シャーデー「LOVERS ROCK」
毎日アホみたいにクソ暑いので、せめて音楽ぐらいは暑さを忘れるような、落ち着いてリラックスした音楽を聴きたいものです。
まあ、あえて熱いロックを聴くというのも、それはそれで全然アリだと思いますけどね。
って事で今回はシャーデーの5枚目のアルバム「LOVERS ROCK」(2000年)です。

●SADE / LOVERS ROCK
●シャーデー / ラヴァーズ・ロック


b0054129_21242226.jpg
Tracks
 1.By Your Side
 2.Flow
 3.King of Sorrow
 4.Somebody Already Broke My Heart
 5.All About Our Love
 6.Slave Song
 7.Sweetest Gift
 8.Every Word
 9.Immigrant
10.Lover's Rock
                            11.It's Only Love That Gets You Through


シャーデーも相当な寡作バンドで、デビューして20年以上経つのにオリジナル・アルバムは5枚しかありません。
そう、だからこの「LOVERS ROCK」が今のところ一番新しいオリジナル・アルバムなんですけど、すでに発売されてから7年も経ってたりします。
4枚目の山岸由花子…じゃなくて、「LOVE DELUXE」から「LOVERS ROCK」までも8年あったので、次のアルバムはいつになるのやら…?
とりあえず気長に待つしかありませんな。

まあ、そんな事は他のアーティストにもチラッとあったりするので別に良いんですけど、実は私、昔からシャーデーが好きだったりします。
正確に言うとシャーデー・アデュという人そのものが好きだったりします。
小学校の5年か6年の時に「Smooth Operator」のビデオ・クリップを見て以来、シャーデー・アデュの何とも言えない不思議な魅力がある容姿や声の印象がかなり強かった記憶がありますね。
その印象がいまだに続いてる状態とも言えます。
やっぱり子供の時に感じた印象って、大きくなっても続くもんなんですよねー。

と言ってるわりに今回に取り上げてるアルバムがその「Smooth Operator」が収録されてる84年のデビューアルバムでなかったりするんですけどね。
まあ、どのアルバムでも基本的にシャーデーのスタイルは変わらないんで、どれでも良いんですけど、最近「LOVERS ROCK」をまた聴いてたので何となくこれにしただけです。

で、その「LOVERS ROCK」というアルバムなんですけど、けだるい脱力感のあるヴォーカルに、R&Bのようなジャズのような、シャーデーにしかありえない独特のサウンドが、いつも通り堪能できるアルバムになってます。
シャーデー・アデュは8年の活動休止中に出産とか色々あった影響からか、少し曲調が柔らかいものがあったりするけど、基本的なスタイルはデビューから変わってないです。
オシャレで洗練された落ち着ける音楽が聴けますね。
そしてシャーデー・アデュの容姿と同じで、ちょっとクールなところも良い感じ。
やっぱりこのバランスがシャーデーの音楽的魅力です。

そのあたりは1曲目の「By Your Side」を聴くだけでも分かるけども、シンプルなサウンドのなかにも深みのあるものがにじみ出てる感じになってますよ。
まさにこれぞシャーデーという曲。
「King of Sorrow」なんかも良い曲ですし、アルバムのどこを取ってもシャーデーらしい、オシャレな雰囲気がプンプン漂ってる、とにかく落ち着けるものになってます。

という事で、そういう雰囲気を楽しみ人には間違いなくお薦め出来るのがシャーデーです。
一応、今回はこのアルバムを取り上げたけども、興味のある人はどのアルバムでも良いので聴いてみて欲しいですね。

バリバリのロックもカッコイイとは思うけど、こういう音楽も違う意味でカッコイイと思うね。
何よりシャーデー・アデュという人そのものがカッコイイ!
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-08-26 22:00 | 洋楽アルバム・00's
<< 興奮しまくり小倉さん! イーグルス、28年ぶりのオリジ... >>