全巻読み終わって…。
ようやく「20世紀少年」の全22巻と「21世紀少年」の上・下巻の2冊、合計で全24巻を読み終わりましたよ。

いやー、やっぱりオイラは浦沢直樹のこういうタイプのマンガが肌に合うんやろうなー。
めっちゃおもろかったよ。

確かにあんだけ伏線を張ってたのに、結局は回収されずに進んで行ったとか、突っ込みどころも多いけども、それでもおもろかったね。
特に”血の大みそか”までの展開はどうしようもないぐらいおもろかった。

あんなに先が気になりまくりながらマンガを読んだのは「MONSTER」以来かな?

もちろん”血の大みそか”以降もおもろかったし、西暦が終わるぐらいまではホンマにおもろかったですね。

ただ、”ともだち暦”に入ってからトーンダウンしていったのは個人的には残念かなーと思ったりもしますけど。

それでもやっぱり全体的におもろかった。
マジでめっちゃハマリましたよ。

映画化になると聞いても最初は全く興味なかったけど、読み終わってドップリとハマッている今となってはスッゲー観てみたい気がする。
というか多分、観に行くな!

しかし、映画の小泉響子は誰が演じるんやろなー。
あのキャラは個人的に”20世紀少年キャラ・ランキング”で間違いなくベスト5に入るぐらいに好きなんで、かなり気になるところではある。

まあ、そんな事はともかくとして、ホンマにハマッたしおもろかったよ。
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-04-20 23:32 | マンガ・アニメ
<< ジェフ・ベックの方向性を決めた名盤 Wii スーパーファミコンクラ... >>