プリンス、やりすぎパフォーマンス!
別に誰がどの賞を獲るかといった事は、グラミー賞もブリット・アワードも昔に比べてそんなに気にしてないから見る事はないんだが(特にグラミーは)、唯一、毎年気になる事と言えば誰がどんなステージを見せてくれるかってとこぐらいでしょうか。

今年のグラミーで言えばポールとマドンナがその対象でした。

では今年のブリット・アワードで言えば誰かと言うと、もちろんプリンスですよ!
当然、ポール・ウェラーも楽しみではあるが、ここはやっぱりプリンスでしょ。
プリンスがブリット・アワードでパフォーマンスをするのは9年ぶりとの事なんだが、プリンスが好きな私にとっては何年ぶりとか関係なく、やっぱり気になりますな。

という事で画質は悪いが、こちらでそのパフォーマンスが見れますゾ!

■Brit Awards 2006 - Prince -

やっぱり良いねー!
こういう場所で自分の単独ライヴと勘違いしてるかのような、10分を超えるパフォーマンスをぶちかましてくれるプリンスは良いねー!
バックにシーラ・Eはいるし、レボリューションの元メンバーであるウェンディーとリサもいるしで、とにかく凄い、そしてやり過ぎなパフォーマンスが実に良い!!
ジョージがロックの殿堂入りした時の「While My Guitar Gently Weeps」でも、やり過ぎなぐらいのギター・パフォーマンスを見せてくれたが、思わずその時を思い出した。
(でも、ハンパじゃないぐらいカッコ良かった。)

で、ブリット・アワードで演奏した曲の方だが

・「Te Amo Corazon」
・「Fury」
・「Purple Rain」
・「Let's Go Crazy」


という4曲によるパフォーマンスでしたが、「Fury」は今度発売されるアルバム「3121」に収録されてる曲のようだ。

しかし、相変わらずエロい歌い方するなー。
だから良いんだけどね!
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-02-19 22:09 | 洋楽あれこれ
<< ラヴ・メタルってなんじゃい! ベイカー・ガーヴィッツ・アーミ... >>