「奪われた刻印」を奪い返してみた
この一週間ほど、DSで発売された「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」をずっとプレイしていました。

探索型アクションのドラキュラは結構好きで、DSの過去2作もプレイして面白かったけど、今回もなかなか良かったように思います。
というか夢中でやってしまいました。

でも、このシリーズはアイテムとかモンスター図鑑とかコンプリートするのは大変なんで、いくら面白くても個人的にはそこまでやり込む事はないんですけどね。

今回もノーマルモード1周、ハードモードLV50を1周しただけ。

それでも村人のクエストを全部済ませたり、グリフも全部集めたり、全部のボス戦をノーダメージクリアしたりと、アイテム・コンプリート以外はやったつもり。

あっ!

と言いながらボスラッシュもまだやってなかった…。

まあ、とりあえずやってない事はまだ多いけど楽しかったですよ。

今回は武器(グリフ)が両手持ちになってるのが特徴で、そのせいで攻撃力が増して、いままでのよりガシガシ攻撃出来るようになってるのが、やってて楽しかったかな。
でもその分、敵もちょっとカタイ気がしたので、難易度としてはちょっと高めなのかも?

まあ、個人的にはこのシリーズを良くやってるので、あんまり難易度が高いとは思わんかったけど、初めてやる人には高いと感じるかも。
それでもアクション好きなら楽しめる出来だとも思うけどね。

他にも意外とグラフィックが綺麗やったり、所々でドラキュラらしいカッコイイ音楽があったりと、全体的に楽しめて満足な出来でしたよ。
余計なタッチパネルでの操作がないのも良い感じでした。

と言いながら、それでも若干の不満はあったりするけどね。

個人的に気になったのはグリフパレットの切り替えがやりにくかった。
パレットは3個あるんやけど、それらを切り替えるのがAボタンを押しながらLボタンかRボタンを押して切り替えるってのが、地味に面倒。
ボス戦の切羽詰った場面で、とっさにこの操作でパレットを切り替えていくのはなかなか難儀でありましたよ。
Aボタンを押すごとにパレットが順送りで切り替わるので良かったような気がする。

あと、使えるグリフが少ない。
全体のグリフ自体も少ないけど、そこからさらに使えるグリフはもっと少ない。
まあ、少ないおかげで全部集めるのが比較的簡単に出来たってのもあるけど、もうちょっと数があっても良かった気がするかな。
ナイフとか弓とかのグリフ使った事ないなー。

逆に盾のグリフはボス戦での必需品って感じやったけど。
とにかく使えるグリフと使えないグリフの差が激しい。

他はクエストがあんまり歯応えなかったとか細かいところでは微妙な感じもあった。

まあ、それでも面白かったってのが結論なんですけどね。
アクション好きならやっておいて損はないと思うので、機会があったらやってみましょう。

そういえば今回の恒例のラスボスはやけに弱い気がしたのは私だけでしょうか?
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-10-30 23:56 | ゲーム
<< ビートルズの音楽ゲーム 2008年、全日程終了! >>