エミリーに夢中です。
ここ最近はフランスのエミリー・シモンという女性アーティストが気になって仕方がない。
映画「皇帝ペンギン」の音楽を全編で担当したことで有名になったエミリーですが、いつも行くCD屋で彼女の3枚目となるアルバムのジャケットを見て、いかにもフランス人という顔立ちがとてもとても気に入ってしまいましたよ。

そのジャケットがコレ
b0054129_204741.jpg

もう、ド真ん中のストライクです!
この”パッチリ・クリクリまなこ”に一目惚れしたよ。
それに黒髪もポイント高い。

最近、気がついたんやけど、どうやら私はロッド・スチュワートとは逆に黒髪が好きなようで、何となく気になる女性には黒髪のお人が多い感じ。
以前に書いたクリスティーナ・スカビアも黒髪やし、もともと好きやったけどシャーリーズ・セロンも映画「イーオン・フラックス」での黒髪バージョンの方がより良い感じに思えてしまうかな。
ケイト・ベッキンセールもそう。

と言いながらアヴリルを筆頭に多数の例外があったりするが…。
結局はお顔の好みだな。

まあ、それはともかく、最近ずっと気になってたエミリーなんですけど、今日ついにCDを買ってしまいましたよ。
まさか買うとは思わんかったなー。
ジャンルはエレクトロ・ポップなんで、かなり私の好みのジャンルとは遠いハズやのに、思わず買ってしまいましたな。

完全にエミリーの目力にしてやられましたよ。

実際にアルバムを聴いても予想通り、サウンドは好みのサウンドではなかったが、エミリーの声が大きな目に負けず劣らずの魅力があった。
おかげでジャンルこそ好みのものではないけど、意外と聴けるもので、なかなか良い感じではある。

それもこれもエミリーのロリータ・ヴォイスがかなりカワイくて、非常に良い。
見た目の好みだけで買ってしまったが、これは結構当たりかも知れんよ。

こんな事なら今年のサマーソニックで大阪に来てたから行ってたら良かった…。
生エミリーを見たかったよ、マジで。

とにかくカワイイ見た目と裏腹に、音楽に対するこだわりが強く、音楽機材やコンピュータに対してはオタク的な面があって、そのへんのギャップも何となく良い。

昔からフランスの女優やミュージシャンは好きやったが、エミリーでまたまたフランス人が好きになってしまったかも。
そう言えばアリゼも最近グッと良くなったなー。

う~ん、フレンチロリータ万歳!
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-09-24 21:46 | 洋楽あれこれ
<< 官能のラテン・ギター 不惑のヌーノ >>