グランジの夜明け
ニルヴァーナ、パール・ジャム、アリス・イン・チェインズ、そしてサウンドガーデンという4つのグランジ・バンドをひっくるめて”グランジ四天王”と呼ぶ事がある。
いずれもアメリカはシアトル出身な事から”シアトル・グランジ四天王”とも言ったりするんだが、どっちにしても”プレグレ四天王”と肩を並べるぐらいダサい呼び方だ。
今回はその4つのバンドの中で最も早い84年に結成し、グランジの元祖的な存在でもあるサウンドガーデンが、94年に発表した「SUPERUNKNOWN」でございます。

●SOUNDGARDEN / SUPERUNKNOWN
●サウンドガーデン / スーパーアンノウン


b0054129_2111130.jpg
Tracks
 1.Let Me Drown
 2.My Wave
 3.Fell on Black Days
 4.Mailman
 5.Superunknown
 6.Head Down
 7.Black Hole Sun
 8.Spoonman
 9.Limo Wreck
10.Day I Tried to Live
                      11.Kickstand
                      12.Fresh Tendrils
                      13.4th of July
                      14.Half
                      15.Like Suicide


グランジの元祖的なわりに、日本ではビックリするぐらい評価の低いサウンドガーデン。
なんでやろう?
パール・ジャムなんてCD発売とライヴ活動だけで、プロモ活動とか一切しないが、それでも結構な人気のあるバンドやのに、何でサウンドガーデンはここまで過小評価なんかちょっと不思議な感じ。
スッゲー、ええバンドやったのに。

メンバーはクリス・コーネル(vo,g)、キム・セイル(g)、ベン・シェパード(b)、そして
マット・キャメロン(dr)という4人組のサウンドガーデン。
結成当初はトリオ・バンドで、その時のクリスはドラマーも兼ねていたようだが、何度かメンバー交代を重ねて、このラインナップに落ち着く。
サウンドの核はキムのファズを効かせたギターで、また彼の追及する”ミドル・スローなテンポでどれだけヘヴィ・サウンドが表現できるか”というものが、サウンドガーデンの音作りのテーマになっている。
だから、いずれのアルバムも基本は重厚でヘヴィなものになってます。
もちろん、この「SUPERUNKNOWN」というアルバムも。
あとクリスのじっくり歌い上げるヴォーカルも、重厚でヘヴィなサウンドにとても良く合っているし、サミー・ヘイガーの域にまでは行かないまでも、それに近いシャウトもカッコ良い。
ようするに歌が上手いんです。
やっぱりこの声もサウンドガーデンにはなくてはならないものだ。
まあ、たまにライヴでは「どないしたん、その声?」っていうぐらいに調子っぱずれで
グダグダな時もあるけどね…。
去年のライヴ8の時が、まさにそれでした。
サウンドガーデン自体はとっくに解散してるので、現在のレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの元メンバーらと結成したバンド、オーディオスレイヴでの参加だったんだが、あんまり声が出てませんでしたな。
せっかくサウンドガーデンの一世一代とも言える名曲「Black Hole Sun」を歌ってくれて嬉しかったのに、結構グダグダでショボーンでした…。

まあ、とにかく重厚でヘヴィ、そして基本は歌の上手いクリスを中心としたサウンドガーデンですが、そんな彼らの最高傑作がこの「SUPERUNKNOWN」というアルバムですよ。
前作「BADMOTORFINGER」もグラミー賞にノミネートされる程、非常に良いアルバムだったが、本作は前作以上の完成度で、やっぱりこれがサウンドガーデンの最高傑作と言えるもんでしょうね。
ホント、どれも捨て曲がない完成度です。
ZEPの影響などもあって、細かいリフを中心にしたものが多く、同じフレーズを繰り返した曲がほとんどなんだが、曲によってチューニングを変えたり、楽器を多彩に使用するなど、なかなか飽きさせない工夫がある。
オープニングの「Let Me Drown」からサウンドガーデンの重厚なヘヴィ・サウンドが炸裂し、3曲目の「Fell on Black Days」では、そのヘヴィ・サウンドがさらに進化したようなもので、結構私のお気に入りナンバーです。
あと「Spoonman」はヘヴィなだけでなく、ちょっとファンキーな感じのファンに人気のある曲で、当然のように私も大好きなのだ。
あと、やっぱり忘れてならないのが「Black Hole Sun」ですね。
文句なしの名曲と言って良いでしょう。
このビデオはグラミー賞も獲得したんですけど、このアルバムのベスト・トラックであると同時に、サウンドガーデンのベスト・ソングと言っても良いぐらいです。
なかなか説得力のある力強い曲で、なぜか何回も聴きたくなってしまうのだ。
まあ、他の曲もそういった魅力があるので、ホンマ、サウンドガーデンは良いバンドやったなーと、つくづく思ってしまう。

あのカート・コバーンもサウンドガーデンの凄さには勝てない的なコメントもしていたので、いかに良いバンドだったか分かるでしょう。
好きになるかどうは別として、とりあえず聴いて欲しいバンドでありますね。
ちなみに日本盤には「She Likes Surprises」というボーナス・トラックがありますが、その日本盤はひょっとしたら今では廃盤やったかも??
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-01-30 21:28 | 洋楽アルバム・90's
<< やっぱりヒプノシスが一番好きだ! マリオ64最速クリア動画 >>