現代UKギター・ロックの代表格
●バーナード・バトラー(Bernard Butler)
●1970年5月1日生まれ イギリス出身


b0054129_20282520.jpg90年代のUKロックを代表するギタリスト、バーナード・バトラーは1970年5月1日、イギリスはノース・ロンドンのスタンフォード・ヒルにて誕生。
6歳からヴァイオリン、12歳からピアノのレッスンを受けるなど、当初はクラシックを教わっていたのだが、13歳頃からジョニー・マーやピート・タウンゼント、ジョイ・ディヴィジョン時代のバーナード・サムナーに憧れギターを手に取る。
大学在籍中の89年にスウェードを結成し、92年にシングル「The Drowners」でデビュー。
そして、93年に発表したデビュー・アルバム「SUEDE」は、ヴォーカルのブレット・アンダーソンの妖しい魅力と、バーナードのエモーショナルなギター、それに二人のソングライティングが評判となり、いきなり全英1位を獲得するなど、スウェードはたちまちトップ・バンドに踊り出る。
しかし2枚目のアルバム「DOG MAN STAR」のレコーディング途中にブレットとの確執などがありスウェードを電撃脱退。
以後、黒人R&Bシンガー、デヴィッド・マッカルモントとマッカルモント&バトラー名義でアルバムを出したり、ザ・ヴァーヴに加入するも10日間も持たず脱退と、いずれも長続きしない活動が続く。
おかげで”わがまま男”のレッテルを貼られたりもしたが、それでも活動はコンスタントに続け、98年にはソロでデビュー、そして現在では強烈なまでに確執があったブレット・アンダーソンと再び奇跡的にコンビを組んで、ザ・ティアーズとして活動中なのだ。

スウェードのデビューってのはホンマに衝撃やった。
ブレット・アンダーソンのナルシストっぷり、同性愛をテーマにした曲、70年代のグラム・ロックをより現代風に昇華させたサウンドなど、とにかく衝撃でしたね。
でも、もう1つ忘れてならないのがバーナード・バトラー、つまりバーニーのギターです。
弾き鳴らす独特の質感というかメタリック感はブライアン・メイと同等とも言える程に、一聴しただけでバーニーのものとすぐに分かるもので、とにかく私は大好きだ。
そこはかとなく響いているようで、実にエモーショナルなギター、それにリフが最高で、彼の憧れとするジョニー・マーのギターの流れを行くようでもあります。
「SUEDE」の2曲目に収録されている「Animal Nitrate」でのギターなんかはまさにそれで、実に艶やかでカッコ良いリフをぶちかましてますよ。
やっぱり90年代を代表するギタリストと言える。
そんなバーニーのメイン・ギターはギブソンES-355で、VOX AC-30で出すフィードバックは彼の代名詞であり、自身もかなり気に入ってるようだ。
あと「The Drowners」でよく見せていた半音や全音チョーキングの使い方も上手い。
それとスウェード時代、ブレットに”歌えないシンガー”とおちょくられていたバーニーだったが、ソロに転向した時には見事なヴォーカルを披露し、きっちり”歌えるシンガー”でもある事をアピールした。
というか私はヴォーカリストのバーニーも好きで、ソロ1作目の「PEOPLE MOVE ON」に収録されていてシングル・カットもされた「Not Alone」なんかは、いまだに良く聴いてる曲で最高です。
間奏のギター・ソロなんかはチビりきってまうぐらいカッコ良いし。
とにかくカッコ良いギタリストなのだ。
ちょっとこだわりが強すぎて、完璧主義なところがあるけど。
何しろ曲作りの際にはギター以外のブラスやストリングスといったパートまで作ってしまう人やからね。

そんなこだわりが強すぎるあまり、どんなバンドも短命に終わってしまい”わがまま”やら”エゴの塊”やら言われてしまうんですが、本当は純粋で素直なバーニー。
つまりは自分に正直なんだろうが、そんな頑固なまで自分に正直すぎるところがバーニーの良くも悪くもある点なんでしょうね。
でも、そこらも含めて私はバーニーが好きなんですよ。
猫まっしぐら的に好きなギタリストの1人ですね。
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-02-05 20:47 | ギタリスト列伝
<< ルネッサンスと言えば「燃ゆる灰」 やっぱりオリジナルが良いけども... >>