カテゴリ:なんでも日記( 87 )
HOW TO USAUSA
いつか忘れたけど、何かのテレビで”うさうさ占い”ってのを紹介してたように思うけど、その時、私は番組を途中から見たのでハッキリと内容までは分からんかったんですよねー。

とりあえず「また、新手の性格診断か~?」という程度に思ってスルーしておりました。

そしたらコチラの方で、その”うさうさ占い”とやらが出来る事を今更ながらに知ったので、気休めに私もやってみました。

私の場合、手を組んだ時は左の親指が下、腕を組んだ時は右腕が下という事なので
”さう男”という事のようです。

その診断の内容ですけど…。

【性格】「ドライで柔軟なあやつり師」

b0054129_22283758.jpgインプットを左脳、アウトプットを右脳で行う「さう」は、状況を客観的かつ正確に把握して結論を出した上で、相手の感情に響くやり方で訴えかけます。ものごとを裏の裏の意味まで探って分析し、相手の状況を見切った上で言葉巧みに誘導するコミュニケーション能力の高い策士です。
冷静にバランスよく納得しやすい解決を導き出すことで、人に意見を求められることが多く、一目置かれる存在です。人当りはソフトですが、つねに適度な距離を見定めた大人のつきあいをします。その距離感をドライで冷たいと感じる人もいるでしょう。人間関係に角を立てることが嫌いで、イザコザが起こったりすると両方の顔をうまく立てて丸くことをおさめるのが上手。ある意味小心者でもあります。自分の趣味や目的の達成のためには努力を惜しまず研究熱心なので、物知りで頭がいい印象を与えます。オタクの素質も備えています。ムダな努力もしない効率主義者なので、無理と感じたらあきらめも早く、無難な線で決着をつけようとします。それを物足りないと感じる相手もいるでしょう。


と、こんな感じでした。

何か合ってるのかどうかイマイチ分からんけど、前半はともかく後半は結構合ってるような気がするかな?

それよりもこのイラストが何かイヤ!
と思って他のも見てみたけど、軒並み気持ち悪いイラストでした。

まあ、合ってるかどうかだとか、変なイラストだとかはともかくとして、話のネタ程度に暇ならやってみても良いかもです。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-11-27 22:47 | なんでも日記
YouTubeってスゲーなー。
本人には全くの無許可やけども、まあ、ええかな!って事で書いておりますが、とある掲示板内のYouTube動画板にて、私の友達と言うか知り合いが登場していました。

何かこんな感じで見かけるってのは、かなり変な心境ではあるけど、まあ、冷静に考えたらYouTubeでこの子を見かけても全然不思議じゃないなーとも思ったりする。

ってのも、この子は愛内里菜とか三枝夕夏(共にどんな歌を歌ってるのか当然オイラは知らん!)とかのバック・コーラスを担当してて、毎週木曜日に大阪の某所にあるライヴハウスにそれらの人のコーラスでステージに上がってるという、局地的に名の知れた存在だったりします。

だからYouTubeにあっても、まあ不思議ではないのかも?

にしても全部で4つぐらい動画があったから、やっぱYouTubeってスゲーなー。
と同時にあの子も人気あるんやなーと思ったよ。
局地的ではあるけど…。

あっ、でも、愛内里菜のツアーにも一緒に参加しててDVDにもなってたと思うので、意外と局地的ではないのかも知れんなー。

とにかく機会があってその大阪某所のライヴハウスに行くときは、コーラスの岡崎雪さんにも注目してやって下さい。
ちなみに彼女もビートルズの大ファンです。

という事で、掲示板に貼られてた動画をウチでも貼ってみました。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-11-23 22:21 | なんでも日記
気付けば2周年
今、気がついたんですけど、2日前にこのブログも2周年を迎えていたようです。
すっかり忘れてました。

それはそうとよく2年もやってきたなーと自分で思うね。
すぐ飽きるやろなーとやり始めたときは思ってたけど、まだ続けてるところを見ると、結構こういうのが好きなのかも知れません。

