バンド名とは裏腹に軽快なロックが良い感じのブラム・ストーカー
今回は久しぶりにマニアックなアルバムでも紹介してしまいます。
という事で、「吸血鬼ドラキュラ」で有名な小説家の名前をそのままバンド名にしたブラム・ストーカーが、72年に出した唯一のアルバム「HEAVY ROCK SPECTACULAR」です。

●BRAM STOKER / HEAVY ROCK SPECTACULAR
●ブラム・ストーカー / ヘヴィー・ロック・スペクタクラー


b0054129_20503614.jpg
Tracks
1.Born to Be Free
2.Ants
3.Fast Decay
4.Blitz
5.Idiot
6.Fingals Cave
7.Extensive Corrosion
8.Poltergeist




70年代前半のイギリスはプログレッシヴ・ロック全盛というような事を何度か書いてきたけども、それと同時にオルガン・ロックの全盛でもあったりします。
そんなオルガンを中心にキーボードを主体としたプログレ・バンドはいくつかうちのブログでも紹介してきたけど、このブラム・ストーカーというバンドもその内の一つに入るバンドでありますよ。

という事で、そんなブラム・ストーカーですけど、アルバムにメンバーのクレジットが一切ないという、以前に取り上げたスティル・ライフのような謎のバンドとされておりました。
さらにオリジナルはウインドミルとかいうマイナーなレーベルからたった一枚だけ出ただけあって結構なプレミアがついてたりするみたいで、希少価値のある謎のバンドと言う事でかどうかは分からんけど、とにかくコアなロック・ファンには昔からその存在だけは知られてたみたいですよ。

まあ、でも今はメンバーの名前もすっかり分かっているらしく

Tony Bronsdon (key)
Pete Ballam (g)
Rob Haines (ds)
John Bavin (b)

という4人組と分かってるようですが、それでも他の部分はまだ分からんところがあるので、やっぱり謎のバンドという事になると思います。

で、そんな謎の多いブラム・ストーカーですけど、怪奇小説家の名前をバンドにして、ジャケットも何か分からん雰囲気の顔のアップの印象があるので、ついホラーチックな要素でもあるんかと思ってしまいそうですけど、実はそうでもない。
聴いてみるとこの時代のイギリスで良くあったプログレとハード・ロックの中間のようなサウンドで、なかなかカッコイイ感じに仕上がってると個人的には思ったね。
ちょっとサイケっぽいところもあるんかも知れんけど、基本的にはプログレ寄りなハード・ロックってところで、演奏もそれなりにしっかりしていると思う。
キーボードの音がクラシカルでちょっと様式美がかったところがあるので、ナイスっぽいという感じで言われたりするようですけど、オイラはあんまりナイスは知らんので、そこらの詳しいところは分からんけど、とにかくキース・エマーソンっぽい、しっかりとしたキーボードの響きがこのバンドのサウンドの中心になってるのは間違いないでしょう。

そこに荒々しいギターやドタバタと手数の多いドラム、そんでブインブインと唸るベースが絡んで、結構、前のめり気味なサウンドが多く、ハードな感じでアルバムを構成していますね。
もう、オープニングから前のめりでカッコイイです。
ヴォーカルはあんまり上手くないけど、演奏的には超絶的なテクニックとかないかわりに、程よくまとまってる感じで、なかなか聴けるアルバムだと思います。
7曲目「Extensive Corrosion」での荒いギターのあとに続くピアノと、終始バックでドタバタと叩きまくってるドラムのコンビネーションはちょっとクセになりそうなぐらいカッコイイもんがある。
オイラはこの曲が一番気に入ったね。

まあ、他の曲もそれなりにオリジナリティがあるので、この時代のブリティッシュ・ロックが好きなら結構気に入るアルバムだと思います。
アルバム・タイトル通り、なかなかにヘヴィーですよ。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-07-15 21:04 | 洋楽アルバム・70's
<< ちょこっとマンガを読んでみた。 68歳、おめでとう! >>