破壊王、誕生!
b0054129_233142.jpg今日は私の好きなザ・フーの爆裂ドラマー、キース・ムーンが生まれた日でございます。
ものによって1946年生まれと、1947年生まれの2つの説があるようですが、とにかく
8月23日にムーニーは生まれました。

ハチャメチャでやりたい放題の人生で、結局は若くして死んでしまったけども、思いっきり濃い人生で、おそらく普通の人の5倍は濃い生き方をしたんじゃないでしょうかね。

やる事なす事、全てが伝説化してる数々のエピソードを見ても、その濃い人生が分かりますもんね。

泥酔状態でフーのライヴに行き、客席にいたにも関わらずいきなり飛び入りで参加し、ドラム・セットを破壊して、それが気に入られてメンバーに決定という、ハチャメチャな話に始まり(これで決定にした方も、かなりの大物)、とにかく話が大きくなりすぎて、嘘かホンマか分からんようになったものまであるぐらい、この人には色んな話がある。
あの有名なリンカーンでホテルのプールに突っ込んだ話もどうやら嘘のようですしね。
と言っても他でプールに突っ込んだ事はあるので、あながち嘘ではないが…。
ちなみにオアシスの3枚目のアルバム「BE HERE NOW」のジャケットは、このリンカーンの話を頂戴しております。

他にもアホなエピソードは山ほどあって、オランダのユダヤ人街をナチスの軍服を来て歩き、危うく袋叩きになりかけたというエピソードはアホすぎて大好きな話です。
ホンマ、ムーニーは最高ですよ!
でも、身近にはいて欲しくないかな?

そんで、そんなおもしろ奇行ばかりが好きなわけじゃないんですよね。
ドラマーとしても当然大好きです。
とにかく生き方をそのままのドラミングにしたような、ハチャメチャな叩き方なんですけど、そのクセ、不思議と良いリズム感を持ってるんですよね。
あんなアップダウンを無視した手首の使い方するドラマーはそうはおらん!
でも、カッコイイ!

もう一回言うけど、やっぱムーニーは最高やなー!

ちなみに私が一番最初に聴いたフーの曲は「So Sad About Us」です。
子供の頃に何のテレビか忘れたけどこの曲がかかって、初めてフーの音楽を聴いたと共に、野生的な動きのムーニーを見て、一発で好きになりました。
だから今でもフーのこの曲には思い入れがある。
何でその曲やねん!って思う人もいるかも知れんけど、誰だって好きになったアーティストの一番最初に聴いた曲ってのは、特別な思い入れってもんがあるでしょ。
私にとってはそれがこの「So Sad About Us」なのだ。

って事でいつも通り、その映像をペタリと。
そして誕生日おめでとう、ムーニー!

[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-23 23:26 | 洋楽あれこれ
<< FFⅢを買ってしまいました。 プレミアム10 「ビートルズの... >>