オリジナルに最も近づけたセイウチ
お気に入りのビートルズ・ナンバーは?と聞かれた場合、誰しもがその時々によって選ぶ曲も変わってくるとは思うんですよね。

もちろん私もそうでございます。

でも、逆にどんな時期であっても、どんな心境であってもこの曲だけは必ず入るよってな感じの曲もあるかと思います。

私にとってはそれが「I Am The Walrus」なのだ。

この曲とにかく大好きで”私的ベスト・ビートルズ・ナンバー”なるものを作っても必ずベスト10には入るぐらい大好きです。

いや、ベスト5でも良いか?
ってかベスト3……。

ああ、もう1位でも良いかな?

…まあ、とにかくそれほど好きなんですわ。

で、そんな「I Am The Walrus」を好きなミュージシャンも当然多くて、いろんな人達がカバーしてるんですけど、やっぱりどれもオリジナルには遠く及ばない。
それなりに出来が良くて一番有名なのはオアシスのバージョンかも知れんが、それでもやっぱりオリジナルには敵わんよね。

って、まあ当たり前か?
大体ビートルズのカバーって微妙なんばっかりやもんなー。

いかにオリジナルがこれ以上の手を加える必要もないぐらい完成されたものかが分かる気もするけど、それでも良いカバーもあるにはあるんですよね。

その筆頭がアフィニティー「I Am The Walrus」だと個人的に思う。
このアフィニティー・バージョンの「I Am The Walrus」が唯一、オリジナルのかっこよさに近づいたと思うんですけどねー。

まあ、アフィニティーが大好きやし、何よりもリンダが大好きってのもあるとは思うけど、このバージョンの「I Am The Walrus」はかなり良いと思う。
まさにベスト・カバー。

って事で聴いてみて下さい。



そしてオリジナルも。
ジョンのイッっちゃた目が最高だぜ!
いや、曲が一番最高なんは当然だがね!


[PR]
by sy_rock1009 | 2010-02-09 22:58 | ザ・ビートルズ
<< アビイ・ロード・スタジオ売却 Twitter、始めました。 >>