ただいま、大阪城ホールから帰って来ました!
今日は大阪城ホールでオアシスのライヴが行われた日。
って事で私も行ってきましたよ。

もし今日が初めてのオアシス体験だったら、あまりの興奮で落ち着いてステージを見れない恐れがあるので、「2…3…5…7…11…13…17…19」と少しでも気持ちを落ち着かせる為、プッチ神父のように”素数”でも数えんとアカンかったかも知れんが、さすがにオアシスのライヴに行くのも今日のを入れて5回目になるんで、だいたいどんな感じのステージだとかは分かってるから、激しく興奮することもなく、落ち着いた感じで楽しめた。

余計なMCもなく淡々と演奏していき、ライヴ時間も1時間半と相変わらず短めだったが、演奏のクオリティはかなり良かったよ。
特に今日はノエルの声の調子が良いのか凄くキレイに通ってたし、リアムも途中から喉に疲労がきたのか、若干かすれチックになってたものの、全体的によかったね。

セットリストも今日のはなかなか渋い曲も混ざってて、私のように何度もオアシスのライヴに行ってる人間でも結構楽しめたと思うかな。

その本日のセットリストはこんな感じです。
一応、東京でのライヴはまだなんで、行こうとしてる人がウッカリ見てしまうとおもんなくなるので、見たい人だけ続きを読んでくだされ。



って事で11月17日のセットリストです。

01. Fuckin' In the Bushes
02. Turn Up The Sun
03. Lyla
04. Bring It On Down
05. Morning Glory
06. Cigarettes & Alcohol
07. The Importance Of Being Idle
08. The Masterplan
09. Songbird
10. A Bell Will Ring
11. Acquiesce
12. Live Forever
13. Mucky Fingers
14. Wonderwall
15. Champagne Supernova
16. Rock N' Roll Star

- Encore -

17. Guess God Thinks I'm Abel
18. The Meaning Of Soul
19. Don't Look Back In Anger
20. My Generation


「The Masterplan」があるところが今回のライヴの最大のポイントですね。
ラストは最近の定番、ザ・フーの「My Generation」なんだが、また昔のようにビートルズの曲もやって欲しい感じがする。

あと、そのザ・フー繋がりで思ったことは、今回のツアーでもドラムを叩いてたのがリンゴの息子、ザック・スターキーやったんやけど、ザックの叩き方がキース・ムーンそっくりな気がして驚いた。
ザックにドラムの手ほどきをしたのが、あの”ムーニー”こと、キース・ムーンが最初だったんだが、その影響が出ているのか、腕の振りがムーニーそっくりで、はっきり言って私は感動した。

このザックのプレイと「The Masterplan」を聴けただけでも、今回のライヴは大きな
収穫があったよ。
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-11-17 23:01 | 洋楽あれこれ
<< メイ・ブリッツの猛攻! あれから25年…。 >>