カテゴリ:ザ・ビートルズ( 78 )
こっちも買ったよ~ん!
さきほどの続きです…。

なぜあれだけ楽しみにしてたゼルダにまだ手を付けていないかという最大の理由は、
今日、Wii+ゼルダの他にコイツも買ったからです。

b0054129_22423145.jpgそう、ビートルズの「LOVE」です。

やっぱ何だかんだ言って買ってしまいました。

で、とりあえず2周ほど聴いて、今、3周目を聴きながらコレを書いてるんやけど、思ってたよりも良いかも知れませんぞ。

というか、私はビートルズに対してだいたいが激甘評価になってしまう傾向があるので、今も買い渋ってるという人は、私の言葉をあまり参考にしない方が良いかも?

でも、ちょっと薦めてしまいたい、自分もいたりいなかったり…。

まあ、それはともかく意外と良い。

あらためて収録曲を並べると

01.Because
02.Get Back
03.Glass Onion
04.Eleanor Rigby
   Julia (Transition)
05.I Am The Walrus
06.I Want To Hold Your Hand
07.Drive My Car / The Word / What You're Doing
08.Gnik Nus
09.Something
   Blue Jay Way (Transition)
10.Being For The Benefit Of Mr Kite ! / I Want You (She's So Heavy) /
   Helter Skelter
11.Help!
12.Blackbird / Yesterday
13.Strawberry Fields Forever
14.Within You Without You / Tomorrow Never Knows
15.Lucy In The Sky With Diamonds
16.Octopus's Garden
17.Lady Madonna
18.Here Comes The Sun
The Inner Light (Transition)
19.Come Together / Dear Prudence
   Cry Baby Cry (Transition)
20.Revolution
21.Back In The U.S.S.R.
22.While My Guitar Gently Weeps
23.A Day In The Life
24.Hey Jude
25.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
26.All You Need Is Love


ってなってますけど、どれも素晴らしい音質なのは当然ながら、良い感じのコラージュ具合になってるんじゃないでしょうか。
「Get Back」「Drive My Car」あたりは特に良い感じ。

それにどの曲もガンガンにサウンド・コラージュをやってるわけじゃなく、「Help!」
「I Am The Walrus」のように、原曲のスタイルを大きく崩すことなく、新しいビートルズ・サウンドにしているところはかなり良いかも?
「A Day In The Life」も変にいじられてなくてホッとした。

ただ気になるというか、ちょっと「???」なところもあるんですよね。

まず、いきなり「Because」で始まるのが、どうもしっくり来ない。
選曲にあたって「ビートルズがトリビュート・コンサートを行ったら」というのを、まずは念頭においていたようですけど、そういう事なら「Because」はオープニングに相応しい曲って感じじゃないような気がする。
それに曲のアレンジ自体も私は好きじゃない。
他にも私の大好きな「Glass Onion」のアレンジはかなりヤバイ。
アカン意味で…。

あの、”Fixing a hole in the ocean”と入る部分が違和感ありまくりなんですけど…。
「Strawberry Fields Forever」も、どうにもなぁ~。

他にも細かく突いていけば微妙なところはいっぱいあるけども、でもまあ、それでも全体的には良いと思うよ。

やっぱりビートルズはビートルズなんやな~。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-12-02 23:49 | ザ・ビートルズ | Comments(0)
没後5年
b0054129_23242466.jpgフレディ・マーキュリーが亡くなってから15年経ったというのは、ホンマ早いなー!って感じがするけども、ジョージも亡くなってからちょうど5年も経ってしまったんですね。

ホンマ、月日が経つのは早いなー!

