっと極端な説明文がなされていた。
番組の内容もやや極端な面もあったが、あながち間違えてないところもあったので、それなりに見れた内容やったと思う。

ここでは番組の詳しい内容の説明はしないが、ポールの才能に対するジョンの強い嫉妬心、ポールの強い上昇志向としたたかさ、それらが二人の強い対立に結びついたという感じやった。
その対立はふたりが出会った時から、ビートルズ解散以降も続き、ジョンの死によって長い対立がようやく終わったという事を、30分という短い番組で紹介している。

あまりビートルズを知らない人が見たら、そんなにジョンとポールは仲が悪かったんやと思いそうだが、そんなことはない。
いや、確かに解散時にはポールがジョン、ジョージ、リンゴの3人相手に告訴したり、ポールがアルバム「RAM」の中でジョンやヨーコを遠まわしに批判したら、ジョンがアルバム「IMAGINE」「How Do You Sleep?」という強烈な曲で攻撃し返したりして、ドロドロやったかも知れない。
でもこんな事は兄弟喧嘩みたいなもんでしょう。
お互い認め合ったもの同士のささいな喧嘩です、こんなの。
そうじゃないとジョンは「人生で2度、素晴らしい出会いがあった。ポールとヨーコだ」なんてコメント残すはずないし、「BAND ON THE RUNは最高だ」(確かに最高だ!)なんて褒めたりするはずない。
逆にポールはジョンの「Give Peace A Chance」「感傷的な雰囲気が好きだ」とも言っている。
こんな事、本当に嫌いあってたら言わないでしょう。
ジョンにいたってはマスコミがポールの作品をけなすと、「ポールの事を言っていいのはオレだけだ!」と怒ってさえいる。
ポールに対するジョンの気持ちがうかがえる言葉だ。
ポールだってジョンが亡くなった時、あまりのショックでアルバム製作を中断し、引きこもってしまった(ジョージも同様に引きこもる)。
色々あっても強い絆が二人にあったのが、誰の目から見ても明らかですね。

番組でも最後はそのような事で締めてたが、やっぱりこの二人は最高だという事の
再確認を番組でさせてもらった。
b0054129_0405379.jpg
やはり、このツー・ショットに勝るものはない!

[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-28 00:44 | ザ・ビートルズ
ロマンシングサガ ミンストレルソング、購入!
しようと思ったんですが、売り切れで買えませんでした。
友達と一緒に買って情報交換しながらプレイする予定やったけど、まさか売り切れとは…。

なかなか、上手いことイカンもんです。

公式サイト
Romancing SaGa -Minstrel Song-
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-25 22:59 | ゲーム
地球に落ちてきた男!
前回に紹介したデュラン・デュランをはじめ、後のアーティストに多大な影響を与えた
グラム・ロック最大のヒーロー、デヴィッド・ボウイ。
今回はそのボウイが72年6月に発表し、”10年に一度の傑作”とも評されたコチラの
アルバムを紹介します。
ちなみにグラム・ロックとは”glamourous”(魅惑的)という意味から来ており、派手なメイク、派手なステージ等で70年代のイギリスで起こった新しい形のロックであり、一つのムーヴメントである。

DAVID BOWIE / THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS
●デヴィッド・ボウイ / ジギー・スターダスト


b0054129_2217814.jpg
Tracks
1. Five Years
2. Soul Love
3. Moonage Daydream
4. Starman
5. It Ain't Easy
6. Lady Stardust
7. Star
8. Hang Onto Yourself
9. Ziggy Stardust
10. Suffragette City
11. Rock 'N' Roll Suicide


1964年6月のデビューからしばらくはパッとしない音楽生活だったボウイが、私も大好きなスタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」に影響されて69年に作った「Space Oddity」のヒットで、ようやく世間に”デヴィッド・ボウイ”という名を知らしめる事が出来た。
まあ、アポロ11号の打ち上げでバカ騒ぎしてたアメリカでは、曲の内容的に全く歓迎されなかったようだが、イギリスでは60年代を締めくくる傑作としてヒットする。