だからと言ってやっぱり毎日マメに更新出来ませんけど、まあ、これからもよろしくってコトでお願いします。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-10-31 21:16 | なんでも日記
マドンナ、サイコーでした!
今日は待ちに待ったマドンナのライヴをいつもの如く姉ちゃんといってきましたー。
そんでさっき帰ってきて、なかなかに疲れたけど、めちゃ楽しかったです。
最高のライヴでもあるけど、最高のショーって方が正しい感じの、そんな内容でしたね。

とにかく最高でしたよ。
今まで多くのライヴを見に行ったけど、かなり上位にランクされるものです。
私的ランクですけどね…。

ただ、始まるまでは結構ヒヤヒヤで、何がヒヤヒヤって、姉ちゃんのお腹の調子が激烈に悪くて、ドームに着いてからもトイレに行きまくりで、あんなに楽しみにしてたのに、テンション低くて、かなりやさぐれた感じでした。
でも、17時半予定が1時間遅れの18時半に始まってくれたおかげで、それまでになんとかなったようです。
もし、時間通りに始まってたら、ライヴ中にトイレに駆け込む(それも数回)って事になってたので、ある意味、1時間も遅れてくれて助かった。

内容の方はこれから行くって人がもし読んでしまうと楽しくなくなってしまうかも知れないので内緒にしておきますが(と言っても情報がテレビなんかでもバンバンに流れてるけど…)、初めての生マドンナを見れて興奮ですよ。

ホンマ、あんな48歳はおらん!
マドンナに比べたら、他のどんな女性アーティストも子供同然やわ。
何ていうか、最高のアーティスト、最高のエンターテイナーってのも当然やけど、それ以上に最高の芸人でしたね。

念願のマドンナが見れて、今日は実に良い一日でした。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-09-17 23:37 | なんでも日記
チケットが来ましたよ!
昨日の事やけども、ついに12月6日のビリー・ジョエルのコンサート・チケットが届きました。

7月に申し込んでからようやく届いたわけですが、席の方がアリーナの6列目という、なかなか…じゃなくて、かなり良いのもので、今からすでにテンション激上がりです。

やったね、オイラ!

今までで一番良い席を取れたっていうのは、ボン・ジョヴィとエルトン・ジョンの3列目ド真ん中ってのが最高だったんですけど、実は列だけでいくとイーグルスの2列目ってのが、これまでの自己最高記録だったんですよね。
ただ、イーグルスはちょっと端の方やったんで、やっぱポジション的に考えるとボン・ジョヴィとエルトン・ジョンが一番良い席でしたよ。

エルトンはピアノを弾きながらやったんで、ステージの前に来る事はなかったけど、ジョン・ボン・ジョヴィの方は前のめりになるように自分の目の前で歌ってたので、この時はかなりの興奮度でした。
誰だって目と鼻の先にジョンがおるってシチュエーションは興奮するハズ!
もちろんエルトンの方も派手さはなかったけど、かなり良いライヴでしたよ。

で、今回のビリー・ジョエルのアリーナ6列目。
密かに自己最高のアリーナ1列目っていうのを期待してたけど、さすがにそれは無理やったね。

でも、良い。
全然、良い!
これで不満なんかあるハズない。
しかも番号を見ると、どうも真ん中付近っぽいので、ますます”やったね、オイラ!”状態です。

11年前はスタンドでのビリー・ジョエル体験やったけども、それでもメッチャ良かったから、それを思うとこの良い席で聴くビリー・ジョエルってのは……考えただけで興奮もの!

もう、とにかく12月6日が楽しみです。

でも、その前にまずは来週のマドンナだな。
こっちもメチャメチャ楽しみですよ!
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-09-09 21:32 | なんでも日記
行きます、マドンナ!
9月17日に行われる大阪ドームでの…じゃなくて、京セラドーム大阪でのマドンナのライヴ・チケットを今日取りました!