という事を今、「Savoy Truffle」を聴きながら書いております。

ホワイト・アルバムにあるジョージの曲っていうと「While My Guitar Gently Weeps」になると思うんやけど、実は私的にはそっちよりも「Savoy Truffle」がすぐに思い浮かぶぐらい好きな曲なんですよね。

というか、ビートルズ時代のジョージの曲でもかなり上位に来るぐらい好きな曲です。

そして、こんな楽しくてカッコイイ曲を作れるジョージ・ハリスンはもっと大好き。

あらためて合掌です…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-11-29 23:37 | ザ・ビートルズ | Comments(2)
ALL YOU NEED IS "LOVE"
b0054129_2320073.jpgここ最近の迷いごと…。

それはビートルズの新作?とされてるアルバム「LOVE」を買おうかどうかという事なんです。

これ、どうなんでしょうかね?

スッゲー賛否両論で、どっちかというと”否”の方が多いような気もするけど、私的には「まあ、こんなんも良いかな?」って気持ちが、ちょっとだけあるにはある。
それでもまだ買い渋ってるところを見ると、心の奥底では「解せんなー!」ってのがホンマはあるんかも知れんけど…。

正直、こんなリミックス出すぐらいならオリジナル・アルバムの楽曲を全てこのアルバムのような音質にリマスターして出して欲しかったかな。
綺麗な音でホワイト・アルバムとかペパーズなんかを聴いてみたいよ。

まあ何だかんだ言うて、いずれは買うと思うけど、個人的にはビートルズの新作というフレーズは好きではない。

ポールとリンゴは認めたのは良いとしてもジョンとジョージならどう思ってるかな?
実はそんな事を一番考えてたりします。

多分、この二人なら何かしらの文句を言ってそうな気がする。
二人とも毒舌やからなー。
ジョンなんてほとんど人を褒めたりせんし、ジョージもジョージで、ある意味ジョン以上の毒舌野郎やから、今頃どう思ってんのかな~?

そんな事を思う今日この頃…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-11-25 23:45 | ザ・ビートルズ | Comments(8)
アメリカ VS ジョン・レノン
b0054129_21465583.jpgしかしホンマ、ジョン・レノンが好きなんやなー。
オイラって…。

今日はこの「THE U.S. VS. JOHN LENNON」というアルバムを当たり前のように買ってきました。
ホンマはすぐにでも買いに行きたかったし、またジョンのファンとしてはすぐ買わんとアカンのやけど、ちょっと忙しくて数日遅れでの購入となってしまった。

ごめんよ、ジョン。

まあ、アルバムとしては同名映画のサウンドトラックなので、別にすぐに飛びついてまで買わんなアカンって訳じゃないし、未発表音源も2曲あるだけで他は在り来たりなトラックばっかりなので、ファン以外はどうでも良いアルバムかと思うけどね。

でも、ファンはちょっと違う。
どんなアルバムだろうと手元に置いておかないとダメなのだ。

ですので、ジョンの熱狂的なファンを自負する人で「ヤッベ!まだ持ってねーよ、ヤッベ!」という人は必ず買いましょう。
未発表のうちの1曲「How Do You Sleep?」のインスト・バージョンはなかなかカッコイイですぞい。

しかし、どの曲もそうやけど、特に「Gimme Some Truth」って曲は今までにアホほど聴いてきたハズやのに、それでもこうやって聴いてみるたびに、違うカッコよさを私に与えるとは一体どういう事なんでしょう?
これだけは上手く説明出来ませんな。

やっぱジョンの声だけはやめられへんわ。
まあ、やめるつもりもないけども。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-11-05 22:30 | ザ・ビートルズ | Comments(4)
ヴォーカリスト、ジョン!
b0054129_2121241.jpg何はなくとも、まずは誕生日おめでとう!
そう、今日はジョンの66回目の誕生日ですよ。

ジョンが私の中の最大のヒーローって事は、前々からウチのブログを読んでいただいてる人にはご存知かなとは思うけど、あらためてジョンのどういうところが好きなのかってのを考えてみても、実は私自身よく分からん部分もあったりするんですよね。

なんて言うか好きすぎるあまり、こういうところが好きやからジョンが好き!っていう、明確な理由がすっ飛んだ状態になっております。
まあ、簡単に言うなら全部好きって事になると思うけどね。

