カテゴリ:洋楽あれこれ( 137 )
The Police - Roxanne (Grammy Awards 2007)
またポリスの事を書いてしまいます…。

やっとこさ、この前のグラミーでのパフォーマンスを見ました。
もちろんYouTubeでね。

最近のおとなしいノリのスティングも良いけど、やっぱこっちのノリの方が良い。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-02-15 23:56 | 洋楽あれこれ
ポリス、再結成ツアー
■ポリス、再結成ツアーを発表

とりあえず今のところ今年一番の話題と言うとポリスの再結成って事になるかなーと思うんですけど、グラミーでは「Roxanne」1曲だけのパフォーマンスだったとは言え、3人が集まってる姿を見たりすると、「あ~、ホンマに再結成したんやな~!」って感じに思えて、なんとなく感慨深いものがありましたね。

と言っても、ウチにWOWOWはないので実際には「めざましテレビ」でちょこっと見ただけに過ぎないんですけどね。

それでもなかなか興奮するものがありました。

ええ、実は結構ポリスが好きなんですよね、オイラ。

でも好きやからこそ、あまり過剰に期待せず、グラミーだけの再結成かなーと思ってたし、ツアーをやってもせいぜいUK&USのツアーかと思ってたんですよねー。
その方が日本へのツアーはなしって発表されたとしても「やっぱりな!」って感じで、
多少、気持ち的に楽かなーなんて思ってたりしてたんです。

ところが何か日本にも来る気配がプンプンじゃあないですか。
こうなりゃ、やっぱ過剰に期待するだろ、オイ!

まだ正式発表をしてないのでホンマに来るかどうかも分からんし、来ると決まっても何月ぐらいかも分からんけど、これはとにかく来る事を祈って、今から期待をしたいですね。

そして来たら、もちろんライヴに行きますよ。

あっ、でも東京公演だけとかはやめてほしいなー。

当然、大阪にも来るやんな?
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-02-13 23:24 | 洋楽あれこれ
久しぶりに来たかも?
前からちょっと気になっていたバンドに、ジ・アンサーという北アイルランド出身の新人バンドがいるわけであります。
まあ、雑誌なんかでも取り上げられてるので知ってる人も多いと思うけど、よくレッド・ツェッペリンと比較されたりするぐらい凄い新人バンドってな感じに、なかなかに評判がよろしいようなので、ZEPをこよなく愛する私としましては聴かないわけにはイカンでしょう!

b0054129_2203428.jpgって事で、今日、いつも行くCD屋さんにて遅ればせながら購入しましたよ。

ジ・アンサーのデビュー・アルバム「RISE」です。

ハッキリ言ってZEPと比べるなんてどうかなー?という程度で、あんまり過剰に期待をせずに買ったわけですけど、こりゃまた聴いてビックリ!
予想以上に良かった。

というか、めちゃくちゃ良い!

正直、こんなにカッコええ~と唸るほどのハード・ロックを聴いたのは久しぶりです。
それぐらい興奮しました。
もう、左まぶたの「眼輪筋」がピグピグしっぱなしです!

確かにZEPと比べるのは分かる感じで、めちゃ大雑把に説明したら初期のZEPを今風にしてみましたって感じのサウンドになってはいるけど、だからと言ってただ単にZEPやその他のハード・ロックからの影響を受けましたよー!ってだけのサウンドではない、ジ・アンサーなりの表現が見えるところが、私的になかなかのスゴ味があるなーと感じました。
それに演奏能力やすべての水準も新人とは思えん完成度があるしね。

これは久しぶりに新たなロックの波がジ・アンサーをきっかけにやって来るかもしれませんゾ。

そう思わずにはいられんぐらい、とにかくカッコイイ、ハード・ロック・バンドが来ましたね。
今からすでに次のアルバムに期待します。

まあ、だからと言ってZEPを超えられるかという話になったとしても、それだけはないと言えるでしょうけどね。
ZEPのようなビッグバン級のインパクトを与えるバンドは永久に出てこないでしょう。

でも、ジ・アンサーも良い事は間違いないけどね。

って事で、とりあえず「Under The Sky」でも貼っておきます。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-02-12 22:49 | 洋楽あれこれ
兄貴アンソロジーをようやく購入!
今日、ようやく買いました!

b0054129_22122818.jpgポール・ウェラーの今までの全キャリアのシングルを網羅したボックス・セット「HIT PARADE」を。
ホンマはすぐにでも買いに行きたかったんやけど、忙しくもあり、出てた事を忘れてた事もありで、遅ればせながら本日の購入となりました。

