何ものも私の世界を変えることはできない
最近、三井不動産レジデンシャルのCMでビートルズの「Across The Universe」が流れておりますね。

もちろんビートルズというか、ジョン本人のものでなくCM用にオリジナル録音したもので誰が歌ってるかも分からないカヴァーではあるけど、やっぱりこの歌は良いなー。

名曲は誰が歌っても名曲ですね。

そんな名曲「Across The Universe」はこのCM以外でも色んな人がカヴァーしとりますけど、有名どころでは、デヴィッド・ボウイ、10cc、ルーファス・ウェインライトっていうあたりが有名かな。
あとはフィオナ・アップルあたりもそうですね。

で、この曲のなにが一番凄いかというとやっぱり詞という事になるかと思います。
オイラ的に詞の良し悪しは音楽を聴く上であんまり重要視してなくて、あくまでも曲が良いかどうかが一番重要だと思ってますし、実際にあのポール・サイモンでさえ詞よりも曲が重要という事を確か言ってたように思うんですよね。
そんな訳なんでこの曲も詞よりもまずは曲そのものが良いし、何よりジョンの声が最高やからこその名曲やと思ってはいるけども、それでもやっぱりこの曲の詞は凄いと思うんですよね。

こんな詞、絶対に普通は思い浮かばんよ。
壮大でグイグイ引き寄せられる内容と曲の構成とジョンのけだるい声がこんなにピッタシ合わさるって、そう他にあるもんじゃないと思う。

やっぱジョンはスゲーわ!

そんなジョンはデヴィッド・ボウイに「心の中にあるものをそのまま詞にすれば良いんだ!」という、いたってシンプルなアドバイスをした事があるけども、それが一番難しい事なんじゃないのか?
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-04-05 22:54 | ザ・ビートルズ
<< マリオカートWii ジャニスに始まりジャニスに終わる >>