「A HARD DAY'S NIGHT」と「BEATLES FOR SALE」
私にしては遅れたが、今日は今年初めてビートルズを聴きました。
iPodに「A HARD DAY'S NIGHT」「BEATLES FOR SALE」という3枚目と4枚目のアルバムを入れて聴いてたんですが、やっぱビートルズはええのぉ~!

ビートルズ・ファンにとって、皆それぞれの聴き方ってのがあるかも知れんが、私にもちょっとした聴き方があって、この2枚は必ずセットで聴くようにしております。
どっちか一方だけを聴くって事は、ほとんどない。

それはなぜか?

と言うのも、私の中ではこの2枚は2枚組のアルバムとして考えているからだ。
ご存知なように「A HARD DAY'S NIGHT」はオープニングからノリの良い勢い溢れる、まさに”疾走感”というものが前面に出た軽快なアルバムになっている。
かたや「BEATLES FOR SALE」は全体に哀愁味あるしっとりとした、それまでにない”落ち着いたビートルズ”が堪能出来るアルバムだ。
いわば正反対とも言えるこの2枚だが、正反対だからこそ、この2枚の対比が味わえるので、私は2枚組としていつも聴くのだ。
よく2枚組のアルバムでありますもんね。
ディスク1とディスク2を違うスタイルの曲調にする事によって、より対比を出そうとする事って。

しかもこの2枚は通しで聴くと、凄く自然な流れに感じる。
それは「A HARD DAY'S NIGHT」のラスト・ナンバーが「I'll Be Back」であるからなのだが、この曲はそれまでの勢いとは別物の、しっとりとした曲になっている。
つまり「ディスク2は一転して、この曲のように落ち着いた感じで行きますよー!」というメッセージのような役割を果たしてるように思うんだな。
そして、そのメッセージ通りにそれまでのビートルズのオープニングは元気なロック・ナンバーで始まっていたのが、ここでは「No Reply」という今までにない哀愁あるナンバーで始まっている。
「I'll Be Back」が実に良い中継ぎの役目を果たしてるんじゃないでしょうか。
まあ、無理やりな考えだがな…。

でも、例えば2枚組ではないが、クイーン・ファンが「QUEEN II」を聴くとき、A面とB面はセットで聴くと思うんだな。
”BLACK SIDE”であるB面だけ聴くって事はしないと思う。
だってこのアルバムは”WHITE SIDE”であるA面と、”BLACK SIDE”であるB面を通しで聴いてこそ、「QUEEN II」というアルバムそのものが楽しめる訳なんで、どっちか片方だけ聴くって事はファンなら出来ないと思うんだな。
多分やけど…。

だから、私の場合も「A HARD DAY'S NIGHT」「BEATLES FOR SALE」を2枚組として考えているので、必ずセットで聴くのだ。
ええ、もちろんこれは個人的な楽しみ方なんで、強要するつもりはちっともないですけどね。
私はこういう聴き方してますー!っていう、紹介みたいなもんですな。

他の人にはその人なりの”ビートルズの聴き方”ってのがあると思うが、どんな聴き方をしてもビートルズは楽しいもんです。

ビートルズを聴くとはこういう事だ!
[PR]
by sy_rock1009 | 2006-01-17 22:34 | ザ・ビートルズ
<< ギター仙人 ガンズのニュー・アルバム、いよ... >>