ホンマ、ジョン・レノン・バカでございますよ。

それでもあえて、どの部分が好きかってのを言うとなると、やっぱりあの声になるかな。
とにかくジョンの声はいつ聴いても凄い。

デビュー・アルバムの中だけでも「Ask Me Why」「Baby It's You」のような哀愁ある声から「Twist And Shout」のような必殺シャウトまで幅広く聴かせてたジョンは、まさに天性のヴォーカリストやなーと思わせる。
まあ、この時のレコーディング時、ジョンは風邪をひいてて、タバコと飴の両方を愛用しながらのレコーディングやったせいもあって、偶然とも言えるいつにない”魅力ある、かすれ声”やったってのもあるけど、それにしても凄いヴォーカルなのだ。
「A Day In The Life」のヴォーカルもテイク1から、ほとんど完成テイクと変わらんぐらいの、艶のある声もこれまた最高ですしね。

この前、久しぶりにカラオケに行ったけど、どうやったってあんな声で歌えませんわ…。
ジョン、やっぱアンタ凄いよ。

そう言えば「Mr. Moonlight」のあの有名なオープニングの声は、一説によればここでのジョンはオペラの歌唱法を取り入れてるという、嘘かホンマか分からん噂もある。

でも、それだけジョンは、どんな歌い方も出来るヴォーカリストやったって事なんでしょう。
そんな魅力あるジョンのヴォーカルを今日は聴いて、66回目の誕生日を祝いたいと思います。
そして、これからもジョンを追い続けますよ、私は。

と、ここまで書いてホンマなら終わりにするハズなんやけど、やっぱり他にも好きなところは当然ながらいっぱいあるんだよねー。

その1つがジョンの色々と見せる表情。
これもまた声と同じで哀愁ある表情から、とびっきりの笑顔まで、どれもたまらん魅力がある。

で、そんなジョンが見せる色々な表情の中でも私がかなり好きなのがこの写真。
b0054129_2274976.jpg
この悪い事を企んでそうな、なんとも言えん表情が素敵すぎ!

とにかく、ジョン、誕生日おめでとう!
やっぱりジョンが一番や!!
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-10-09 22:16 | ザ・ビートルズ | Comments(8)
ポールにアポなし突撃!
さっき放送してた「世界まる見え!テレビ特捜部」を見てたら、有名人のドッキリ・スペシャルとか何とかで、ポール・マッカートニーが出てたので、思わず見入ってしまう。
その前のトッティとかは確かにドッキリと言える感じやったけど、さすがにポール相手に水かけたりとか、お色気でどうのこうのとかは出来んから、内容はいたってソフトでしたね。

何か3人組がポールにアポなしで突撃し、「Yellow Submarine」を一緒に歌ってもらうって感じやったと思うけど、クドイぐらいの「Yellow Submarine」攻撃にも笑顔で対応し、最後には一緒に歌ってたポールは、なかなか見てておもろかったかな。
内心は絶対「なんじゃ、コイツら?」って思ってたハズやのに、そういいう態度を見せないところが、ポールらしい感じ。
あしらい方が上手いね。
性格的にもポールは、ああいう人やし。

で、それを見たから、さっきから私の頭の中で「Yellow Submarine」が流れっぱなしやったりするんだな。
私の中での「Yellow Submarine」の一番の魅力は、それまで基本的には彼や彼女がどうしたとか、恋や別れでどうのとか、そんな感じの曲が多かったポールが、ここでどういう訳かいきなり”黄色い潜水艦”と来る、それまでとの落差が私的な一番の魅力。
ジョンが「Help!」を作ったときも、それまでの恋愛ソングからいきなり「助けてくれ!」ってな感じで落差はあったけども、「Yellow Submarine」の場合は「Help!」ほど深刻じゃなく…というか、ものごっつい能天気で、そのあたりのギャップがなかなか聴いてて楽しい。

