クリスティーナ・スカビア・ブーム
今、私のイチオシにラクーナ・コイルというバンドがあります。
この名前を知ってる人は生粋のメタル野郎か、熱心な「BURRN!」読者かのどっちかと思うんだが、なぜかどっちにも当てはまらない私が知ってたりします。
と言いながら「BURRN!」は立ち読みやけども欠かさず読んでるけど…。

まあ、ともかくこのラクーナ・コイルがイチオシです。
このバンドはイタリアのバンドで、ゴシック・メタルなジャンルになります。
でも、メタルってよりもヘヴィ・ロックに近いかな。
簡単に言えばエヴァネッセンスと同系です。

で、そのエヴァネッセンスと同じく女性ヴォーカリストがフロントで、エヴァネッセンスが売れたのをきっかけにラクーナ・コイルも注目されております。
そう言いながらデビューはこっちの方が早いけど。

今ではあのアメリカでさえちょっとは名の知れた存在になってるようなんで、メタルの需要が高い日本ではもっと知られてると思うけど、とにかくエヴァネッセンスが注目されたおかげで女性ヴォーカルのゴシック系が一部で人気になった。
その人気に乗った形のラクーナ・コイルに注目ですよ!

それにエヴァネッセンスのエイミー・リーよりも、ラクーナ・コイルのクリスティーナ・スカビアの方が断然良いしね。
もちろん見た目が。

そう、結局何だかんだ言ってラクーナ・コイルがどうこうよりも、クリスティーナ・スカビア
のみを注目してたりするのだよ、私は。
めっちゃ美人ではないけど、こんな感じのお人がメタルをやってるってだけで、なかなか
グッとくるもんがあるかな。

b0054129_21585097.jpgもう、思わず勢い余って←のように携帯の壁紙まで作っちまいました。

アホやん、オレ…。

突発的にこんな現象が起きてしまうんだが、アヴリル以来の病気が発動しつつあります。
年下のアヴリルにハマッたり、今年で34歳という年上のクリスティーナにハマッたり、我ながらキテるなぁ…。
このままじゃ、今度出るアルバムも買っちまうね。
いや、さすがにジャンルがジャンルなだけに、それはないかな?


とにかく私の中でクリスティ-ナ・スカビア・ブームが到来しつつあります。

ちなみにこの人、好きなゲームにバイオハザード、サイレント・ヒルというタイトルを挙げてますけど、私の友達約1名が聞いたら、凄まじく敏感に反応しそうな趣味を持ってる点も
ポイント高い。

って、何のポイントやねん??
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-05-09 22:28 | 洋楽あれこれ
<< PS3の発売日と価格が決定だってさ LAシーンのスーパー・ギタリスト >>