このアンソロジー・ボックス・セットの事は前にも書いたけど
4CDボックスとなってるもので、他にも60ページのブックレットなんかもある、ファンなら最高のコレクターズ・アイテムとして必須なボックス・セットではあるけど、これから兄貴の音楽を聴こうという人にもこのボックス・セット一つで事足りる物でもありますよ。

とにかくなかなかの代物であります。

まあ”HIT PARADE”というタイトルがちょっとダサい気もするし、今までのシングル・コレクションを集めたクセに全部の曲がシングル・バージョンでなく、アルバム・バージョンのものが入っていたりと細かく見るとまとまりはないけども、表カバーの勇ましく、そしてカッコ良い兄貴の姿を見ると、そんな事はどうでも良いような気がしますよ。

とにかくファンはもちろん、これからって人にもお薦めのボックス・セットであります。
値段も4,200円とかなりお得だと思いますよ。

ブックレットの最初の行に”ポール・ウェラーは、「チェンジングマン」であり続ける”という言葉が書かれてますけど、まさにその通りやなーと思うね。

兄貴の歴史は変化の歴史です。
そしてオイラはその兄貴流の変化が大好きなのでございます。

やっぱポール・ウェラー最高ー!
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-01-03 22:47 | 洋楽あれこれ
Billy Joel In Concert 2006
行ってきましたよ、ビリー・ジョエルのコンサートに!
11年ぶりの単独来日公演、堪能してきましたー。
座席も前から6番目のほぼ真ん中という、チビッてしまう所でバッチリ堪能できました。

声は11年前に比べて落ちてるかなーと心配してたけど、いらぬお世話で、いつもと変わらぬ声で、やっぱこの人はムチャクチャ歌が上手いなーと関心しまくりでしたよ、私は。
確かに多少は声量は弱まってるかも知れんけど、そんなに気になる程じゃあなかったね。

やっぱ、ビリー・ジョエル、最高ー!

セット・リストの方も東京とだいたい同じで、有名曲からコアなファンなら「おっ!」と思わせるマニアックな曲まで披露してましたけど、大阪ではファースト・アルバムに収録されてる「Everybody Loves You Now」なんていう渋すぎるマニアックな曲も演奏してたのは、個人的にこれまたかなりチビりそうになったよ。

かわりに11年前の時には聴けた私の好きな「GoodNight Saigon」なんかの曲は聴けなかったけども、まあ一度は聴いてるし、何より新しく聴けた曲が結構あったので、とにかく最高でした。

その11年前と言えばこちらも私の好きな「Movin' Out」は聴けなかったけど、今回は念願かなってそれも聴けたのでめちゃめちゃ良かった。
やっぱこの曲カッコええな~!
というか、ビリー・ジョエルの曲はどれも好きなんですけどね。

MCもおもろかったし、相変わらずの「I Go To Extremes」でのピアノのケツ弾きも今回も見れたし、ごっつい満足です。

キチンとしたセット・リストの方は後日に書こうかなと思うけど(と言いながら書かないかも知れない)、ホンマ、今日は良い一日になりました。

今の私は”ごちそうさま!”という気分でございます。

あっ、そういえば今回の来日公演がスカパーのフジテレビ721で放送されるみたいですね。
11月30日の東京公演でのライヴを放送するみたいですけど、見逃した人は今から要チェックです。
ただ、放送が来年の4月なんで、ちょっと気の長い話やけども…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-12-06 23:55 | 洋楽あれこれ
没後15年
b0054129_22401056.jpgフレディが亡くなって、もう15年も経ってしまったんですねー。
しかも今年は生誕60年という、何かと区切りの年であったりするんですね。

フレディが亡くなった時、私は高校3年生。
正直、80年代以降のクイーンには全く興味がなくなっていた私なんですけど、それまでの70年代のクイーンは大好きだったので、やっぱりショックでしたねー。

唯一無二のヴォーカリストっていっぱいいるとは思うけど、フレディの場合はそれと同時に、唯一無二のエンターテイナーでもありました。

今更ながら残念です。

だからと言って、やっぱ80年代以降のアルバムは聴く気になれんのやけどね。
私の中でのクイーンは「JAZZ」で止まってます。
ギリで「THE GAME」までかな。
ってか、私的に「JAZZ」が一番好きなアルバムという時点で、ちょっと変な感じやし、熱心なクイーン・ファンでないのが分かってしまう感じではあるけども、それでもフレディが亡くなったのはやっぱ今でも残念です。

とにかく合掌であります。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-11-24 23:06 | 洋楽あれこれ
洋楽アルバム、ジャケット戦争!
YouTubeにこんなのがありましたが、これって今結構な人気があるんでしょうか?

