フラッシュ「FLASH」
音楽的な意見の違いからイエスを脱退したギタリストのピーター・バンクスが、ソロを1枚発表した後、新たにバンドを結成しました。
それがこのフラッシュというバンドでございます。
って事で今回はフラッシュが72年に発表したデビュー・アルバム「FLASH」なのだ。

●FLASH / FLASH
●フラッシュ / フラッシュ


b0054129_21255218.jpg
Tracks
1.Small Beginnings
2.Morning Haze
3.Children Of The Universe
4.Dreams Of Heaven
5.The Time It Takes







最初の書き出しのまま話をさっさと進めてしまうと、間違いなくピーター・バンクス自らがリーダーとなってこのフラッシュを結成したように思われるのでちょっと言い直しますが、実はピーター・バンクスはスカウトされてバンドに加入した身であったりします。

どうしても元イエスという肩書きがあるのでピーター・バンクスの名前がまず出てしまいますが、実際には…

「ヤッベ!バンド作りたいのにギタリストいねーよ!ヤッベ!」
「じゃあ、ピーター・バンクスあたりでも入れる?」

「ああ、それ良いかも?元イエスの肩書きがありゃ、新バンドの良い宣伝になりそうだしな!」

「よし、そうと決まれば早速呼んでこようゼ!!」

ってな感じのやり取りがあったかどうかまでは分からんが、とにかくピーター・バンクスは最後に加入した次第であります。

ではそのピーター・バンクスを呼び寄せたメンバーはというとレイ・ベネット(b)、コリン・カーター(vo)、マイク・ハウ(ds)という3人で、どうやらレイ・ベネットが中心となってバンド結成に向かっていったようです。
なのでレイ・ベネットがリーダーと言えるかも知れませんね。
まあ、とにかくそんな流れでピーター・バンクスも加入し、フラッシュというバンドはスタートしていく訳ですよ。

ちなみにギタリストをスカウトする際の候補の一人としてクラプトンの名前もあったらしいが、それは幾らなんでも無茶やろ?

まあ、とにかくそんな感じでスタートしたフラッシュのデビュー盤がこの「FLASH」である。
ジャケットはヒプノシスらしさ全開とも言える有名な物なので見たことある人も多いと思うけど、バンド名の”FLASH”には”チラリと見せる”という意味もあるようなので、意外とそのまんまなジャケットだったりしますな。
続く2ndも女性の胸を髪で隠すという同じような路線で有名なジャケットですね。

ではアルバムの中身の方はと言うと、ゲストとしてこちらもイエスを追い出されたトニー・ケイがこのデビュー盤のみに参加している。
なのでサウンド的には初期イエスの延長線上と言えなくもない。
しかし、ギターを中心としたハード・ロックっぽいプログレは、イエスとはちょっと違うんだぞという所を見せているのがこのバンドの特徴かな。
ただ聴く方からすると演奏技術ではどうしてもイエスには劣るし、構成も粗いしで、イエスの劣化バージョンという印象が強く残ってしまうのはちょっと悲しい感じかな。
それでも1,3,4と10分前後の長尺曲3つを中心に、全体的には突っ走りながらも、そこらで見せる緊張と緩和というものがなかなかに面白いですよ。

確かにピーター・バンクスとトニー・ケイを、イエスの後任で入ったスティーヴ・ハウとリック・ウェイクマンと比べたらどうしても見劣りがするけど、それでも逆に未消化なところが魅力になっていると言えなくもないんですよね。

なので個人的には結構好きなアルバムだったりします。
特にお薦めしたいと強くは言えないが、プログレ好きなら一度は聴いてみても良いアルバムだと思いますよ。

という事で「Small Beginnings」でも貼っておきます。

[PR]
by sy_rock1009 | 2010-03-27 22:53 | 洋楽アルバム・70's
<< 悪い冗談やと思ったら…。 グランジ全盛の流れに逆らったメ... >>