アンケート女と初接触!
少し前の話なんやけど、日本橋の通称”オタロード”と呼ばれる通りを歩いてた時、初めてアンケート女に声をかけられた。
どれぐらい前から出没するようになったんかは記憶にないけど、気が付いたらアンケート女部隊がオタロードを中心に活動し始めてるような気がする。
ちなみにアンケート女とは「ファッションに関する簡単なアンケートです!」と言いながら近寄って来る、うっとうしい連中の事である。
言葉通りアンケート内容そのものは簡単なものなんだが、奴らにとってはアンケートの答えなんか重要な事ではない。
一番重要なのは最後の欄にある名前とメールアドレスのところを記入させる事のようだ。
メールアドレス収集活動部隊と言った感じか?
うっかりメールアドレスを書いてしまうと、その後バンバン勧誘メールが来るらしい。
あるいはありもしない請求メールが来るとも聞いた事がある。
どこまでホンマか分からんが、どっちにしてもタチの悪い連中に違いない。
しかし、こんな場所で”ファッションのアンケート”も何もないやろう?
それとも場所が場所なだけにオタクどもがターゲットなんかも?
確かに日頃から女性と接する事が少なそうなオタクどもなら、アンケートとは言え女から声をかけられたら、アホみたいに何も考えずホイホイ書いてしまうかも知れんな。

で、私の話に戻る。
この界隈は中古レコード屋がいくつかあるから昔からよく通っているので、以前からそんなアンケート女の存在には気付いてたが、今まで一度も声をかけられた事はなかった。
という事は「オレはオタクに見られてへんねんや~!」と嬉しく思ってたんだが、ついに声をかけられてしまったのだ。
私は”マニア”ではあるが”オタク”ではないと思っていたので、声をかけられたときは
ちょっとショックやった。
あっ、でも洋楽に負けんぐらいゲームも凄い好きやから、やっぱりオタクか。
まあ、とにかくアンケート女に声をかけられてしまった。

噂で聞いた通り”ファッションに関するアンケート”だったが、その前にやたらと私を褒めてくる。
ファッションに関連付ける為か、最初は私の服装や身に付けてる物を褒めてきた。
「良い時計つけてますねー」とか「うわー、ドクロの指輪!」「このブレスレット、
手錠みたい!」
と見たままの事を言ってるだけで、褒めてるのかどうか分からんけど、
多分褒めてるんやろな?って感じの事を言ってくる。
この時点でかなりおもろなってきたし時間もあったので、さらに褒められる事にした。
せっかくのおもろいチャンスやもんね。

でその後、褒めるトコがなくなったのか、次は私そのものを褒めてくる。
「かっこいいですね~!モテるでしょ!」「綺麗な目して羨ましいですー!」など、ちょっと引くぐらい他にもアホほど褒めて来た。
ここまで言われたら普通はおかしいと思うんやけど、女性との会話に乏しいオタクどもは、こんな事でハートをガッチリ鷲づかみされて、その後のアンケートに何の疑いもなく書いてしまうんやろか?
まあ、そんな感じで一通り褒め攻撃が終わったら、アンケート用紙を差し出してきたわけだが、やっぱり最後に名前とメールアドレスの記入欄があった。
当然、私は書く事を拒否する。
するとアンケート女もしつこく書くように薦めてくる。
「別に怪しくないですよー!」、とか「皆、書いてくれてますよ!」とか言って、なんとか書いてもらおうとするが、”怪しくない”と言ってる時点で死ぬほど怪しい。
もう、私の心の中では笑いが止まらんかった。
それでも拒否すると「そんなに書くの嫌でしたら今度、会いましょう?」と言ってきた。

はぁ?

「話してておもしろかったし、仕事とは関係なしに会いたいなー?と思って…」と、
言葉を続ける。

ありえへん!
ありえへんすぎる!!


意味、分からん!
何で会わんなアカンねん!
それにもし会ったとしても、絶対他にも誰かおって、訳分からん勧誘されるに決まってる。
いくら何でもここまで来たら変と思わんなアカンけど、何の疑いもなく今でもアンケートに書き込んでる連中を見ると、なんとも言えん気持ちになるな。

とにかく、アンケート女には気をつけよう。

そう言や、画廊女ってのもいたと思うが、こっちは最近見かけへんな?
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-08-09 02:16 | なんでも日記
<< 優勝、完全にあきらめました…。 止まらない貧打…。 >>