大物B級バンド!
最近、私はHR/HM系の音楽を良く聴いている。
まあ、メタルはともかくハード・ロックの方はもともと大好きなジャンルなので、こういう事は日常でよくあるのだ。
と、言うことで前回のUFOに続き、今回もハード・ロック・アルバムを紹介です。
ただ、UFOと違いちょっとマニアックだが…。

BUDGIE / NEVER TURN YOUR BACK ON A FRIEND
●バッジー / 友情


b0054129_057582.jpg
Tracks
1.Breadfan
2.Baby Pease Don't Go
3.You Know I'll Always Love You
4.You're The Biggest Thing Since
  Powdered Milk
5.In The Grip of a Tyrefitter's Hand
6.Riding My Nightmare
7.Parents




当たり前の事だが知ってる人は知ってるが、知らない人は絶対知らないであろうバンド、バッジーが3枚目として73年に発表したこのアルバムを今回取り上げます。
ウェールズにおいてバーク・シェリー(vo,b)とレイ・フィリップス(ds)を中心に4人組としてスタートしたバッジー。
メンバーの1人がすぐに脱退して3人組となるわけだが、ブラック・サバス風なバンドを探していたロジャー・ベインのオーディションを受けて見事に合格(ちなみにロジャー・ベインとは初期のサバスのアルバムをプロデュースしたお人である)。
71年にそのロジャー・ベインのプロデュースで、わずか4日間のレコーディングで完成されたアルバムでデビューする。
しかしサバス風のヘヴィーなリフにシンプルな楽曲が上手く絡んだ、デビュー盤としては非常に良い出来と言えるアルバムだった。
72年に同じプロデュースで2枚目のアルバムを発表し、より高い完成度のハード・ロックを展開したバッジー。
そんな彼らが続いてさらにヘヴィーで聴きどころ満載とも言えるアルバムを発表したのが、今回のこの「NEVER TURN YOUR BACK ON A FRIEND」なのだ。

ヒプノシスやキーフ同様、数々のアーティストのジャケットを手掛けたロジャー・ディーン
お得意の構図とも言える(ある種ワンパターンとも言えるが…)素晴らしいアート・ワーク
からなる本作は、先ほどにも書いたがホント聴きどころ満載である。
まず、何と言ってもオープニングの「Breadfan」でしょう。
バッジーの特徴である荒々しいまでのハードなリフ、うねるようなベース、そしてバーク・
シェリーの思わず笑ってしまいそうになる程のクセのあるハイトーン・ヴォイス、それら
すべてが一体となった名曲である。
またこの曲はメタリカがカバーした事でも有名で、彼らが発表した2枚組カバー・アルバム「GARAGE INC.」に収録されている。
ライヴでも演奏するほどメンバーはバッジーが好きなんだろうが、メタリカが取り上げた事により、一部でバッジーが注目されたりもした。
やはり有名どころが取り上げると、影響力が違うなー。
4曲目「You're The Biggest Thing Since Powdered Milk」もバッジーらしい楽曲で、お得意のヘヴィーなリフに、曲後半のノリの良い展開などかなりカッコイイ。
ラスト・ナンバーの「Parents」はバラードだが、徐々に盛り上がっていき、間奏での狂おしいまでのギターが相まって、激しくも切ないバラードである。
他の曲も出来の良いのが揃っており、トリオ・バンドという編成の為かも知れないが、無駄な音は削ぎ落とし、シンプルな曲構成で全体的に非常に聴きやすい。
それでいて金属的に歪まされたヘヴィーなギター・リフを中心に、サウンド面はハードで実にカッコイイ!
まさにブリティッシュ・ハードの隠れた名盤と言えるでしょう。

だからと言って、やはりB級バンドには違いないので、別にお薦めするつもりはないです。
それにバッジーのアルバム自体がややレアなので、聴こうと思ってもすぐに聴けない恐れがある。
「こんなバンドもあるんや~」という程度に思ってくれたら良いんじゃないかと。
それでもどうしても聴いてみたいと思った奇特な人は輸入盤なり、あるいは中古レコードで探すなりして、聴いてみてはどうだろう?
まず、そんな人はいないと思うけど…。

ちなみにバンド名になってるバッジーの意味はセキセイインコだったと思う。
曲はカッコイイのに、名前は激しくダサイ!
だからB級なんかも?
[PR]
by sy_rock1009 | 2005-07-27 01:01 | 洋楽アルバム・70's
<< 遅れたがザ・ティアーズを購入! 前半戦終了ー! >>