チケットぴあに朝8時ぐらいから姉ちゃんに並んでもらって、なんとか取れましたよ。
前回の分はすぐにチケットが完売になったから、今回もどうなるかと思ったけど、意外とすんなり取れて、席も良くないとはいえアリーナが取れました。
先行予約とかじゃなくて一般販売での購入やったから、チケットが残っててもスタンドやろうなーと思ってただけに、ちょっと意外でした。
まあ、結構としては全然良かったけども。

というか、店頭前で並んでた人の中でマドンナのチケット目的やったんがウチら姉弟だけで、あとはほとんどオレンジレンジという事が判明。
しかも立ち見席も無くなるかという、並んでる人にとってはかなり「うそ~ん?」な状況で、なんとなく姉弟とも嫌な気分になる。

まあ、それはともかく、これでようやくウチら姉弟が昔からの念願であったマドンナのライヴに行けそうなんで、今からメチャ楽しみですよ。
これを逃すとどうなるか分からんもんね!

ってか、お前等また一緒に行くんかよ!って思われそうですな…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-05 22:25 | なんでも日記
やりおるわい、TBSの奴め!
試合終了後、TBSに抗議の電話がバンバンらしいですね。
って、そりゃ、そうやろ!

何なんスか、今日のランダエタ×亀田興毅のボクシング世界戦は?
三流芝居の喜劇でも見せられたかのような、笑いたくても笑えないもんでしたな。

おいら、基本的に格闘技は好きじゃなく、K-1とかPRIDEといったものは全くと言って良いほど興味ないんやけど、昔からボクシングだけは大好きで、世界戦は絶対見るし、暇な時はこれからっていう、まだ下のランカーの選手の試合も見たりするぐらい好きなんだよねー。

そんな私の好きなボクシングがバカにされましたな。
こんな事してたらアカンわ…。

それと彼等が昔に所属してたグリーンツダってジムの現在の会長は私と友達やって、高校時代よくゲーセンに遊びに行ってたりした仲なんだが、アイツは今頃どう思ってるやろなー。
多分、ごっつ腹立ってるか、それ以上に呆れてるんやろなー。

色々、あの親子のせいで苦労したもんなー。
特にあの親父は…。

うちの姉ちゃんもボクササイズの事でジムに行った時、有り得んぐらいガラの悪い亀田父に「なんやねん、このおっさん!」と思ったようだが、そらアレ見たら誰でも思うわな。

とにかくボクシングを愛する者として、そして、同じ大阪人として恥ずかしいです。

トホホ…
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-02 23:59 | なんでも日記
やっぱ行くことにしました。
実はめちゃめちゃビリー・ジョエルが好きな私。
アルバムはもちろん全部持ってるし、ライヴも行ったことがある。
エルトン・ジョンとのジョイント・ツアーにも行きました。

とにかく私はビリー・ジョエルがめちゃめちゃ好きなんです。

そして、そのビリ-・ジョエルが11年ぶりの単独来日公演を今年に行う。
11年前の大阪公演はちょうど震災が起こった当日で、なんとか2日後に順延されてコンサートが行われたという、あの日以来の来日公演。

なので、かなり思い出深いコンサートでした。

で、そんだけ好きなんやから当然今回も問答無用で行くんやろなーと思わせといて、実は行くか行くまいか迷ってました。
先週に先行予約の案内が来て、ずっと迷ってたんだよね。
色々とあって…。

でもな~、何か集大成とも言えるコンサートっぽいし、それよりもひょっとしたら今回が最後の来日公演かもと思い始めたら、やっぱ参加しなアカンと思ったのだよ。

という事で結局、何だかんだ書きましたがチケット申し込みました!
いやー、大阪は12月6日とかなり先で、当然今からどういう予定になるか分からんけど、これを行かんかったら一生後悔しそうやったんで、やっぱ申し込んどいて良かったな。

11年前と比べて随分、髪の毛が寂しくなったし、アルコール問題とか色々あったけど、それでもこの人の曲も歌声も最高です。

大阪城ホールならもっと楽しみやったけど、まあ、しゃーないな。
とにかく今から12月6日が楽しみだ!
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-07-26 21:18 | なんでも日記
「UDO MUSIC FESTIVAL 2006」の感想
昨日の「UDO MUSIC FESTIVAL 2006」の余韻がまだ残ってる私ですけど、とりあえずどんな感じだったのかってのを簡単に報告いたしまする。
ちなみに私たち姉弟はバディ・ガイからの参加となりました。

