ジンクスを打ち破る?
ジ・アンサーの2ndアルバムが、あの1stに負けず劣らずカッコイイ件について。

b0054129_2325371.jpgという事で、最近はジ・アンサーの2年半ぶりとなるアルバム「EVERYDAY DEMONS」ばっかり聴いてます。

野球じゃ”2年目のジンクス”ってな感じの言葉があるけども、ロックにもそれに良く似たので”2枚目のジンクス”なる言葉を聞く時がありますね。

まあ、実際に1枚目はめっちゃカッコイイのに2枚目以降は尻すぼみで、結局は一発屋で終了…というのもありますけど、逆にそんなジンクスを打ち破ったバンドが沢山いるのも事実。

そして、このジ・アンサーも見事にそのジンクスを「EVERYDAY DEMONS」で打ち破ったんじゃないでしょうか?

そう思わせるぐらい、素直にカッコイイですよ!

1stと同様に昔ながらのブリティッシュ・ハード・ロックのテイストを、4分前後からなるコンパクトな楽曲にしてアルバムを構成したという作りは相変わらずやけど、なかなかどれもまとまった感じで良いですよ。
悪く言えば小さくまとまってるとか、1stほどの疾走感が若干弱くなってるとも言えなくもないけど、それでもやっぱりカッコイイです。

懐古ハード・ロック好きにはたまらん感じになってるよね、今回も。

って事で1stが気に入ってまだ2ndは聴いてないって人は聴いてみましょう。
もちろんそれ以外のブリティッシュ・ハード好きにはもってこいのアルバムだと思うので、よかったらどうぞ!

これは3曲目の「On And On」であります。

[PR]
by sy_rock1009 | 2009-02-02 23:55 | 洋楽あれこれ
<< 村の生活日記(その3) ヴァーティゴを代表するオルガン... >>