もっと言うたら、ポールってどんな曲でも作れるんやなー。
その理由を考えても”天才だから”という答えしか出てきませんけども。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-09-04 21:20 | ザ・ビートルズ | Comments(4)
プレミアム10 「ビートルズの103時間」
さっきまでNHKで放送していた番組「プレミアム10」を見ましたよ。
ビートルズ特集となれば、どんな些細な事でも見ないといけないので、当たり前のように見てましたが、なかなかおもしろかったです。

66年、来日時の様子をメンバーが泊まったホテルの従業員や彼らを取材したジャーナリスト、観客として彼らの公演を目の当たりにした有名人らの目撃談を通して検証するという内容でしたが、全部知ってる事とはいえ楽しめました。
やっぱ生で体験した人の話には重みがあるね。

でも、こういう番組を見るとつくづくオイラも生のビートルズを見たかったと思うよ。

もし、あの武道館ライヴを生で見てたら、私の人生も違ったものになってたやろなー。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-21 23:18 | ザ・ビートルズ | Comments(5)
66歳になりました。
b0054129_22142427.jpg7月7日と言えば七夕やけども、それと同時にリンゴ・スターの誕生日でもありますね。
今日で66歳になりました。

おめでとうございます。

また、オールスター・バンドを引き連れて日本に来て欲しいなー。

今日はそういう願いも込めて、リンゴの曲でもたっぷりと聴きましょう。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-07-07 22:22 | ザ・ビートルズ | Comments(4)
John 1st meets Paul
7月6日というとジョンとポールが初めて出会った日。
今から49年前のこの出会いがなかったら、一体どうなってたんでしょう?
あんまり考えたくない事ですね。

でも、幸いにしてこの二人は出会ってくれたわけで、そのおかげでビートルズも誕生してくれたんですよね。
いやー、良かった良かった!

ホンマ、ジョンとポールを引き合わせたアイバン・ボーンは、ある意味、ロック界で最高の演出人と言える。

アイバン・ボーンに乾杯!って感じです。

それと、もしタイムマシンがあって過去を覗けるとしたら、やっぱりこの日の様子を見てみたいよなー。
b0054129_22463155.jpg
二人の出会いに感謝!

[PR]
by sy_rock1009 | 2006-07-06 22:50 | ザ・ビートルズ | Comments(2)
来日40周年企画かな?
何やら「教えて!あなたの“MY FIRST&FAVORITEビートルズ”」というものがあったので、やっぱビートルマニアとしては乗っからんとアカンでしょう。
来日40周年にあたる年やから、こういう企画もアリやしね。
(というか今日が来日した日だな。)

って、事で私もやってみましょう。
全部で10個の質問があるようですよ。

1.「今、この瞬間、あなたが聞きたいビートルズの曲を1曲教えてください。」というのを見て今、頭に浮かんだのは?理由不問です。

・Golden Slumbers (ABBEY ROAD)

2.あなたが覚えてる範囲で一番最初に聞いたビートルズの曲はなんですか?それにまつわるエピソードや思い出があれば、一緒にお願いします。

・Come Together (ABBEY ROAD)
5歳ぐらいの時にラジオで初めて聴いたと思う。
うんこチビるかと思うぐらい衝撃受けた!

3.あなたにとっての『ビートルズ来日40周年記念』のテーマ曲は?

・Rock And Roll Music (BEATLES FOR SALE)
日本公演でのオープニング・ナンバーなので、やっぱこれかな。

4.あなたが覚えてる範囲で、最初に買ったビートルズグッズはなんですか?(レコード、CDを含みます。)

はっきり覚えてないけど、多分、CDの「赤盤」「青盤」かな。

5.あなたのビートルズのお宝グッズがあれば紹介してください。あなたにとっての価値観でけっこうです。
 ex.希少盤、本、あなたが描いた似顔絵、はじめてもらったポスター等


持ってる物が全部お宝なんやけど、中でも「REVOLVER」のレア物レコードとジョンが着てたGジャンの限定レプリカがお宝かな。
Gジャンは良く着て出歩くけど、レコードの方はさすがに針を落として聴いた事ない。
高かったからな~。

