クーラ・シェイカー「REVENGE OF THE KING」
b0054129_045457.jpg早速、買って来ましたよー。
いや、正確に言うと日付が変わってるので昨日に買ったよーってなるのか?

まあ、そんな事はどうでも良くて、クーラの復活ミニ・アルバム「REVENGE OF THE KING」
興奮気味に購入。
で、帰っておもいっきり聴こうと思ったけど、友達と茶をしばきに行く約束があったので、泣く泣く家を出たわけやけど、さっき帰ってきて、ようやく聴きましたよ。

そんで聴いて思ったこと…。

まだ、2周ほどしか聴いてないけど、カッコイイんじゃねーの。
さすがにデビューのときのような衝撃度はないけど、相変わらずのインド・テイストはまさにクーラ・シェイカーの復活を宣言するものですね。

1曲目の「Revenge Of The King」がまさにそれって曲です。
ちょっとドアーズっぽい感じの印象も個人的に受けたけど、良い感じですよ。
この曲を聴くだけで秋に予定のフル・アルバムに期待が持てます。

新しいキーボーディストも違和感ないし、クリスピアンの声は相変わらず最高やし、やっぱ7年のブランクがあろうがクーラ・シェイカーはクーラ・シェイカーのままでした。

まあ若干、インド・パワーが薄れてるような気がするけど、まだそこまで聴き込んでないので、そのへんは分からん部分がある。

とりあえず、しばらくこのミニ・アルバムを聴いて、来るべきニュー・アルバムに備えてテンションでもじっくり上げていこうと思います。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-07-26 01:05 | 洋楽あれこれ
<< やっぱ行くことにしました。 「UDO MUSIC FEST... >>