42周年
そうか、今日はアルバム「HELP!」が発売された日やったんか。

b0054129_2185123.jpg発売されたのは1965年の8月6日。
もう、42年も前の事なんですね。

まあ、今さらアルバムについての詳しい説明なんかは必要ないと思うのでサラッとだけ言いますけど、良く言われてるのがアイドルからアーティストへ変わって行こうとしてる、きっかけ的アルバムな感じの事を言われますね。

そのわりに、邦題は「4人はアイドル」という、なかなか寒い事になったりしてるけど…。

それ以外では2作目の主演映画の同名サントラ盤で、「A HARD DAY'S NIGHT」と同じく、アルバム前半が映画に使われたもので、後半が新曲という構成って事かな。
と言っても、よっぽど忙しくて時間がなかったのか、2曲カバーが入ってたりするけどもね。
でも、事実上でビートルズ最後のカバー曲でもあったりする。

あとは初めてジョージの曲が2曲採用されたという事や、世界で一番多くカバーされた「Yesterday」が収録されてたりするって事でしょうか。
でも、そんな超有名になった「Yesterday」がアルバムの最後から2番目に収録されてたりするんで、あんまり本人たちは何も考えてなかったんでしょうね。
そういう、ええ加減なところもビートルズの良いところです。

ええ加減と言えばアルバム・ジャケットからしてそうやけど、手旗信号で”HELP”を表してると思わせといて、実は”NUJV”やもんね。
何も考えんと格好を決めたら、たまたまこうなっただけらしい。

なんという、ええ加減さ!

でも、そういうところも良かったりするんですけどね。

という事で、「HELP!」の発売42周年を勝手に一人で記念して、今からちょっとアルバムの方を聴いてみましょうかね。

ちなみに私がこのアルバムで一番好きなのは「You're Going To Lose That Girl」という曲やったりします。
ってか、どれも良いのは当然なんですけど、あえて選ぶとこの曲になるかな。

この曲でのジョンのドスの効いたイントロでの声がもうたまらん。
もちろん曲全体の完成度も最高やけどね。
それとポールとジョージのコーラスが凄すぎる。
並みのヴォーカリストやったら完全にこのコーラスに食われてしまうぐらいの完璧さ。

それにボンゴの音も心地良い。
オーバーダビングでボンゴを入れたようですけど、もしこの曲にボンゴの音がなかったらという事を頭の中で想像して聴いてみよう。

間違いなくこの曲の魅力が半減しますよ。
何気ない一音にまでこだわるビートルズの真骨頂のような曲だと私は思うね。
アルバムの邦題と一緒で”恋のアドバイス”という邦題だけはちょっとナニやけど…。

あー、でもポールの「The Night Before」もカッコイイなー。
もちろん「Help!」も良いし、やっぱどれか1曲だけ選ぶってのは無理があるな。

とにかく結局はビートルズ最高って事ですね。
[PR]
by sy_rock1009 | 2007-08-06 22:31 | ザ・ビートルズ
<< 何気にチェックしてしまう ハード&サイケ、ピンク・フェアリーズ >>