とにかく「Space Oddity」のヒット以降、溢れる才能が開花したボウイ。
その才能を詰め込めるだけ詰め込んだのが、この異様に長いタイトルの本作なのだ。
今でこそ「ジギー・スターダスト」という簡単な邦題になっているが、発売当初の邦題は「屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」という、何とも凄まじいタイトルだった。
だが、タイトル以上に凄まじいのが、このアルバムそのものである。
本作は”ジギー”という宇宙からやって来たロック・スターの栄光と挫折というものを描いたコンセプト・アルバムになっており、それらを捨て曲がないほどの高いクオリティの楽曲で表現している。
シングルカットされ全英で10位を記録、日本でも人気の高い「Starman」をはじめ、「Moonage Daydream」「It Ain't Easy」「Lady Stardust」、さらに「Suffragette City」「Rock 'N' Roll Suicide」と名曲がズラリと並んでいる。

だが、やはりこのアルバムを象徴するのが9曲目「Ziggy Stardust」でしょう。
「オレはバンドを解散させた」と歌詞にあるが、実際にツアー最終日である73年7月3日に突如としてボウイは引退宣言をしたのだ。
もちろんここでの引退はボウイ自身ではなく、彼が演じてきた架空のロック・スター
”ジギー・スターダスト”の事で、ジギーの引退宣言である。
そしてこの歌詞にある通り、バンドも解散させたのだ。
アルバム・コンセプトをステージでもそのまま表現したわけで、この高い芸術性を示す為にも「Ziggy Stardust」という曲が大きな役割を果たしている。
と、強引にこじつけたがとにかく最高のナンバーだ。
アルバムともども聴いてみない手はない。

あとミック・ロンソンが中心となったバンド、”スパイダース・フロム・マース”の存在が、このアルバムに大きな貢献をしているので、そこらも聴いて欲しい。
今は亡きミック・ロンソンだが、彼のギターはいつ聴いても最高です。
このサウンドにボウイの独特なヴォーカルが上手く絡んで、大変よろしおます。
MTVとともに大ヒットした「Let's Dance」以降のボウイしか知らない人は、「昔のボウイってこんなに声、高かったんやー!」って思うかも知れないが、個人的には声変わりする前のこの時期のボウイが最高に好きです。
いわゆる”宇宙人時代のボウイ”が私は好きなんだが、機会があれば皆さんもこのアルバムを聴いて欲しいです。
買って損はないアルバムだとは思いますよ。
いや、これはちょっと言い過ぎか?
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-25 22:18 | 洋楽アルバム・70's
能見、初勝利ーー!
横浜3-8阪神

能見、見事なピッチングで初勝利!
おめでとう!
途中から球が高めに浮いてホームランなんかも打たれたが、ナイス・ピッチングでした。
あとは、シーズン通してどれだけ体力が持つのか、ってのが不安なトコやけど、これからも頑張って欲しいもんです。

ところで古田も2000本打ったようで。
こっちはさらに、おめでとう!
昔、親戚からヤクルト戦のチケットを貰って友達と甲子園に行った事があったが、その貰った席が思いっきりヤクルト側の内野席やった。
しかも私も友達も阪神のハッピにメガホン、ハチマキと、ヤクルト側やのにかなり浮いてた記憶がある。
そんな状況でヤクルトの選手が練習しており、近くをたまたま古田が通る。
私も友達も「古田ー、古田ーー!!」と声援を送った。
そしたら古田がトボトボとこっちに近づいてきて、「君ら古田っていうてるけど、おもいっきり阪神ファンやん!」「阪神ファンやったらアッチ(ライトスタンド)行かんな!」と気さくにツッコミを入れてくれた。
ホンマ、関西の良い兄ちゃんって感じでしたね。
このとき以来、古田は阪神の選手じゃないけど、応援している。
人間、簡単な理由で好きになったり、嫌いになったりするが、古田はまさにこんな簡単な理由で好きになった。
その古田が2000本!
ホンマ、おめでとう!

