When I'm Sixty-Four
b0054129_20573996.jpg今日はポール・マッカートニーの64回目の誕生日です。
そう、64歳ですよ。

ポール本人は64歳になったからといって特別な事はないかも知れんけど、やっぱり我々ファンにとってポールが64歳を迎えたというのには、いつもの誕生日以上に思うことがありますね。

そうか~、ポールも64歳になったんかぁ…って感じに。


そう思うのはアルバム「SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND」にポールが作った「When I'm Sixty-Four」という曲があるからなんですが、この曲の出だしで「まだ何年も先の話だけど」と歌っていたポールが、ホンマに64歳になってしまったんですよね~。

当時からファンの人は余計に思う事があるでしょう。

ただ、64歳になったという事でこの曲の事が思い出されたけども、作者であるポール本人がこの曲の歌詞のような64歳を迎えられていないって事が、ちょっと残念です。
もの凄い簡単に説明すると”僕が64歳になったとしても一緒にいてね”っていう内容なんですけど、ポールは離婚してもうたから、一緒も何も今は独り身やからなぁ。

まあ、正確に言うとこの曲はポールが10代の時に父親の為に書いた曲なので、ポール自身が歌詞にある内容とは違う64歳になったからと言って、別にどうって事ないかも知れんけど、それでもレコーディング時にはポールも歌詞にあるような将来を期待してたと思う。

だから、やっぱり残念と言うか寂しい感じはファンならあるでしょう。
しかも出来ることならリンダがそばにいて64歳を迎えて欲しかったとも思うでしょう。

いや、それ私ですけどね。
まあ、いまさら言ったところでどうしようもないけど…。

とにかくポール、64歳の誕生日おめでとう!

When I'm Sixty-Four

Writer, lead vocal: Paul McCartney

When I get older losing my hair,
Many years from now.
Will you still be sending me a valentine
Birthday greetings bottle of wine.
If I'd been out till quarter to three
Would you lock the door,
Will you still need me, will you still feed me,
When I'm sixty-four.

You'll be older too,
And it you say the word,
I could stay with you.

I could be handy, mending a fuse
When your lights have gone.
You can knit a sweater by the fireside
Sunday mornings go for a ride,
Doing the garden, digging the weeds,
Who could ask for more.
Will you still need me, will you still feed me,
When I'm sixty-four.

Every summer we can rent a cottage,
In the Isle of Wight, if it's not too dear
We shall scrimp and save
Grandchildren on your knee
Vera Chuck & Dave.

Send me a postcard, drop me a line,
Stating point of view
Indicate precisely what you mean to say
Yours sincerely, wasting away
Give me your answer, fill in a form
Mine for evermore
Will you still need me, will you still feed me,
When I'm sixty-four.
b0054129_22173329.jpg

[PR]
by sy_rock1009 | 2006-06-18 22:25 | ザ・ビートルズ
<< クリスティーナ・スカビア大解剖! 一応、勝ったけど…。 >>