満天の星が見えるような満点のアルバム「STARS」
ちょっと濃いアルバムが続いてたので、たまには肩の力を抜いてリラックス出来るような、最高に心地良いアルバムなんかも良いでしょう。
って事で今回はシンプリー・レッドが91年に発表した4枚目のアルバム「STARS」です。

●SIMPLY RED / STARS
●シンプリー・レッド / スターズ


b0054129_22143837.jpg
Tracks
 1.Something Got Me Started
 2.Stars
 3.Thrill Me
 4.Your Mirror
 5.She's Got It Bad
 6.For Your Babies
 7.Model
 8.How Could I Fall
 9.Freedom
10.Wonderland


結構、シンプリー・レッドが好きなんですよね、私。
それこそ85年のデビューの時から聴いてはいるけど、初めて聴いた時はミック・ハックネルのお姿からは想像出来ないほどに澄んだ綺麗な、それでいてソウルフルな声に驚いた記憶がありますよ。

子供ながらに見た目はともかくめちゃめちゃ歌うまいなー!って思ったね。

で、そのシンプリー・レッドがデビューした当時のイギリスはちょっとソウルっぽい、なおかつオシャレで小粋なサウンドをしたバンドがいて、ちょっとしたブームになっていました。
ブリティッシュ・ソウルとか言われてましたね、確か。
なかでもスタイル・カウンシルとシャーデー、それにこのシンプリー・レッドは私の中で別格で、この3つが私的3大ブリティッシュ・オシャレ・バンドだったりします。
まあ、ホントはシャーデーはちょっと違うかも知れんけど、オシャレなのは間違いないので一緒にしておきます。

とにかくそんなオシャレで小粋なかっこいいシンプリー・レッドのアルバムの中でも間違いなく名盤とされるのがこの「STARS」ですね。
91年と92年のUKチャートで2年連続1位になったというぐらい売れたアルバムで、もう、これ以上の説明は必要がないぐらいの超名盤であります。

だから余計な事は言いません。
もし、まだ聴いた事がないという人がいるなら一度は聴いてみて欲しい。
そう言ってしまいたいぐらい捨て曲ナシのアルバムだと思います。

このアルバムからメンバーも代わって、それが良い方向に向かったのは間違いないけど、特に日本人ドラム、屋敷豪太の小気味良く跳ねる感じもあり、力強さもある音がかなり良い感じ。
もちろんギターやキーボードやベース、それにサックスも良い味が出てるし、相変わらずミック・ハックネルは良い声してるし、やっぱり最高に落ち着けますね。
リラックスしたい時には最適のアルバムだと思います。
タイトル・ナンバーの「Stars」はCMでも流れてたし知ってるけど、アルバム通しては聴いた事がないって人が結構いるかと思うけど、是非、アルバムを最初から最後まで通しで聴いてみて欲しいもんですね。
あと、ジャケットも曲の雰囲気が良く出てて良い感じです。

そう言えばシンプリー・レッドは来年のツアーが終わったら解散するんだったねー。
でも、ほとんどミック・ハックネルのソロ・プロジェクトみたいなノリやったから、あんまり残念という気持ちはないけども、これから出るであろうアルバムがシンプリー・レッドの名義じゃなくなるのはちょっと寂しいかな。

Simply Red - Stars
[PR]
by sy_rock1009 | 2008-02-26 22:25 | 洋楽アルバム・90's
<< Summer Sonic &#... What is Life >>