って、事でだいたいこんな感じです。

- バディ・ガイ -

予定の11時25分から少し遅れて颯爽と登場。
ライヴ時間は短めやったけども、めちゃめちゃカッコよかった。
というか70歳であんなシャウトかませるんなんて素晴らしい!
その事だけでも凄いのに、相変わらずギターもカッコイイし、姉ちゃんと二人で興奮。
当たり前やけど、このブルーズ・マンはただもんじゃないね
ビールを飲みながら堪能させてもらいましたよ。

確かマディ・ウォーターズの「Hoochie Coochie Man」もやってたような気がしたけど、バディ・ガイらしさが出てて良かった。
この曲のカッコよさは不変です。

- ヌーノ・ベッテンコート -

サンタナやジェフ・ベックも見たかった。
でも、私はこの人もそれらの人と同じぐらい見たかったし楽しみにしてたんだよねー。
そして登場したヌーノ。

もう、カッコよすぎ!

ふちが白いデカいサングラスをかけ、トレードマークのワッシュバーンのギターを下げて出てきた姿は感動もんです。
この瞬間だけでも1万3000円は安いと思ってしまった。

でも、内容も良かったよー。
それに客が盛り上がってたからヌーノも気分良かったのか、なかなか激しいパフォーマンスをやってたし、楽しかったね。
2曲目の「Monkey Paw」に入る前にサングラスをポーンと投げたり、最後にはギターもぶんぶん振り回してたし、それに良く喋ってたし、ヌーノも楽しそうでした。

そんな楽しそうなヌーノを見れて幸せ…。

で、3曲目「Megaton」、4曲目の「Something About You」とドラマゴッズの曲がかなりカッコよくて、めちゃライヴ受けする感じ。
しかし、ライヴ受けとなるとエクストリームの「Get The Funk Out」が上を行く。
とにかくこの時、盛り上がりまくりでした。
もちろん私も。
それよりも「Something About You」”Hey you,yeah you ~”って歌詞があるんだが、そのパートをヌーノは右手で前を指差しながら歌ってたけど、明らかに私を指差しながら歌ってましたね(バカ発言でスマヌ…)。
だって、間違いなく目も合ったし。
ふぅ~、おいらが女性なら危うくそれだけで妊娠してしまうところだったぜ。
アブナイ、アブナイ…。
姉ちゃんにこの事を言ったら「それ絶対に気のせい!」って言われたけどね。
まあ、私も気のせいと思うけど、そう思いたいこのファン心理。

とにかく全部で10曲というセット・リストながら楽しい約1時間でした。
これを読んで羨ましがってる人がいるやろうなー。
ねぇ、peach-jさん?

- ザ・プリテンダーズ -

ロック姉ちゃん、クリッシー・ハインドはやっぱりロック姉ちゃんでした。
スタイルも良くてカッコよかったね。
それとクリッシー・ハインドはどの曲の終わりでも丁寧にあいさつしてたのが私的にかなり好感を持った。
プリテンダーズのライヴは初めてで知らんかっただけに余計そう思ったね。

曲はオリジナルに忠実に再現するタイプで、CDを聴いてるようでしたよ。
やっぱり「Back On The Chain Gang」「Don't Get Me Wrong」あたりは特に盛り上がる。

ちょっとクリッシー・ハインドに惚れたかも知れん。

- Char -

ドゥービーが始まるまでの短い時間やったけど、Charも堪能できました。
なんなんだよ、このオッサン。
めちゃめちゃカッコイイじゃあねーか!

こんなロック親父になりたい!
その一言です。

また、遊び心も最高でした。
「OSAMPO」では途中”雨ガ降ロウガ、ヤリガ降ロウガ”って歌詞に続いて”ジェフ・ベックが来ようが、サンタナが来ようが~~~OSAMPO”ってなったり、楽しかったね。
MCもおもろかったし。

でもね、一番の遊び心と言えば「え~、続きましては…」と何やら改まりながら切り出して演奏した曲なんだよね。
だって、その演奏した曲ってのがサンタナの「Black Magic Woman」なんやもん。
もう、これには会場で笑いがもれた。
しかも、気持ち悪いぐらいオリジナルに忠実に演奏してたし、”Gypsy Queen”にキッチリと繋げる念の入れよう。
これには当然の盛り上がりでしたね。