関係ないけど、今日は仲間との飲み会がある。
阪神も快勝で、古田も2000本と、おいしい酒が飲めそうだ!
って、事で今から飲み会に出発です!!
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-24 16:47 | 阪神タイガース
バイオ熱、またも到来!
あー、またも寝てません。
かれこれ40時間ほど睡眠をとってない計算でしょうか。
こんなブログの更新してる時間あったら寝ろよ!ってツッコまれそうやけど、例によってそれほど眠気はありません。
ホンマ、便利なような不便なような、よう分からん体してます。

まあ、そんな話は置いといて私の友達が「バイオハザード4 解体真書」なる本を買いました。
この友達とは以前にバイオ4日記を書いてた時にたびたび出てきた奴のことであるが、この本を買った事から、なんとまたもバイオ4をプレイし始めるという暴挙に出る。
あんだけやったのに、まだやるか?
と思っていたが、ついこの前に私もこの本を見せてもらった。

ヤッベ、オレもまたやりてーよ!おもろそう、ヤッベ!

敵の攻撃力や防御力などの細かいデータはもちろん、その他のさまざまなデータが
あって、読み応え満点やった。
村人がスペイン語で何て言ってるかのデータもあって、マニアも納得の出来だ。
実際、友達も「あんだけやったのに、まだおもろいッス!」と嬉しそうに語ってきます。

うーん、やっぱりバイオ4は近年まれにみる傑作アクション・ゲームなんやなと痛感する
出来事でした。
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-21 23:13 | ゲーム
ポールのUSツアー!
ポールのUSツアーが発表された。
ツアー自体はちょっと先の話で9月16日のフロリダが初日との事。
そこから11月29日のロサンゼルスの最終日まで、約2ヵ月半のUSツアーになるようだ。
ニューヨークなどの主要都市は当然、カナダはトロント、あるいはこれまで訪れた事のない土地にまで回る28箇所のツアーになるらしい。

ってか、日本にも来て欲しいんですけど…。
思えば今年の2月に来日公演?って噂もあったけど、結局は噂止まりやったし…。

2002年の11月に大阪ドームでした体験を、もう一度味わいたいもんだ。
あの時は17日、18日と両方行ったが、ホントに最高のライヴやった。
オープニングの「Hello Goodbye」

泣いたね~!!

このツアーではどんなセットリストになるんでしょか。
聞くところによると最近では演奏する事のなかったナンバーもプレイするらしい。
な、何を一体プレイなさるんでしょうか??
前回の「Getting Better」のような隠れた名曲をセットに組み込むんだろうか?

「Your Mother Should Know」とかやって欲しいなー。
あと、「The Night Before」なんかもええなー。
どっちもビートルズ時代のマニアックな部類に入る曲やけど、名曲にかわりない。
是非、やって欲しいもんだ。

あと、「All Together Now」なんかライヴの終盤でやると盛り上がりそうで、いい感じもするし、これもアリやな。
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-19 22:20 | ザ・ビートルズ
勝ったけどイマイチ嬉しくない!
巨人5-8阪神

なんですか?今日の試合!
もう、フ~ッて感じ。
楽勝やと思ってたのに、なんでこんなヒヤヒヤせんなアカンねん。

ピッチャーの起用もおかしいけど、起用に応えられん方もアカン。
いきなりフォアボールにデッドボール、投げても高めの球ばっかりで、全然やわ。
無駄な点ばっかり与えて、明日に影響したらどうすんのさ?
ただでさえ明日は井川でヤバイ空気流れてるのに、なおさらなんじゃねーの?

なんとか気のせいであって欲しい。
そんで勝って欲しい。
あと、井川の髪はどうなってるのかも気になる。
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-04-19 21:38 | 阪神タイガース