6.あなたにとっての思い入れ曲セレクション10曲(以内なら何曲でも。1曲でも可)。その理由があれば一緒にお願いします。

・Baby It's You (PLEASE PLEASE ME)
レコーディング時は風邪気味やったようですが、それが功を奏したのか、ただでさえ艶っぽい声なのにちょっとしたザラつき感も加わって、比類なきヴォーカルを聴かせくれる。
ジョン、なんでアンタの声はそんなに色っぽいの?
・A Hard Day's Night (A HARD DAY'S NIGHT)
関西人しか分からんと思うけど私が子供の頃「突然ガバチョ!」という番組があって、その番組のオープニング・テーマがこの曲やったので思い出深い。
と言ってもこの番組で初めて聴いたわけじゃないけど。
初めて「Come Together」を聴いた時同様、うんこチビるかってぐらい衝撃を受けた。
・No Replay (BEATLES FOR SALE)
内容はストーカーチックだが、昔から大好き。
カラオケでも歌う。
・Drive My Car (RUBBER SOUL)
もう何も言うことはない。カッコよすぎ!
ギターもマネした。
・Norwegian Wood[This Bird Has Flown] (RUBBER SOUL)
実は一時期シタールを練習した事があったんだが、なぜかギターだけ左利きの私が不慣れな右で弾かんなアカンは指は激烈に痛いわで、速攻挫折。
でも、その分、思い出はあるな~。もともと曲は最高やし。
・In My Life (RUBBER SOUL)
常に”In My Life”と刻印された指輪を付けてるほど大好き。
行った事ないけど目を閉じたらリバプールの風景が浮かぶようです。
・A Day In The Life (SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND)
この曲があったからこそ、後にプログレ大好き人間に私がなってしまったと思う。
私のプログレのルーツですな。
・Glass Onion (THE BEATLES)
ジョンのヴォーカルは当然ながら、とにかくリンゴのドラムが凄すぎ!
私が21~22歳の時、ドラムセットを持っていた友達がいたので、良く叩かせてもらった。
この曲のリンゴのように叩くのは難しかったな~。
・Come Together (ABBEY ROAD)
やっぱ一番最初に聴いたので思い入れは強烈なまでにあるね。
ギターも練習したし、とにかく大好きでおます。
・Let It Be (LET IT BE)
小学校の時、音楽室に放課後入り浸ってピアノを練習した時期があったけど、それと言うのもこの曲を弾きたかったからなのだ。

と、こんな感じかな。
純粋に好きな曲となると、また違ってくるのは言うまでもないッスね。

7.あなたにとっての大好きアルバム3枚。その理由があれば一緒にお願いします。

・A HARD DAY'S NIGHT
ジョン好きならこのアルバムでしょ。
・REVOLVER
アルバムとして一番最初に聴いたのは多分コレやったと思う。
だからって訳じゃないけど大好きだな。
・ABBEY ROAD
いつ聴いても感動できるアルバムやね。
このアルバムに対しては、余計な言葉はいりませんよ。

8.これからはじめてビートルズに出会う人たち(子ども達含む)に絶対に聞いて欲しい曲は?その理由もあればお願いします。

・I Saw Her Standing There
デビュー・アルバムの1曲目で「1,2,3,4!」というポールのカウントでこの曲が始まるけど、そのカウントはビートルズそのものが始まるカウントでもあるように思うんだよね。
だから、やっぱこの曲かな。

9.4人(ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ)に一言メッセージをお願いします。

ありがとう!

これが最初に思いつく言葉ですね。
この4人がビートルズというバンドをやってくれてホンマ良かった。

10.その他、ビートルズ(&メンバー個々)に関することならなんでもご自由にどうぞ!(思い出、コンサート話等々)

まあ、簡単に言うと私にとってビートルズは生きていく上でなくてはならんもんですね。
ホンマ、私の全てと言っても良いでしょう。

以上。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-06-29 22:21 | ザ・ビートルズ | Comments(12)