66回目のおめでとう!
実を言うとビートルズを本格的に聴きはじめた頃の私は、ジョンとジョージの声の区別がついていませんでした。

もうちょっと正確に言うと、初期のジョージの声が私的にジョンの声と似てるように聴こえてたので、ジョージという人は初期のビートルズではメイン・ヴォーカルをする事なく、寡黙にギターだけを担当する人ってな感じに思っていました。
アルバムで言うと3枚目の「A HARD DAY'S NIGHT」あたりまでね。

なので、「Chains」「Don't Bother Me」「Roll Over Beethoven」「Devil In Her Heart」「I'm Happy Just To Dance With You」も、ジョンがメイン・ヴォーカルをしていると思ってたんですよねー。

いくら幼稚園に入りたてのガキんちょの頃やったとは言え、今から思えばクソ恥ずかしい勘違いである。

だけどホントにあの頃は分からんかったのも事実。
なんかジョンとは違うような気もしながら聴いてたけども、まあ、録音の状態でそう聴こえるだけやろうと勝手に思い込んでたよ。

でも、同じように初期のジョージの声がジョンに似てるなーと思ってた人も結構多いんじゃないでしょうか?
ここまで激しく勘違いをしてる人は少ないと思うけど…。

まあ、とにかく私がガキんちょの頃にそう思ってたジョージの今日は66回目となる誕生日であります。
訳の分からん長い前置きで書くのが遅くなりましたが、ジョージ、誕生日おめでとう!

心の底からお祝い申し上げます!

そんでこれを書きながら改めて「Devil In Her Heart」を聴いてみたけど、全然ジョンの声と似てないし…。
ホンマ、なんであんな思い違いをしとったんやろなーと思いつつ、最後にその「Devil In Her Heart」を貼って、いつも恒例である”誕生日おめでとう記事”を締めくくりたいと思います。

しかし、この曲好きやわ。
オリジナルのドネイズがどんなのか詳しく知らんが、良いカバー曲ですな。
完全にオリジナルを超えてるよ。

[PR]
by sy_rock1009 | 2009-02-24 21:21 | ザ・ビートルズ
<< U2「NO LINE ON T... 祝・再結成ということで… >>