でも、この時にドゥービーが始まり、泣く泣くCharとお別れ…。
それでも楽しかった。

- ザ・ドゥービー・ブラザーズ -

とにかくドゥービーの時の盛り上がり方は凄かった。
でも、当然やなー。
それぐらいの演奏力はあるし、歌も上手いし、有名曲も多いし、何より長年やってきてるだけあって、ライヴがどんなもんかってもんを知り尽くしてるもんな。
2曲目か3曲目かハッキリ覚えてないけど、「Jesus Is Just Alright」あたりから最後まで凄い盛り上がり方やった。
ワイン飲みながら踊り狂ってる親父がいたり、曲に合わせて必死でエア・ドラムに励む兄ちゃんがいたり、おまけにそれ以上のエア・ギター、エア・ベース、エア・キーボード、あげくにエア・ヴァイオリンまでを一人で興ずる小太りの兄ちゃんがいたりで、まわりを見てるのも楽しかった。

最後の「Long Train Runnin'」からアンコールを挟んでの「China Grove」、そして「Listen To Music」という締めは感動もんでしたなー。

あと、途中で隣のステージから「Smoky」が流れたので、ダッシュでまたCharの元に行き、それを聴き終わったら、またダッシュでドゥービーの元へ戻ると言う、かなり忙しい事になったが、それでも「Smoky」も聴けて良かった。
ホンマ、この時間帯は両方のステージが充実しすぎで、ある意味困ったもんでした。

それと、最後「Listen To Music」の時にステージにピンクの服を着た女の子がいたけど、あれは誰だったんでしょう?

- ジェフ・ベック -

実はここまでほとんど雨が降らんかって、「天気予報ハズれたかな?ラッキー」と思ってたけど、ベックが始まる少し前から強い雨が降り出す。
「ウギャーー!助けてぇ、キン肉マァーーン!!」と心の中で絶叫したが、これは最初から分かってた事やから切り替えてベックに集中する事にする。

そして黒のタンクトップを着てジェフ・ベック登場ーー!

どうしよ、ほんの数メートル先にベックがいるんですよ。
こ、興奮です。

そしてプレイも興奮もの。
というか、相変わらずコピー不可能なまでのギターが凄すぎ!
余計なMCもなく黙々とギターを弾く姿は、まさに孤高のギター・ヒーローって感じでした。
最後はしっとりジャズのスタンダード「Over The Rainbow」で締めくくる。

- サンタナ -

相変わらず雨が降ってるなか、若干セッティングに時間がかかり、出てくるのが遅れる。
というかサンタナのライヴが終わるまで雨は降りっぱなしでした。
そのクセ、ライヴが終わるとほぼ同時に雨やむし。
まあ、ええけど。

とにかく予定よりちょっと遅れてサンタナ登場。
前から6、7列目ぐらいの間近で見るサンタナは最高でしたよ。
当然、みんな盛り上がってたし、十分にラテン・ロックを堪能してきました。
なぜか本日、2度目となる「Black Magic Woman」も唸る出来でしたね。
「Smooth」のギターはやっぱりカッコよかったし。
って、どの曲でもカッコイイ、ギターでしたけどね。
泣きのチョーキングを聴けて感動です。
あと、パフォーマンス的にも良く、サンタナも良く踊ってたし、色々と喋ってたりと、こちらも結構ノリが良かった。
ブッシュ大統領の文句を言ったりで、面白味もあったしね。

とにかく、さすがサンタナといえるもので、全ての曲がカッコよかった。
もう、わしゃ満足じゃ。
他にも言いたい事はあるけど、キリがないのでこのへんにしときます。

ホンマ、ハードやったけど、楽しい一日でした。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-07-24 21:05 | なんでも日記
純粋に楽しかったよ!
行ってきました「UDO MUSIC FESTIVAL 2006」
長丁場なんでめっちゃ疲れるかなーと思ったけど、それほどの疲れもなく、途中から強い雨が降ったりもしたけど、かなり楽しめましたよ。

やっぱ好きな事になると、より元気になってしまうようです。

いやー、しかし凄いボリュームやったなー。
そこんところは、また明日にでも書こうかな。

やっぱり、何だかんだ言って、疲れてますな…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-07-23 23:49 | なんでも日記