ポールにアポなし突撃!
さっき放送してた「世界まる見え!テレビ特捜部」を見てたら、有名人のドッキリ・スペシャルとか何とかで、ポール・マッカートニーが出てたので、思わず見入ってしまう。
その前のトッティとかは確かにドッキリと言える感じやったけど、さすがにポール相手に水かけたりとか、お色気でどうのこうのとかは出来んから、内容はいたってソフトでしたね。

何か3人組がポールにアポなしで突撃し、「Yellow Submarine」を一緒に歌ってもらうって感じやったと思うけど、クドイぐらいの「Yellow Submarine」攻撃にも笑顔で対応し、最後には一緒に歌ってたポールは、なかなか見てておもろかったかな。
内心は絶対「なんじゃ、コイツら?」って思ってたハズやのに、そういいう態度を見せないところが、ポールらしい感じ。
あしらい方が上手いね。
性格的にもポールは、ああいう人やし。

で、それを見たから、さっきから私の頭の中で「Yellow Submarine」が流れっぱなしやったりするんだな。
私の中での「Yellow Submarine」の一番の魅力は、それまで基本的には彼や彼女がどうしたとか、恋や別れでどうのとか、そんな感じの曲が多かったポールが、ここでどういう訳かいきなり”黄色い潜水艦”と来る、それまでとの落差が私的な一番の魅力。
ジョンが「Help!」を作ったときも、それまでの恋愛ソングからいきなり「助けてくれ!」ってな感じで落差はあったけども、「Yellow Submarine」の場合は「Help!」ほど深刻じゃなく…というか、ものごっつい能天気で、そのあたりのギャップがなかなか聴いてて楽しい。

もっと言うたら、ポールってどんな曲でも作れるんやなー。
その理由を考えても”天才だから”という答えしか出てきませんけども。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-09-04 21:20 | ザ・ビートルズ
<< チケットが来ましたよ! 復活、フェア・ウォーニング! >>