ライチorライク?
グランジで有名になったシアトルですけど、それらグランジ勢よりも早くにシアトルで結成されてデビューを果たしたバンドにクイーンズライチってハード・ロック・バンドがいます。
一応、メタルのジャンルに入れられるんですけど、私的には昔からハード・ロックとして聴いてるわけなんですけが、そのクイーンズライチが先日、アルバムを発売しました。

b0054129_22551028.jpgそれがこの「OPERATION: MINDCRIME II」です。
このアルバムは88年に発表した言わずもがなの名盤「OPERATION: MINDCRIME」の続編にあたるんですけど、クイーンズライチ自体はしばらく低迷期にいたのだ。
その低迷期を打ち破ろうと単に出世作の続編という形を引っ張り出してきたのは賛否両論あるかと思うが、とにかくあの「OPERATION: MINDCRIME」が帰ってきたのだ。

雑誌の評価も「OPERATION: MINDCRIME」並に高評価で、発売前から結構期待してたんですけど、実際聴いてみた感じは、そこまで私は良い点を与えられない。
少なくとも「BURRN!」でのレビューであったような90点を超えるような作品ではないかな。
一曲目のインストゥルメンタルを聴いた瞬間は「カッコイイ!」と思ったんだが、以降ずっと聴いていくと、どうも一本調子な曲が多い気がするんだよなー。
プログレッシヴ・メタルと言われたかつてのコンセプト性が、ちょっと薄いような感じ。
聴く前から期待しすぎたんかなー…。

それでも要所では「オッ!」と思わせる部分もあるので、あまり前作を意識せずに聴くと、良い感じでもあるにはある。
まあ、結局はそれなりに聴けるアルバムですよ。
さすが「OPERATION: MINDCRIME」の続編を名乗るだけはあるかな。

って事で私的には87点です。

ちなみにクイーンズライチは最近の表記では”クイーンライク”となっている。
私はこの言い方に違和感アリアリで、かなり嫌なんです。
確かに本来の発音ではクイーンズライクの方が正しいのかも知れんが、昔からクイーンズライチと言い慣れてたのに、急にライクにされてもって感じ。

だから私はしつこくクイーンズライチと言い続けます。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-04-03 15:05 | 洋楽あれこれ
<< パンク全盛時に出たプログレの隠... 永遠の隠れた名盤、ケストレル! >>