洋楽アルバムのジャケットで、こんな動画を作った人がおるようですけど、なかなかおもろかったですよ。
ネタにされてるジャケットが分かれば分かる人ほど、おもろさは増すとは思うけど、そうでない人でもそれなりに良いかも?

メタリカの「MASTER OF PUPPETS」のシメも良いけど、それ以上に途中でのオジーの暴れっぷりがなかなか良かった。

ちょっと重いかも知れんけど、興味あれば見てやって下さい。
皆さんはどれぐらいのジャケットが分かって、実際にこの内のどれぐらいのアルバムを聴いたかな?
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-11-09 23:23 | 洋楽あれこれ
音楽バトンを受け取りました。
以前に”MUSICAL BATON”というのが回ってきて、音楽に関するいくつかの質問に答えましたけど、それから何個か別ジャンルのバトンを受け取った事があります。
”お酒”とか”映画”とかのね。

で、久しぶりにPLANET LULU GALAXY!のルルさんから2度目となる音楽バトンを受け取りましたので、お答えしようと思います。

って事で”音楽バトン”なのだ。

1. 初めて好きになったアーティストは?
イーグルス。
この事は前に書いたけども、右も左も分からん4歳のガキんちょにまで衝撃を与えることが出来た偉大すぎるバンドでございます。
b0054129_0244241.jpg

2.初めて買ったCDは?
b0054129_025532.jpgはい、またまたイーグルスですけど、やっぱコレですね。
「HOTEL CALIFORNIA」です。
今じゃ、このアルバムだけでレコードも含め7枚もあります。

どこまで好きやねん!



3.今持っているCDの枚数は?
聴いた数となると異様に多いけども、持ってる数となると意外と少ないです。
約600枚ぐらいしかありません。

4.今、一番好きなアーティストは?
今というか、常に一番なのがビートルズ。
永遠に一番好きなアーティストです。

あと、やっぱりジョン・レノンと。

5.一番最近、買ったCDは?
b0054129_0255516.jpgえ~っと、エミリー・シモンの「VEGETAL」ですね。
見た目も良いけど、声が最高にカワイイ。






6.普段言わないけど実は好きなアーティストは?
いっぱいあるけど、とりあえずアース・ウィンド&ファイアー。
実はかなり好き。

7.解散して残念だなぁ~って思うアーティストは?
う~ん、特にないかな?
ちょっと前までやったらクーラ・シェイカーなんやけど、再結成したので特にない感じ。

ああ、でも正式には解散してないけども、ほとんど解散状態とも言えるピンク・フロイドが
一番残念かなーと思うな。

8.初めに思いつく一人のアーティストは?
ジョン・レノン。
この人しかいません!
b0054129_0263775.jpg

9.初めに思いつく二人のアーティストは?(二人組ということだと思う。)
サイモン&ガーファンクル。
b0054129_027472.jpg
6の質問にもあるけど、普段はあんまり言わんけど、実は大好きだったりします。

10.初めに思いつく3ピースのアーティストは?
やっぱクリームかな。
b0054129_0272673.jpg
ジャムやポリス、なぜかトンプソン・ツインズなんかも思い浮かんだりしたけどね。

あー、でもジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスもアリやなー。

11.初めに思いつく4人バンドのアーティストは?
当然、ビートルズですね。
b0054129_0275743.jpg

12.初めに思いつく5人バンドのアーティストは?
ブライアン・ジョーンズ時代のローリング・ストーンズ。
b0054129_0282058.jpg

13.好きなサウンドトラックは?
ベタやけど「イージー・ライダー」
あと「アメリカン・ビューティー」「アイ・アム・サム」も良い感じ。
b0054129_0295535.jpg

14.最近一番よく聴いている曲は?
b0054129_030168.jpgなぜかメタリカのブラック・アルバムを最近は良く聴いてましたね。
「Enter Sandman」はやっぱ何回聴いてもカッチョイイ。

あとはレッチリの「Dani California」かな。



15.音楽聴くときに使っているプレイヤーは?
外出時はiPod shuffleでサクッと聴いて、家で聴く時はかなりお古のコンポで聴く。
ただ、お古すぎてディスク・トレイがぶっ壊れてるので、ディスクを回すのはPS2です。
パソコンではあんまり聴かないかな。

16.好きな名前のアルバムorシングルは?
アルバム名はピンク・フロイドの「ATOM HEART MOTHER」…というより、邦題の
「原子心母」が好きかな。
このベスト・オブ・直訳っぷりが。

