イギリス的オルガン・ロック、インディアン・サマー
ジャケットはキーフが手がけたと言うことでお馴染みだが、サウンドそのものは全然お馴染みじゃない、インディアン・サマーというバンド、唯一のアルバムを今回は紹介です。
たまにマニアックなアルバムを取り上げてしまうのだが、今回がまさにソレでございます。
まあ、早い話が今回もB級なのだ。

●INDIAN SUMMER / INDIAN SUMMER
●インディアン・サマー / インディアン・サマー


b0054129_20335738.jpg
Tracks
1.God Is The Dog
2.Emotions Of Men
3.Glimpse
4.Half Changed Again
5.Black Sunshine
6.From The Film Of The Same Name
7.Secrets Reflected
8.Another Tree Will Grow




インディアン・サマーのこのアルバムは、71年というイギリスのプログレッシヴ・ロックがこれから成熟期に入って行こうという時期に発売されたわけなんですけど、そんな上昇の波にまったく乗り切れてないかのような、ドンよりと暗い雰囲気の、爽快感の欠片もないサウンドが特徴となっております。

こう書くと散々な感じに思えるが、実際にそうやからしゃーないのだ。
それに深く沈んでいくようなサウンドがインディアン・サマーそのものの魅力でもあるので、聴けばこれはこれで良いように思うかな。
良く言えば凄いクールな感じで、やっぱイギリスのバンドやなーってものになってます。

そういったバンド・サウンドの中心がメイン・ヴォーカルでもあるボブ・ジャクソンのキーボード(オルガン)で、ドンよりした中にもブルージーな展開が結構あって、アレンジ面も含めてボブ・ジャクソンのセンスの良さを随所に感じる。
間違いなくインディアン・サマーの核ですね。
またオルガンだけじゃなくギターも良くて、オルガンとギターがユニゾンを組んだ構成とか、アコースティックの流れとか、ここらへんも結構良い感じですよ。
ボブ・ジャクソン才能あるやん!

やっぱプログレ成熟期の好盤として、プログレ好きなら要チェックな一枚ですね。

それにこのアルバムのプロデュースをしてるのが初期のブラック・サバスとかバッジーなんかで有名なロジャー・ベインが手がけてるので、実はプログレだけでなくハード・ロックな面もあったりするんだよね。
それがこのアルバム一番のお薦めである5曲目の「Black Sunshine」で、ハードで
ヘヴィなオルガン・ハード・ロックが味わえますよ。

やっぱこの曲最高です。

他にもそれなりに聴きどころはあると思うので、プログレの面も、ハード・ロックの面も楽しめるインディアン・サマーはお薦め……したいところだが、B級にかわりないので無理に聴く必要はないでしょう。

まあ、興味のある人だけどうぞって事で。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-08-04 20:43 | 洋楽アルバム・70's
<< 1/12ガンダム やりおるわい、TBSの奴め! >>