世界で一番リッケンバッカーの似合う男
今日はジョンの命日です。

ああ、一目でも良いから見たかったぜ。
リッケンバッカーを抱えてロックしてるジョンの生の姿を…。
b0054129_0451782.jpg

本当の写真はもっと大きくてカッコ良いジョンの姿を見れますけど、それにして絵になるぜ。

まあ、ジョンが持てばリッケンバッカーだろうが、エピフォン・カジノだろうが、ギブソンJ-160Eだろうが、フェンダーのストラトキャスターやテレキャスターだろうが、アコースティックの定番であるマーティンD-28だろうが、初めて手に入れたギャロトーン・チャンピオンだろうが、何でも絵になるんやけどね。

つまり、ジョンなら何をやってもカッコよく決まるってトコですな。
そして、ジョンのそのカッコ良さは永遠ですよ。

あっ、永遠で思い出したけど、最近「永遠のジョン・レノン 愛と平和と音楽にかけた男」って本を読みました。
なかなか良かったので、ファンなら読んでみてもいいかと。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-12-08 00:50 | ザ・ビートルズ
<< EXTREME - TAKE ... 村の生活日記(その1) >>