あれから25年…。
■レノン殺害「どうにも止まらなかった」=犯人が動機詳述

ジョンが5発の銃弾によりこの世を去って今年で25年も経つんだが、この話題だけは
何年経っても辛い。
特に極端な話で言うと、生まれた瞬間からジョンのファンである私には辛すぎるよ…。

しかし実際に事件は起こって、その為にジョンが亡くなったというのは事実なんやから、
辛かろうが何だろうが、こればっかりはしゃーない。
マーク・チャップマンを恨んでも戻ってくるはずもないし。

そのチャップマンが捕まった時に「僕は二人いるんだ。立派な僕と、ひどい性格の僕。ひどい方の僕が引き金を引いたんだ。」と発言したようだが、ひどすぎるやろ!
FBIのマインド・コントロール説とか色々あるけど、せめて痛みを与えんように即死になるよう撃ってほしかった。
いや、もちろん撃たないのが一番良いに決まってるけど…。

だってジョンは最後に「痛む」って言って、午後11時7分に息を引き取ったんだが、あのジョンの最後の言葉が「痛む」ってのはいくら何でもかわいそう。
というか、なんとも言いがたい…。
せめて、あるいはどうせなら痛みのない状態で…ってファンなら思ってしまう。

いや、だから一番良いのは撃たないのに決まってますけど。

まあ、とにかくこの日はジョン・ファンにとって良い日ではないッスわ…。
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-11-17 01:02 | ザ・ビートルズ
<< ただいま、大阪城ホールから帰っ... ジョンの着うた、解禁! >>