ヴォーカリスト、ジョン!
b0054129_2121241.jpg何はなくとも、まずは誕生日おめでとう!
そう、今日はジョンの66回目の誕生日ですよ。

ジョンが私の中の最大のヒーローって事は、前々からウチのブログを読んでいただいてる人にはご存知かなとは思うけど、あらためてジョンのどういうところが好きなのかってのを考えてみても、実は私自身よく分からん部分もあったりするんですよね。

なんて言うか好きすぎるあまり、こういうところが好きやからジョンが好き!っていう、明確な理由がすっ飛んだ状態になっております。
まあ、簡単に言うなら全部好きって事になると思うけどね。

ホンマ、ジョン・レノン・バカでございますよ。

それでもあえて、どの部分が好きかってのを言うとなると、やっぱりあの声になるかな。
とにかくジョンの声はいつ聴いても凄い。

デビュー・アルバムの中だけでも「Ask Me Why」「Baby It's You」のような哀愁ある声から「Twist And Shout」のような必殺シャウトまで幅広く聴かせてたジョンは、まさに天性のヴォーカリストやなーと思わせる。
まあ、この時のレコーディング時、ジョンは風邪をひいてて、タバコと飴の両方を愛用しながらのレコーディングやったせいもあって、偶然とも言えるいつにない”魅力ある、かすれ声”やったってのもあるけど、それにしても凄いヴォーカルなのだ。
「A Day In The Life」のヴォーカルもテイク1から、ほとんど完成テイクと変わらんぐらいの、艶のある声もこれまた最高ですしね。

この前、久しぶりにカラオケに行ったけど、どうやったってあんな声で歌えませんわ…。
ジョン、やっぱアンタ凄いよ。

そう言えば「Mr. Moonlight」のあの有名なオープニングの声は、一説によればここでのジョンはオペラの歌唱法を取り入れてるという、嘘かホンマか分からん噂もある。

でも、それだけジョンは、どんな歌い方も出来るヴォーカリストやったって事なんでしょう。
そんな魅力あるジョンのヴォーカルを今日は聴いて、66回目の誕生日を祝いたいと思います。
そして、これからもジョンを追い続けますよ、私は。

と、ここまで書いてホンマなら終わりにするハズなんやけど、やっぱり他にも好きなところは当然ながらいっぱいあるんだよねー。

その1つがジョンの色々と見せる表情。
これもまた声と同じで哀愁ある表情から、とびっきりの笑顔まで、どれもたまらん魅力がある。

で、そんなジョンが見せる色々な表情の中でも私がかなり好きなのがこの写真。
b0054129_2274976.jpg
この悪い事を企んでそうな、なんとも言えん表情が素敵すぎ!

とにかく、ジョン、誕生日おめでとう!
やっぱりジョンが一番や!!
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-10-09 22:16 | ザ・ビートルズ
<< 中日、優勝っすかー。 ピンク・フロイド「驚異」 >>