シングルというか、曲そのもので好きな名前となると、すぐに思いついたのがジャニス・
ジョプリンの「Buried Alive in the Blues」ですかね。
「生きながらブルースに葬られて」とは、何とも言えないじゃないですか。

17.今までで一番気になるアーティストは?
これも4の答えとかぶるけど、ビートルズやなー。
それとジョン・レノン。
常に気になるし、常に聴きたくなる。
もう、病気…。

18.今までに一番聴いたアルバムは?
やっぱイーグルスの「HOTEL CALIFORNIA」やろなー。

19.一番好きな曲は?
しつこいようやけども、これもやっぱり「Hotel California」かなー。
何と言っても私のルーツですからねー。
でも、他にもいっぱいあるけどね。

20.バトンを廻す音楽好き5人
まあ、お好きな方はやってみて下さい。

とまあ、こんな感じかな。
何かビートルズとイーグルスばっかりでしたな。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-11-01 00:34 | 洋楽あれこれ
レッチリ、入荷しました。
b0054129_2035935.jpgアルバムが発売してから約半年近く経ってしまいましたが、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの2枚組のニュー・アルバム「STADIUM ARCADIUM」を、ようやくではありますが手にしました。

映画「デスノート」の影響もあってテレビなんかでもバンバン流れてる「Dani California」はレッチリらしい曲で良いなーと思ってたけども、実はあんまりアルバムとしては期待してなかったんですよね。

ってのも、2枚組って事で大味になってそうな気がしたし、前作が個人的にはちょっと微妙な印象やったんで、それほど大きな期待はしてませんでした。

「CALIFORNICATION」は、すごく…ベリッシモ(とても)いいアルバムやったけどね。

それはともかく何回かアルバムを聴いてみましたけど、思ったよりは良い感じ。
ちょっと、なかだるみしてしまうところもあるけど、なかなか良い曲があるね。
個人的に2枚目の方に良い曲が目立ったが、1枚目もレッチリ特有のハネるリズム・セクションが随所にあって最高です。
やっぱフリーのベースはカッコええなー。

1、2回聴いただけじゃ良さが分かりにくいアルバムやけど、繰り返し聴いていくと段々と良くなって行きそうなアルバムだと思うので、これからもっとじっくり聴いてみようかなと思います。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-10-29 21:24 | 洋楽あれこれ
キャロル・キング「Bitter With The Sweet」
CAROLE KING / Bitter With The Sweet
キャロル・キング / 喜びは悲しみの後に


Sometimes I'm tired and I wonder
what's so all-fired important
About being someplace at sometime
Oh, but I don't really mind
Cause I could be on Easy Street,
and I know that
You've got to take the bitter with the sweet

I guess it gets to everyone,
you think you're not having any fun
And you wonder what you're doing
playing the games you play
Hey, well, it's true what they say
If you want to feel complete,
don't you know that
You've got to take the bitter with the sweet

A friend of mine once told me
And I know he knows all about feelin' down
He said everything good in life
you've got to pay for
But feelin' good is waht you're
paving the way for

So, don't let it get you down, my friend,
though it seems the blues will never end
On this you can depend, they always do
And I can tell you that it's true,
it's a feeling that can't be beat
And you've got to do it
You've got to take the bitter with the sweet


なにもかも放り出したくなることがあるの
決められた時間に決められた場所へ行く
そんなことがバカバカしくなったりして…
でも私はヤケをおこしてはいない
私より恵まれていない人達に申し訳ないから
どんなにつらくても 微笑みを棄てたらおしまいだから

生きることがつまらない
笑ったり泣いたりの
人生ゲームがむなしい
誰にもそんな時はあるものだと思う
よく言われることだけれど
本当だなと思う言葉があるの
”喜びは悲しみの後にやってくる”

ずいぶん苦労した私の友達に なぐさめられたことがあるの
彼は私にこう言った
幸せは待っていてもやって来ないのさ
明るい心で生きること これが道を開くカギなのさ

愛する友よ つらくてもくじけないで
笑顔さえ忘れなければ
良い日はきっとやって来てくれる
約束するわ
明るい心に勝るものはないの
負けてはならないの
どんなにつらくても微笑みを棄てないで


大好きなキャロル・キングの曲に「Bitter With The Sweet」というものがありますけど、この曲の歌詞が昔からお気に入りです。
曲を聴く時にあんまり歌詞は重要視しない私ですけども、なんとなく好き。
ホンマ、シンプルでグッと来る曲を書くなー、キャロル・キングって。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-10-25 00:20 | 洋楽あれこれ